地域の絆を強めようとか、地域での相互監視を強めようみたいな意見が出始めてるけど断固反対

公開日: : 最終更新日:2017/05/06 地方, 大阪, 政治, 教育, 東京, 横浜, 社会, 神奈川, 経済, 若者

日本を良くするために地域の絆を強めようとか、地域での相互監視を強めようみたいな意見が出始めてるけど断固反対!

 

それって多様性の尊重や、寛容な社会にしようということとは真逆なことだと思う。

 

地域の絆を強めようみたいなのも、今日本が監視社会化だったり、常にエビデンスを欲求される厳格化社会だったり、「てきとう」や「いいかげん」を許さない世の中になってきたりしていることをより強めることにしかならないと思う。

 

「いじめ」や「非行」「不登校」「子どもの貧困」など日本が抱える問題は日本社会の「閉鎖性」や「不寛容さ」、「排除の論理」があるから起きているということ。

 

だから地域の絆を強めよるとひどくなることはあっても良くなることにはならない。

 

「いじめ」や「不登校」「子どもの貧困」などの教育問題や犯罪などの社会問題を解決するには、個人のマンパワーに頼ったり、地域に頼ったりしてもダメ。

 

だから最近政府が子どもの貧困やいじめ対策に導入しているスクールソーシャルワーカーやスクールカウンセラーなんて全くの無意味。

 

低所得者向けの無料塾や子ども食堂なんかもほとんど意味がない。

 

日本が抱える日本社会の「閉鎖性」や「不寛容さ」、「排除の論理」が根幹の問題としてある。

 

そこを抜本的に改革しないと週1回来て良くて教師と世間話をして帰るスクールソーシャルワーカーやスクールカウンセラーに何の効果もない。

 

悪いと学校側から口だけ出して迷惑な存在と煙たがられていることも多い。

 

無料塾もそこに行くのは低所得者の中でも限られた子どもたちで、しかも勉強ができるできないはそもそも大した問題ではない。

 

大事なのは勉強よりも職業訓練。

 

下手に勉強ができても奨学金を取得して大学へ進学する方が破産リスクが上がってしまう。

 

いまは大学を出れば仕事があるという時代ではない。

 

「システム」そのもの、「アーキテクチャ」そのものを変えないるような例えばクラス制度の撤廃やベーシックインカムの導入、学校への警察権力の介入など抜本的な改革がないと小手先のいまやっているようなことだと無意味だと思います。




関連記事

認定NPO法人フローレンス駒崎弘樹被告、憲法学者の木村草太被告、NPO法人シングルマザーズフォーラム理事長の赤石千衣子被告、武蔵大学社会学部教授の千田有紀被告が財務省官僚のAさんに集団人格攻撃を行い訴えられる。

認定NPO法人フローレンス駒崎弘樹被告、憲法学者の木村草太被告、NPO法人シングルマザーズフォーラム

記事を読む

no image

NHKのダークサイドミステリーを見て陰謀説はウソだね!ケネディ暗殺はオズワルド単独犯だね!と言ってる人に知っておいてほしいこと。

NHKのダークサイドミステリーを見てケネディ暗殺はオズワルド単独犯だね!とか言ってる人は、戦後NHK

記事を読む

no image

AV強要は児童養護施設を退所したあとの女の子も多数被害。弱い立場の女性が狙われています。

AV強要は児童養護施設を出たあとの女の子も多数被害にあっています。   これ

記事を読む

no image

近畿日本ツーリストがコロナワクチン事業で掛川市に2200万円の過大請求(静岡放送)

静岡県掛川市が、新型コロナウイルスワクチン接種に関するコールセンター業務などを委託していた業者から、

記事を読む

no image

ものすごい腹が立つラインがうちのNGOに届きました。

ものすごい腹が立つラインがうちのNGOに届きました。   どういうものかという

記事を読む

首都圏に低所得のドーナッツ。衰える郊外の街。

首都圏に低所得のドーナッツ。衰える郊外の街。 https://www.nikkei.com/a

記事を読む

雅子さまは英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、スペイン語など6か国語を流暢に話せる。

雅子さまは英語、フランス語、ロシア語、ドイツ語、スペイン語など6か国語を流暢に話せるそうです。

記事を読む

タピオカブームの後に必ず大暴落、大恐慌が来るというジンクスがあった!

タピオカブームのあとに必ず大暴落、大恐慌が来るというジンクスがありました!  

記事を読む

no image

投資用不動産の紹介などを行う「SY Line」の吉沢孝典代表が9100万円を脱税したとして逮捕(日本テレビ)

不動産の紹介などを行う会社とその代表が、脱税の疑いで刑事告発されました。  

記事を読む

学童の職員=タダ働きが全国で加速している。

  会津若松の新聞販売店が無料学童を始めて、それを全国に拡大するという記事が

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です




  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ