国家権力の恐ろしさ・日本の警察、検察、司法システムは腐っている。

公開日: : 政治, 社会

「48年間拘束されると人間はどうなるのか。巌の姿から感じてほしい」 室内を黙々と歩き続ける 袴田さんの生活、姉が公開 – 朝日新聞デジタル http://t.asahi.com/faga

 

本当に国家権力(警察や検察、司法など)は恐いと思いますよ。

 

無実の人を地獄のような塀の中に48年間も閉じ込めておくんだから。

 

もし自分だったらと思うと慄然としますね。

 

48年間とは言わずとも痴漢冤罪のようなケースは多々おきています。

 

まず日本の司法制度は、警察並びに検察のほぼ言いなりのようなシステムになっています。

 

起訴された後の有罪率が99、9パーなんて普通に考えたらありえません。

 

起訴したら証拠を改ざんしようが何をしようが是が非でも有罪に持っていきます。

 

それが日本です。

 

残念ながら、裁判官は、検察官の請求を認め、ろくでなし子さんを10日間勾留することを認めました。

 

この拘留に関しても、こいつは99パーセント白だなってくらい警察の逮捕がめちゃくちゃな場合でないと10日の拘留はつきます。

 

痴漢冤罪だろうが本当は盗んでいない窃盗だろうが、10日の拘留はつくのです。

 

本当は逃亡の恐れないときや証拠隠滅の恐れないときは拘留つかないはずですが、裁判官の数が圧倒的に足りてないので現実は警察、検察の言う通りよほど無理な案件でない限り拘留は通ってしまうのです。

 

日本の司法制度は本当終わってます。

 

あと前にも書きましたが、地検での取り調べや裁判所での待ち時間が固い椅子に手錠掛けられたまま10時間以上にも及ぶのは明らかにお役所仕事だからだし、検事や裁判官の数が足りてないからです。

 

また待遇もひどいものがあります。

 

弁護士の先生も言っていますが、日本の9割の人は被疑者になることはありません。

 

なので警察や検察、裁判所、司法制度がいかに問題大有りかということがわかってません。

 

自分が被疑者になってみて初めて日本の司法制度がクソだということに気づくのです。

 

日本の司法、警察はそれはあまりにもひどすぎないか!?ということがめちゃくちゃあるし、それがそのまま放置されています。

 

数多くの冤罪が生まれてしまうシステムが日本なのです。

 

これはどう考えてもおかしいでしょ!!と思うのが、容疑をかけられて本当にやってなくて否認していると、留置所や拘置所から出られないということです。

 

だから痴漢冤罪で本当にやってない人も、やってない!と言い続けると何ヶ月たっても出られないので、本当はやってなくて悔しい思いをしながら、加害者とされる女性と何百万かの金を渡し被害届けを取り下げてもらうようお願いしないといけないのです。

 

自分にかけられている容疑を認めないと逃亡の恐れや証拠隠滅の恐れがなかったとしても保釈が絶対通らないし、起訴拘留とかいうわけわからない拘留をつけられて何ヶ月も塀の中にぶち込まれるのです。

 

しかもこれはやったかやってないかわからない段階でです。

 

もう意味不明のクソゲーです!!

 

だからみんな容疑を認めるし、起訴されて裁判が始まった段階で一転して否認に転じるのです。

 

今の日本はこうしないと塀の中にぶち込まれたままになってしまうから認めざるをえないのです。

 

しかし、一度認めてしまってると裁判官の印象は悪いので結局は警察、検察の思うままになるわけです。

 

たまにそこらの弁護士がいや日本の司法は素晴らしい、そんなことはないとか言うやつもいますが、本当にそうなら一度被疑者として捕まってみるといいと思います。

 

どれだけ日本の司法がダメかがわかると思いますよ。

 

日本は疑わしきは罰しろ!なのです。

 

疑われたらもう終わりなのです。




関連記事

歌舞伎町にある世界初ISO取得キャバクラってどやねん!(笑)

業界初 キャバクラ店へのISOのトリプル認証審査、今春に決定 https://www.atpr

記事を読む

日本の若者のニートはわずか2、3パーセント。そのうち病気の者を除くと1、3パーセントしかいない。

工藤啓さんと西田亮介さんの無業社会 を読み、お2人の講演会に行ってきました。  

記事を読む

関東の工藤会といえば有名なのが表参道、南青山などですね。

【裏社会】五代目工藤會が首都圏でファッション業界に進出か http://n-knuckles

記事を読む

飛田の女の子の自伝よりも飛田の呼び込みばばあの自伝を読みたい!

飛田新地の女の子やおばちゃんはもうだいたいみんな知り合いなんだけど、その中で結構綺麗で性格も良い呼び

記事を読む

no image

ネットカフェ難民とかホームレス、未成年売春の根本は日本の不動産システムの欠陥にある!

不動産を紹介しているとよくわかることだけど、不動産の保証人制度というのが全く有名無実化していると思う

記事を読む

no image

介護士と保育士が足りないので、政府は小学校と中学校の先生を介護士にさせるようです。

Reading:不足する保育士の代替 幼稚園や小学校の教諭を検討へ NHKニュース https:

記事を読む

no image

月9の「いつ恋」は地方人は上京しても嫌な事しかないから上京せずに地元で働こう!っていう地方創生ドラマ

月9の「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」通称いつ恋に出てくる東京人嫌なやつばっかりやん!

記事を読む

no image

西麻布は元来高級住宅なのでラウンジの営業許可が降りにくい。低層高級住宅のため住民の目が厳しい。

西麻布のラウンジが恵比寿に進出してるのは、西麻布だとキャバクラの営業許可が降りにくいからなんだよね。

記事を読む

no image

最近少年、少女から「毒親」に困っているという相談が増えています。

最近は虐待とまではいかないんだけど、中高生、大学生から入っている部活、サークルを母親に強制的に辞めさ

記事を読む

no image

川奈まり子さんや女優や男優、監督はAV被害の実態を全く知りませんよ。

今日高円寺でヒューマンライツナウ(HRN)のAV被害調査報告書に関しての緊急ミーティングが開かれまし

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数