国家権力の恐ろしさ・日本の警察、検察、司法システムは腐っている。

公開日: : 政治, 社会

「48年間拘束されると人間はどうなるのか。巌の姿から感じてほしい」 室内を黙々と歩き続ける 袴田さんの生活、姉が公開 – 朝日新聞デジタル http://t.asahi.com/faga

 

本当に国家権力(警察や検察、司法など)は恐いと思いますよ。

 

無実の人を地獄のような塀の中に48年間も閉じ込めておくんだから。

 

もし自分だったらと思うと慄然としますね。

 

48年間とは言わずとも痴漢冤罪のようなケースは多々おきています。

 

まず日本の司法制度は、警察並びに検察のほぼ言いなりのようなシステムになっています。

 

起訴された後の有罪率が99、9パーなんて普通に考えたらありえません。

 

起訴したら証拠を改ざんしようが何をしようが是が非でも有罪に持っていきます。

 

それが日本です。

 

残念ながら、裁判官は、検察官の請求を認め、ろくでなし子さんを10日間勾留することを認めました。

 

この拘留に関しても、こいつは99パーセント白だなってくらい警察の逮捕がめちゃくちゃな場合でないと10日の拘留はつきます。

 

痴漢冤罪だろうが本当は盗んでいない窃盗だろうが、10日の拘留はつくのです。

 

本当は逃亡の恐れないときや証拠隠滅の恐れないときは拘留つかないはずですが、裁判官の数が圧倒的に足りてないので現実は警察、検察の言う通りよほど無理な案件でない限り拘留は通ってしまうのです。

 

日本の司法制度は本当終わってます。

 

あと前にも書きましたが、地検での取り調べや裁判所での待ち時間が固い椅子に手錠掛けられたまま10時間以上にも及ぶのは明らかにお役所仕事だからだし、検事や裁判官の数が足りてないからです。

 

また待遇もひどいものがあります。

 

弁護士の先生も言っていますが、日本の9割の人は被疑者になることはありません。

 

なので警察や検察、裁判所、司法制度がいかに問題大有りかということがわかってません。

 

自分が被疑者になってみて初めて日本の司法制度がクソだということに気づくのです。

 

日本の司法、警察はそれはあまりにもひどすぎないか!?ということがめちゃくちゃあるし、それがそのまま放置されています。

 

数多くの冤罪が生まれてしまうシステムが日本なのです。

 

これはどう考えてもおかしいでしょ!!と思うのが、容疑をかけられて本当にやってなくて否認していると、留置所や拘置所から出られないということです。

 

だから痴漢冤罪で本当にやってない人も、やってない!と言い続けると何ヶ月たっても出られないので、本当はやってなくて悔しい思いをしながら、加害者とされる女性と何百万かの金を渡し被害届けを取り下げてもらうようお願いしないといけないのです。

 

自分にかけられている容疑を認めないと逃亡の恐れや証拠隠滅の恐れがなかったとしても保釈が絶対通らないし、起訴拘留とかいうわけわからない拘留をつけられて何ヶ月も塀の中にぶち込まれるのです。

 

しかもこれはやったかやってないかわからない段階でです。

 

もう意味不明のクソゲーです!!

 

だからみんな容疑を認めるし、起訴されて裁判が始まった段階で一転して否認に転じるのです。

 

今の日本はこうしないと塀の中にぶち込まれたままになってしまうから認めざるをえないのです。

 

しかし、一度認めてしまってると裁判官の印象は悪いので結局は警察、検察の思うままになるわけです。

 

たまにそこらの弁護士がいや日本の司法は素晴らしい、そんなことはないとか言うやつもいますが、本当にそうなら一度被疑者として捕まってみるといいと思います。

 

どれだけ日本の司法がダメかがわかると思いますよ。

 

日本は疑わしきは罰しろ!なのです。

 

疑われたらもう終わりなのです。

関連記事

no image

音楽、ダンスは90年代、00年代の細分化から10年代は70年代的なマスの時代に。

あと昨日のLIFE聴いてても思ったんだけど、音楽も60年代的というか細分化された時代からマスの時代へ

記事を読む

no image

元ホストや元ヤクザを教師にすれば日本の教育は劇的に良くなります。

これは真面目に提言したいんだけど、元ホストとか元キャバクラの黒服、元ヤクザとか元暴走族とかは教師にな

記事を読む

no image

少年法は今すぐにでも改正した方がいいと思う。少年犯罪は確実に凶悪化していると思う。

少年犯罪が増加も凶悪化もしていないということをよく専門家とかが言うけど本当にそうなのかな?っていうの

記事を読む

ガールズバーってイメージ的には楽そうだけど実は大変。

ガールズバーってなんか楽そうってイメージあるのかわからないけど、やりたいって子多いんですよね

記事を読む

no image

国が放棄した所得の再分配を行ってるのがヤクザ、キャバ嬢、風俗嬢。富裕層から取れるだけ取りましょう

今日の朝日新聞で1月1日から施行される相続税法改正について書いてあったけど、今の日本の相続税の低さに

記事を読む

no image

関東と関西の女の子のファッションあれこれ

おでこ出してる茶髪のストレートの女の子がかわいい!!   それに黒のレザージ

記事を読む

「戻りたいけど戻れない、帰りたいけど帰れない東京」誰でもどんな人でも受け入れる大都会東京。

東京好きですか???って聞かれて東京めっちゃ好きです!と言える人はあんまりいないのでは。好きじゃなく

記事を読む

no image

仁藤夢乃さんは得意気に日経ビジネスでも語ってましたが、現場の女子高生たちは仁藤さんのことかなり嫌ってます!仁藤さんのシェルターは何の救いにもならない。

結局外部支援のNPOや学者たちがわかってないのは、セックスワーカーなど当事者を無視してることなんだよ

記事を読む

no image

フローレンスの駒崎さんが批判されてるのは、当事者を傷つけておいて何も悪いとも思わず謝罪もないその人間性がクソだってこと

駒崎さんは異論が受け入れられないタイプというか、この自分が世の中を正しい方向に導いてあげる、とい

記事を読む

no image

天王寺で地元の友だちと飲み。最近は東京よりも地方が熱い気がします!

昨日は地元天王寺で地元の同級生と飲みました。   1軒目は、駅前に新しく出来て

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」
    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数