絆会(任侠山口組)が解散へ。

公開日: : 最終更新日:2020/07/11 ヤクザ・マフィア, ヤンキー・半グレ

絆会(任侠山口組)が解散することになったとヤフーニュース、ラジオ関西が報じています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/824e3b8c445cdd4170d91e6c8c8315c973f2da9d

 

特定抗争指定暴力団・六代目山口組や神戸山口組を源流とし、尼崎市を拠点とする指定暴力団「絆會」が近く解散する方向で検討していることが捜査関係者への取材でわかった。

 

「絆會」は六代目山口組から分裂した神戸山口組の一部が離脱して2017年の4月に結成され、当初は「任俠団体山口組」と名乗り、その後「任侠山口組」に改称された。

 

さらに抗争の激化で特定抗争指定暴力団となった六代目山口組と神戸山口組の「2つの山口組」と距離を置く目的で2020年に「絆會」へ再改称されている。  

 

警察庁によると、絆會の勢力は12都道府県に約300人(2019年末現在)。捜査関係者によると、結成時の目標に掲げた山口組の再統合が現状では困難と判断し、組員の移籍や離脱に歯止めがきかず、2018年末に比べ約100人減少したという。  

 

絆會をめぐっては、尼崎市の本部事務所の使用を禁じた仮処分決定に従っていないとして「公益財団法人・暴力団追放兵庫県民センター」が2020年4月、周辺の住民に代わって絆會に対し、1日あたり100万円の制裁金を支払わせる「間接強制」を神戸地裁に申し立てた。

 

 

絆会が解散しても長野の竹内組、尼崎の古川組は独立組織としてヤクザを続けるそうです。

 

竹内組は同じ長野県諏訪市の国粋会の傘下入りで6代目山口組と交渉中だそうです。

 

長野県松本市、上田市を拠点とする竹内組と諏訪市の国粋会は近い距離にあります。

 

織田組長はヤクザを辞めて焼肉屋さんを始めるそうです。

 

織田組長は最高ランクの肉の仕入れルートもすでに確保しているそうです。




関連記事

no image

瓜田純士さんが前田日明さんのモノマネをする。

瓜田純士さんが前田日明さんのモノマネをしていました。   めちゃくちゃ似てまし

記事を読む

no image

神戸山口組山健組與組誠心会舎弟頭の田中浩孝被告ら3人が覚醒剤100キロを密輸したとして懲役17年、罰金600万円の判決。

福岡地裁は20日、鹿児島県の徳之島沖で覚せい剤およそ100キロが密輸された事件の裁判員裁判で、神戸山

記事を読む

no image

高級自動車約400台を盗んだなどとして起訴されていた山口組四次団体幹部の世古光被告に懲役4年、元山口組組員で建築業の篠木勉被告に懲役4年6カ月の実刑判決(産経新聞)

高級自動車約400台を盗んだなどとして起訴されていた山口組四次団体幹部の世古光被告に津地裁は懲役4年

記事を読む

no image

名古屋市西区の岩瀬尚仁が昭和区の男性から200万円を脅し取ったとして逮捕。

「暴力団に金を払わないと殺される」などと偽り知人から現金を脅し取ったとして、愛知県警昭和署は2日、名

記事を読む

no image

山口組誠友会副本部長の高橋義之ら6人が営利目的で大麻を栽培していたとして逮捕。

北海道警は20日までに、営利目的で大麻を栽培したり、所持したりしたとして山口組誠友会副本部長の高橋義

記事を読む

no image

山口組組員の西川邦広が生活保護費を1023万円不正に受給したとして逮捕(暴力団ニュース)

警視庁は、暴力団組員であることを隠して生活保護費を不正受給したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口

記事を読む

no image

三ノ輪ミナゴロシのノブが関東連合の西山さんに絞められる。

三ノ輪ミナゴロシのリーダーだったノブが関東連合の西山さんに絞められていました。  

記事を読む

no image

チーマー時代の矢田亜希子さん。

矢田亜希子さんが尖っていた頃の写真をインスタにあげていました。   16歳の頃

記事を読む

no image

元刑事の小川泰平さんが関東連合の西山友紀さんにルフィ事件について聞く。

元刑事の小川泰平さんが関東連合の西山友紀さんにルフィ事件について聞いていました。  

記事を読む

ガッツチャンネルの中島蓮さんは元工藤会幹部。

ガッツチャンネルの中島蓮さんは元工藤会幹部でした。   中島蓮は山口県下関市出

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ