駒崎弘樹の子宮頸がんワクチンの副作用が進行。今度は眼瞼下垂が深刻化。

公開日: : 最終更新日:2019/12/18 駒崎弘樹NPO法人フローレンス

駒崎弘樹の子宮頸がんワクチンの副作用がどんどん進行しています。

 

意識不明でぶっ倒れて、その後チック症状が出ていました。

https://fukusisakushu.blog.fc2.com/blog-entry-24.html

 

そして最近は眼瞼下垂が深刻化しているようです。

 

 

意識不明で失神、チック症状、眼瞼下垂が深刻化などこれらすべて子宮頸がんワクチンの副作用と全く同じものです。

 

 

ガーダシル副反応 頻度不明:無力症(上まぶたの下垂)、無力症、疲れ、気を失う。

 

 

子宮けい癌ワクチン(サーバリックス)の副反応報告状況

 

 

駒崎弘樹は至急に子宮頸がんワクチンの副作用の原告団に加わり政府、製薬会社を訴訟した方がいいですよ本当に。

 

駒崎弘樹のお得意の訴訟を使う時は今でしょう!




関連記事

認定NPO法人フローレンスと細木数子事務所が提携して母子シェルターを運営。新たな子供の人身売買の拠点か。

認定NPO法人フローレンスと細木数子事務所が提携して母子シェルターを運営しています。 http

記事を読む

CIA、イルミナティの傘下工作員の認定NPO法人フローレンス代表の駒崎弘樹は逮捕または殺される可能性が高い。

CIA、イルミナティの傘下工作員の認定NPO法人フローレンス代表の駒崎弘樹は逮捕または殺される可能性

記事を読む

no image

木村草太が駒崎弘樹、藤田孝典と同じレベルに酷い。

      &nbs

記事を読む

no image

認定NPO法人フローレンス駒崎弘樹の盟友の認定NPO法人ピースワンコが摘発!

週刊新潮に認定NPO法人フローレンス代表の駒崎弘樹の盟友のピースワンコ(認定NPO法人ピースウインズ

記事を読む

no image

日本の国防費5兆円、男女共同参画費8兆円という日本の黒い闇。

      内閣府の男女共同

記事を読む

維新の会の足立議員に先に喧嘩をふっかけておいて、バカと言われたら名誉棄損だ!と言い裁判を起こそうとするフローレンス代表駒崎弘樹。駒崎弘樹の心の狭さ、人間性の低さに呆れました。

維新の会の足立議員に先に喧嘩をふっかけておいて、バカと言われたら名誉棄損だ!と言い裁判で訴えようとし

記事を読む

no image

駒崎弘樹さん「子供政策が目指すものは創価的なビジョン」

駒崎弘樹さんが子供政策が目指すものを聞かれて、「子供政策が目指すものは創価的なビジョン」と語っていま

記事を読む

no image

自民党の長島昭久議員はイルミナティの工作員。駒崎弘樹さんを神のように崇めている。

自民党の長島昭久議員はイルミナティの工作員ですね。    

記事を読む

no image

駒崎弘樹さんの書く記事のサムネイル画像に悪意がある。

駒崎弘樹さんが自身が出演したアベマテレビの番組について記事を書いていたんですが、そのときのサムネイル

記事を読む

no image

エール大学の研究者の成田悠輔さんがフローレンスの駒崎弘樹さんとカタリバの今村久美さんを利権をむさぼるNPO集団と暴露。

エール大学の研究者の成田悠輔さんがフローレンスの駒崎弘樹さんとカタリバの今村久美さんを利権をむさぼる

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ