場面に応じてキャラを使い分けることは結果的にはアイデンティティの崩壊に陥る。

公開日: : 社会, 若者

平野啓一郎が肯定的に勧める「分人」。

 

電通の若者研究会なんかでも現代の若者は平均7つのキャラクターを使い分けているとも言ってます。

 

「分人」っていうのはミクシーやツイッター的な考え方だと思います。

 

アカウントやキャラクターを場面や人に応じて分けるというやり方ですね。

 

会社での顔、学校のクラスの顔、習い事での顔、サークルでの顔、バイト先での顔、ネット上での顔、趣味縁の時の顔、親や兄弟の時の顔など。

 

ミクシーやツイッターの流行でもわかるように、2000年代からずっとその「分人」化の流れが続いていました。

 

しかし10年代前半からSNS疲れ、ミクシー疲れ、キャラクターを分けることでの人間関係疲れが顕著に現れるようになってきました。

 

そこにアメリカからフェイスブックがやってきたこともあり、キャラクターを分けるのではなく一つのキャラクターに統合しようという動きも生まれました。

 

アメリカ的な一つのキャラクター、一つのアイデンティティでマッチョに行こうぜ!!というマッチョイズムですね。

 

俺も根本的には分人化ではなく、アメリカ的な強い個人で行くしかないと思います。

 

つまり分人化というのは一種の逃げであり弱い個人なんですね。

 

電通若者研究会の人や社会学者の人たちは分人化している若者を「リア充」と捉えてますが、俺は全く逆だと思います。

 

会社の顔、クラスの顔、サークルの顔、彼氏と会ってる顔、友達と会ってる顔が違うということは、一貫したアイデンティティがないということなので早晩自分のアイデンティティがどれなのかわからなくなるアイデンティティの崩壊に陥ると思います。

 

分人化、場面に応じてキャラクターを分けるということは一見器用に見えて、ものすごいストレスをため込む不器用な生き方だと思います。




関連記事

緊急事態宣言の延長で経済損失が1兆円、失業者が7万人増加。

緊急事態宣言の延長で経済損失が1兆円、失業者が7万人増加とヤフーニュースで報じられていました。

記事を読む

ツイッターのご意見番でバーニング系テンカラットのモデル「ふわたん」が看護師で結婚した女の子の風俗歴、整形歴などを暴露して1年以上に渡り執着して攻撃。脅し、脅迫行為も行う。

ツイッターのご意見番でバーニング系テンカラットのモデル「ふわたん」が看護師で結婚した女の子の風俗歴、

記事を読む

no image

STAP細胞の小保方さんとWINNYの金子勇さんはイルミナティに潰されたか。WINNY開発者金子勇さんはCIAに殺された。

STAP細胞の小保方晴子さんとWINNYの開発者で東大助手の金子勇(かねこいさむ)さんはイルミナティ

記事を読む

no image

中村淳彦さん強要問題について的外れすぎますよ。知らないなら黙っといた方がいいです。

AVANが60人なことの批判ツイートがたくさん。業界を代表する団体ではないので仕方ない。いち元女

記事を読む

ミスター東大の東大生風俗、AVスカウト稲井大輝が強姦で逮捕!

ミスター東大の東大生風俗スカウトマン稲井大輝が強姦で逮捕されました。 http://news.

記事を読む

no image

労基法

  "労働基準法の説明会で、一人の社長が「うちはまだ労働基準法を取り入れてい

記事を読む

no image

大資本家のイメージ

俺が思う大資本家のイメージ=キャバクラで寝てるおっさん。

記事を読む

no image

リクルート.COMという求人サイトを立ち上げたとして怒羅権を逮捕。

リクルート.COMという求人サイトを立ち上げたとして商号不正使用容疑で怒羅権のメンバーが逮捕されまし

記事を読む

no image

学生に労働法の教育をしようというのは無意味。

最近高校生、大学生の若者世代に労働法(ワークルール)の教育をしようという動きがあります。 &n

記事を読む

no image

神奈川県相模原市南区のマンションに侵入し強姦したあと5万円下ろさせて奪う事件が発生。

神奈川県相模原市南区のマンションに侵入し強姦したあと5万円を下ろさせて奪う事件が発生しました。

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ