Z李・新宿租界VSNTTコミュニケーションズ。

大手通信会社NTTコミュニケーションズは、振り込め詐欺などに悪用されていた、およそ5900の電話番号を解約したことがわかりました。

 

大手通信会社がこうした固定電話の大量解約に踏み切るのは初めてとなります。

 

NTTコミュニケーションズによりますと、解約したのは東京都内の会社が契約していたおよそ5900の固定電話の番号で、振り込め詐欺などの特殊詐欺に使われていたとして、先月、警視庁から解約の措置を取るよう要請があったということです。

 

しかし、ライフラインとなる固定電話の回線は電気通信事業法に基づいて、正当な理由なく解約することは認められていないことから、法律を所管する総務省と協議した結果、今月9日に解約の措置を取ったということです。

 

この理由についてNTT側は、これらの番号から異常に多くの発信が行われて通信障害を引き起こすおそれがあり、正当な理由があると解釈できると説明しています。

 

総務省によりますと、大手通信会社がこうした固定電話の大量解約に踏み切るのは初めてとなります。

 

また、NTTコミュニケーションズが解約した会社は、年間数千万円の料金を支払っていたということです。

 

警視庁によりますと、今回の措置によって管内でこれまで特殊詐欺などで使われた固定電話回線のおよそ半分が解約されたということです。

 

(NHKニュース)

 

「新年まで無事生きていられるといいですね」

 

「夜道に気を付けて」

 

2016年の年の瀬。

 

通信大手NTTコミュニケーションズ(東京)のオフィスには連日のように、脅迫めいた嫌がらせの電話がかかっていた。

 

声の主は、電話再販会社「ボイスオーバー」(同)の幹部。

 

詐欺グループに電話回線を提供したとして広島県警の捜査のメスが入る5年ほど前の出来事だ。

 

嫌がらせの発端は、NTTコムが約6千もの電話回線を廃止したことにある。

 

回線の提供先がボイス社で、その再販先をたどると詐欺グループにつながっていたという。

 

取材班は電話が悪用される実態を探る過程で、ボイス社と当時やりとりしたNTTコムの社員男性を取材した。

 

同社の特殊詐欺対策を担った人物だ。

 

男性はこう振り返った。

 

「回線を廃止できたのは奇跡のようなものだった」

 

電気通信事業法は、正当な理由なく通信サービスの提供を拒否することを禁じている。

 

「たとえ相手が犯罪者であっても回線は廃止できないという不文律がある」と男性。

 

収集した不正利用の証拠を分厚いファイル4冊分にまとめて国に提出し、執念で大量廃止にこぎ着けたという。

 

ただ、1社が回線を止めても効果は限定的だ。

 

ボイス社は別の大手通信事業者から購入し、転売を続けたとみられる。

 

捜査を免れるために複数の再販業者を介在させたとされるが、それだけではないらしい。

 

同じ男性は内幕を明かす。

 

「ボイス社は電話転送システムを構築するプロ。複数の大手通信事業者から回線を購入して番号を組み合わせ、システムごと取引先に卸していたようだ」

 

システムの仕組みはこうだ。

 

例えば「090」で始まる番号を「0120」に変換し、さらに相手の固定電話には東京の市外局番の「03」を表示できる。

 

1回の発信に複数の番号が絡むことで、実態の解明はより困難になる。

 

詐欺グループにとっても身元を隠して官公庁などを装うのに好都合だ。

 

さらに捜査機関にとってハードルとなるのは、憲法21条が保障する「通信の秘密」だ。

 

転送番号をたどるには、それぞれの番号を提供する通信事業者ごとに裁判所の令状を取り、その事業者に提示しなければならない。

 

長い期間を要し、犯行拠点に踏み込めたとしても既に「もぬけの殻」になっている可能性が高い。

 

では、国はどう対応しているのか。

 

総務省は19年9月、警察庁と連携し、特殊詐欺に使われた固定電話番号の利用停止を大手通信事業者に要請する取り組みを開始。

 

21年に「050」のIP電話も対象に加え、22年12月末までに計1万3838件が停止された。

 

今年1月には、同省が認定する通信事業者の一覧をホームページで公表した。

 

ただ担当者は「規制を強めて一時的に被害が減っても新たな手口がトレンドになり、いたちごっこが続いている」と明かす。

 

「生活に不可欠な電話が20年間、重篤な犯罪に使われ続けている。業界の一員として痛恨の極み」。

 

NTTコムの社員男性は無念さを吐露した。

 

新たな法整備の検討を含め、国や捜査機関、通信業界などが一体となった抜本的な対策が急がれる。

 

(中国新聞)




関連記事

no image

アルデプロと松浦グループと後藤組とメイドカフェと統一教会。

アルデプロの新株予約権を引き受けたのが能勢元さんの東京フィナンシャルアドバイザー。 https

記事を読む

no image

6代目山口組大同会系右翼団体「桜華塾」VS池田組高木若頭の姐さん。

6代目山口組大同会系右翼団体「桜華塾」VS池田組高木若頭の姐さん。   6代目

記事を読む

no image

池田組組員の佐藤健司と加藤貴之が10代少女と共謀して出会い系サイトを利用した男性を恐喝したとして逮捕

宮崎県警は、2021年4月に宮崎市内の路上で男性から現金を脅し取ろうとしたとして、池田組組員の佐藤健

記事を読む

no image

2011年の博新建設の内納敏博会長射殺事件など7つの事件に関与した工藤会田中組若頭の田口義高に無期懲役の判決(RKB毎日放送)

市民を標的にした複数の襲撃事件などに関与したとして起訴された特定危険指定暴力団工藤会系の組幹部の判決

記事を読む

no image

山口組清水一家若頭補佐陣内組組長の田嶋聡と松葉会出羽家一家七代目幹事長の川村祐一ら5人が三社祭で乱闘をしたとして逮捕。

警視庁浅草署は24日までに、暴力団同士のけんかを制止しようとした警察官に暴行したなどとして、公務執行

記事を読む

no image

クレディスイスはロスチャイルド家傘下の銀行。

クレディスイスはロスチャイルド家傘下の銀行になります。   クレディスイスは創

記事を読む

no image

広島市中区の路上で大麻を密売したとして逮捕された井上海容疑者の関係先として共政会片山組の事務所を家宅捜索(暴力団ニュース)

広島県警組織犯罪対策2課と海田署は21日、広島市中区の路上で男に大麻を密売したとして無職・井上海容疑

記事を読む

no image

ジャンプフェスで男性が少年グループに火炎放射器で頭を燃やされる。

ジャンプフェスで男性が少年グループとトラブルになり少年グループに火炎放射器で頭を燃やされると言う事件

記事を読む

no image

電子マネー詐欺被害は20代女性が最多。

特殊詐欺の被害者は約7割が65歳以上の高齢者だが、電子マネーに限ると65歳未満が82%。 &n

記事を読む

no image

道仁会系組長だった竹田隆と道仁会系元組員で会社員の田中俊行と自営業の中村公孝が久留米市の小林建設の事務所に手榴弾を投げ込んだとして逮捕。

12年前、久留米市の建設会社「小林建設」に手りゅう弾が投げ込まれた事件で、警察は当時、道仁会系組長だ

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ