大阪府が2026年度から私学の高校の授業料を完全無償化。全国初(MBS)

公開日: : 最終更新日:2023/09/08 政治, 教育, 社会

大阪府は25日午前戦略本部会議を開き、府が目指す高校授業料の完全無償化について、所得制限の撤廃などを盛り込んだ制度案が決まりました。

 

25日に発表された高校授業料に関する制度案は、来年度から段階的に所得制限を撤廃し、2026年度にはすべての学年を対象として公立・私立ともに無償化するというものです。

 

当初府が示した素案に対し、私学側は「学校の負担が増えることで教育の質が下がる」などと反発していました。

 

今回の制度案では、私学の負担を現行の制度よりもおよそ1.6億円減らし、およそ7.9億円とするとしていますが、府の財政負担はおよそ383億円を超える見込みだということです。

 

また、滋賀県、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県の私立校に通う生徒も対象とする方針だということです。

 

制度案は9月から始まる府議会を経て確定する予定です。

 

(MBS)

 

大阪府に住んでいる高校生が兵庫県や奈良県、京都府などの私学に通学してもすべて無償になります。




関連記事

no image

高齢者100人から1億2000万円を騙し取ったとして大阪府警に逮捕されていた会社役員の浅利祐作がこちらに対して因縁をつけてきました!

高齢者100人から1億2000万円を騙し取ったとして大阪府警に逮捕されていた会社役員の浅利祐作(46

記事を読む

no image

長崎とイルミナティの深い繋がり。

長崎とイルミナティには深い繋がりがあります。   戦国時代に長崎の領主の大村純

記事を読む

no image

吉原のソープランド「夕月」の刺殺事件。「自分と相反してきらびやかな人生を送っていることに殺意が芽生え、人生を奪ってやろうと思った」(テレビ朝日)

風俗店で従業員の女性を殺害したとして30代の客の男が逮捕されました。   東

記事を読む

no image

山上徹也のお母さんが入っていた実践倫理宏正会の成り立ち。

戦前に「ひとのみち教団」だったものが戦後にPL学園のパーフェクトリバティ教団、倫理研究所、実践倫理宏

記事を読む

no image

大阪で今一番人口伸び率が大きいのは西区、その次に中央区。堀江は賛否両論。

大阪で今一番人口伸び率が大きいのは西区、その次に中央区。   西区は西大橋と

記事を読む

no image

外国人労働者を入れるならニートや無職を働かせろ!という意見は暴論です。

政府は外国人労働者を2019年から5年間で34万5000人受け入れるという試算を出しています。

記事を読む

no image

日本は養育費を払っていない人が多いと言うのはデマだった。7割の人が養育費を払っている。

日本は養育費を払っていない人が多いと言うのはデマだと内閣府の調査でわかりました。 https:

記事を読む

no image

早稲田大学の学生をパワハラ、セクハラで自殺寸前まで追いこんだ早稲田大学政治経済学部の准教授は自殺予防NPO法人「あなたのいばしょ」の理事だった。

早稲田大学の学生をパワハラ、セクハラで自殺寸前まで追い込んだ早稲田大学政治経済学部准教授の上田路子さ

記事を読む

no image

CLUBを半官半民のNPOにして若者の居場所にすることは可能か?

デンマークの若者の居場所支援では行政がクラブ(踊る方)を運営してそこを若者の居場所にしてもらおうとい

記事を読む

no image

地方あるある

地方あるある。   羽振りの良い若者はオレオレ詐欺してると思われる笑

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ