千葉市の職員が書類放置で20人の生活保護費70万円が未払い!(千葉日報)

公開日: : 千葉, 政治, 社会, 福祉, 貧困

千葉市中央区保健福祉センターで2017年12月~今年3月の間、区内在住の男女約20人に対し、生活保護の一時扶助費計約70万円の未払いがあったことが13日、同センターへの取材で分かった。

 

担当職員が申請書を机の中に放置し、手続きをしていなかったのが要因。

 

1人あたりの未払い額は最大二十数万円。

 

市は、該当する受給者に謝罪するとともに、支給手続きを進めている。

 

同センター社会援護第二課によると、生活保護には月額支給分とは別に、臨時的に必要になった経費を支給する一時扶助がある。

 

同課の40代男性職員が、受給者から提出された通院タクシー代や紙おむつ代の一時扶助申請書と領収書の一部を机の中に放置していた。

 

今年9月、男性職員の別の業務に遅れがあったため、上司が他の職員に仕事を割り振ったところ、ファイルの中から未処理の書類が見つかり発覚。

 

同課の聴き取りに対し男性職員は「当初は通常通り処理していたが、次第に余裕がなくなってしまった」などと弁明した。

 

同課では職員1人あたり100世帯前後の受給者を担当しているという。

 

同課は「組織的な管理が行き届いていなかった」と釈明。再発防止策として10月から、未処理の書類がないか机の中を確認したり、共有棚で書類を管理したりしている。

 

同課では今年1月、生活保護費を着服したとして、20代の男性職員が懲戒免職処分を受けている。

 

(千葉日報)

 

これが酷すぎますね!!

 

ありえないです!!

 

最後のセーフティーネットであるはずのお金が職員の怠慢でもらえないなんてあってはならないことです。

 

この職員は業務に向いてないと思いますね。

 

即刻クビにするべきですね。




関連記事

バルビゾングループはCIAの直属機関。

コムサデモード創業者の伊藤良三さんの息子の伊藤博重さんと弟の伊藤健志さんですね。  

記事を読む

不自然なまでに子宮頸がんワクチンをゴリ押しする駒崎弘樹氏。

駒崎弘樹が今度は子宮頸がんワクチンの副作用を取り上げた朝日新聞にキレてる。  

記事を読む

no image

ドワンゴのニコニコ動画が高齢化。有料会員は年間28万人減。

ドワンゴの運営するニコニコ動画が高齢化。有料会員は年間28万人減。 http://www.it

記事を読む

no image

化粧品のお試しが実は定期購入になっていたとして京都の消費者団体が渋谷区恵比寿の化粧品会社CRAVEを提訴(京都新聞)

定期購入が前提にもかかわらず「お試し」を装った広告で消費者を誤認させているとして、適格消費者団体のN

記事を読む

no image

発達障害と精神障害、言語障害の人の治療に効果的なのは筋トレと柔軟とボクシングとダンス。

発達障害や精神障害の人の治療に効果的なのは筋トレと柔軟と運動、特にボクシングとダンスです。 &

記事を読む

no image

生活保護に関しての相談先一覧。生活保護申請にはNPOや政治家、弁護士に同行してもらいましょう!

生活保護のことで相談したい場合は、こちらへどうぞ(各地の相談先一覧)https://t.co/Y

記事を読む

no image

日本会議は生長の家ではないです。

日本会議は生長の家だという人がいますがそれは間違いです。   日本会議と生長の

記事を読む

no image

山口組の6代目の司組長が山口組が部落の人や在日の人、貧しいものの受け皿になっているって産経新聞で語ってたけど、確かにそれはあると思う。

山口組の6代目の司組長が山口組が部落の人や在日の人、貧しいものの受け皿になっているって産経新聞で語っ

記事を読む

no image

東京に好んで住んでいる関西人は35パーセントしかいない。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングによると東京で働く25歳~40歳の関西人の65パーが関西に帰りた

記事を読む

no image

五反田のシティクリニックに要注意!!

五反田にあるシティクリニックには要注意です!!   グーグルの口コミが1、8と

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ