キャバクラに来るとなぜ土方の人や現場系の人、ヤンキー系の人の人が女性にめっちゃモテるのかがよくわかる

キャバクラに来るとなぜ土方の人や現場系の人、ヤンキー系の人が女性にめっちゃモテるのかがよくわかります。

 

まずめちゃくちゃ面白い!!

 

面白すぎて毎回キャバ嬢達を爆笑の渦に巻き込んでます。

 

それも来る輩系の人、輩系の人毎回女の子を爆笑させています。

 

俺も何度爆笑するのをこらえたかわからないです(笑)

 

あと細かいことにはこだわらないよね。

 

女々しい人が少ないっていうのがあると思う。

 

そのあと一般のサラリーマンとか大学生とか証券会社とかメーカーとか医者とか弁護士とか来てても、おもんない話をしてるよねw

 

あとところどころに自慢が入ってきたりね。

 

ねちっこい変態トークしたりね。 かと思えば今のキモかった?とか気にしだしたり。

 

女々しい。

 

ナンパ師とかがよく勘違いしてオラオラ系とかヤンキー系がモテるとか勘違いして髪型とか恰好とかをオラオラ系にしたり、筋肉付けたりしてるけどぜんぜん違いますね。

 

いわゆる現場系の人、土方の人たちがモテるのは内面的な部分です。

 

トークがとてつもなく面白かったり男らしかったり。

 

正直女の子が土方の人やヤンキーなんかのいわゆるDQNに惚れるのはわかりますね。

 

話してて圧倒的に面白いし楽しいわけです。

 

地方行っても、地方の綺麗な子はみんな土方の人やヤンキーと付き合ってる。

 

正に昨日も書いたけど人間性の部分や中身の部分ですね。

 

だからナンパ師は清楚系の大学生とか、清楚OL、普通のギャルとかしか落とせない。

 

遊びなれたヤンキーギャルなどは落とせない。

 

なぜかというと、結局そのハイレベルなヤンキーギャルの周りにはトークもハイレベルだし男らしさもハイレベルなわけですね。

 

ナンパ師が落とすと即や準即いうのは一時的なもの。

 

対して土方の人やヤンキー系の人たちは長期的な関係を築いている。

 

つまり長期に飽きさせることないくらいの魅力があるわけですね。

 

瞬間的なナンパの技だけでは、長期的な関係を築くことはできないですよ。

 

だからいくらナンパの技術ばかりを磨いても、彼女たちを真の意味で落とすことはできない。

 

なぜなら長期的な関係を築くには、内面的な魅力が必須になってくるから。

 

そこがさっき言った土方の人、ヤンキーの人にはあるということですね。




関連記事

no image

大阪の高級住宅街は東京一所得低い足立区よりも平均所得が低い。。

会社に大阪の枚方のやつと、平野のやつが入ってきて、だいわさん大阪の何処ですか?って聞かれて「阿倍野や

記事を読む

no image

大卒者が大卒の狭い視野でかわいそうだとか、貧しいからだとか言うのは彼らに失礼極まりない!! 大卒の半数が非正規の時代の現代、大学に行くより職人として働いた方が立派だし良い

誰かのことは永遠にわからない(けれども諦めたらそこで試合終了だよ) - 腐ハウスブログ htt

記事を読む

no image

恵比寿や麻布、南青山のやけに豪華なネイルサロンはだいたい不良のオーナーがブラックマネーを洗浄するためにやってるところ。

もっと言えばネイルサロンもヤクザのシノギになってるけどね。。   オレオレ詐欺

記事を読む

no image

子どもの貧困の原因はお母さんの貧困。お母さんを唯一支援しているのが俺のNPOです。

子どもの貧困って原因はそのお母さんにあるわけですよ。   子ども食堂やフード

記事を読む

no image

風俗業界もキャバクラ業界もその業界内にいる者しか語れない。外部の者が語るのは当事者にとって失礼。

風俗業界とかキャバクラ業界もだけど、業界外部の人が語ってもダメだと思う!  

記事を読む

no image

赤坂のビゼルミナス閉店したんだね。やっぱり赤坂はダメですよ!

オスカーの赤坂のビゼルミナス10月11日をもって閉店したんだね。   やっぱ

記事を読む

no image

町田がなぜ未成年売春のメッカなのか?相模、多摩、西東京は未成年売春のメッカ。

女子高校生が下着見せて「チラっしゃいませ」 ガールズバー摘発 #ldnews http://news

記事を読む

no image

1つの街で独占市場化するとやはりよくないと思いますね。

横浜のプリンスはどちらかというと歌舞伎町に近い。   歌舞伎町的なギスギスとし

記事を読む

no image

有効求人倍率の過去最高、人手不足は真っ赤なウソ!実態は求人詐欺の増加。

有効求人倍率1、52倍の実態。 https://www.nikkan-gendai.com/a

記事を読む

no image

ヤクザの組の雰囲気とその土地のシマの雰囲気は近いものがある。

ヤクザも組による雰囲気ってあるような気がします。   だいたいそれってその土地

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数