NPO法人ほっとプラス代表の藤田孝典さんが埼玉市議の吉田一郎さんにホームレスの貧困ビジネスだと糾弾される。

公開日: : 最終更新日:2020/05/07 NPO, ブラック企業, 福祉, 経営, 経済, 貧困

NPO法人ほっとプラス代表の藤田孝典さんが埼玉市議の吉田一郎さんにホームレスを利用して儲ける貧困ビジネスだと糾弾されました。

 

話題になってる藤田孝典氏が「ほっとポット」の代表をしていた時の問題点の数々を、『市政レポート』2012年6月特別号にあれこれ書いてた。

 

生活保護受給者を一軒家に詰め込み利益を上げる貧困ビジネスに加え、赤字を装った「粉飾決算」で埼玉県から3年で計229万6000円の補助金を得た事件も

 

 

09年度:生活保護の申請に同行してホームレスから4万2000円を徴収しておきながら、埼玉県からも同行者の人件費105万7000円の補助金を受け取る。

 

10年度:生活保護受給者を住まわせる一軒家の改装費103万9000円の補助金。

 

11年度:ホームレスらを集めた食事会に補助金20万円。

https://www.pref.saitama.lg.jp/e1801/documents/hotpot.pdf

 

藤田孝典氏の「ほっとポット」が問題なのは、埼玉県から補助金をもらう際に、「今年の運営は赤字になります」という予算書を毎年提出して合計約230万円の補助金を受け取りながら、実際には大幅黒字だったというのを3年連続で繰り返し、2000万円以上の利益を上げていたこと。

 

これ「補助金詐欺」だよ?

 

藤田孝典氏が代表をしていたNPOによる貧困ビジネスで、NPOが借り上げていた一軒家の領収書。

 

1軒6万、8万、9万円で、1軒に元ホームレスを3~5人ずつ住まわせて、生活保護費から家賃と共益費で1人5万7000円ずつ徴収(食事提供はなし)。

 

5人だと収入28.5万円-借上料9万円=月19万5000円の粗利。

 

twitterにアップした藤田孝典氏による「貧困ビジネス」の証拠資料は、埼玉県庁で情報開示請求すれば誰でも入手できます。

 

平成21、22年度にほっとポットに交付した「埼玉県NPO活動促進助成事業(みんなでサポート事業)助成金」の申請書、実績報告書とその添付資料を見たいと言えば、14日後に閲覧可。

 

 

 

(吉田一郎さんより引用)

 

埼玉市議会でも藤田孝典さんのNPO法人ほっとぷらすの貧困ビジネスが取り上げられています。

 

 

 

 

藤田孝典さんはこう反論しています。

 

 

 

それを見た周りの人の意見はこちらです。

 

 

これは完全に藤田さんが悪いですね。

 

吉田市議が暴言吐いたとかは関係ない話ですよ。

 

話を横にずらそうとしてるとしか思えません。

 

刑事事件化、返還処分になっていなくても無料低額宿泊所事業のホームレスを何人も詰め込んで、生活保護のマージンを搾取することは間違いなく貧困ビジネスですよ。

 

ホームレスと役所が直接やりとりすればいい話であって、そこの間にNPOなどが入ることはホームレスへの中間搾取でしかないです。

 

無料低額宿泊事業こそが正に官製の貧困ビジネスですから。

 

だから無料低額宿泊所事業は廃止して違法にするべきなんです。

 

藤田孝典さんと駒崎弘樹さんは同じ穴の狢なんだなとよくわかりましたね。

 

実際にうちのNGOに藤田さんのほっとプラスに相談したけど酷い扱いをうけた!という相談者が多数います。

 

最初は耳を疑いましたが、同じくNPO法人ほっとプラスに相談したけど生活保護も受けられず酷い対応をされたという人が多数うちのNGOに相談があるので確信しました。

 

藤田さんのところのNPO法人ほっとプラスは貧困ビジネスですね。




関連記事

no image

若者は金がないから結婚できないという人たちに凄い違和感

最近の政府や社会学者、教育学者なんかが言う若者は金がないから結婚できないっていうのに凄い違和感がある

記事を読む

no image

大阪市生野区には要保護の子どもが300人いるが、対応できているのは30人だけ。

大阪市生野区選出の参議院議員さんから生野区は虐待の要保護の児童、生徒が300人も児相に把握されていな

記事を読む

お坊さんは休日は輩ファッションで不倫している人が多い。

      これはほんとそう

記事を読む

no image

「高学歴女子の貧困」早稲田、慶応の普通の子よりも中卒の美人の方が市場評価が高い日本。

「高学歴であればあるほど損をする」女性の雇用環境(週刊SPA!) - Yahoo!ニュース http

記事を読む

no image

ノーベル賞を受賞した本庶佑氏「ネイチャーやサイエンス誌の9割はウソ」

ノーベル賞を受賞した本庶佑氏が記者会見。   「(科学誌の)ネイチャーやサイエ

記事を読む

no image

街はやはり若い人がいないと活気が生まれない。

これからはバングラディシュのように平均年齢20代のような若い世代の国がどんどん伸びて来る。

記事を読む

no image

女の子からのNPOだいわピュアラブセーフティネットの信頼と評価

出会う女の子1人1人をその子に合った仕事に紹介し相談援助し続けることでNPOとしての信頼というものが

記事を読む

no image

精神障害者を小屋に閉じ込め。闇に埋もれた私宅監置。(朝日新聞)

コンクリート造りで広さは5平方メートル。窓はなく、小屋の中と外をつなぐのは、壁に開けられた直径10セ

記事を読む

no image

アベノミクスなんてたまたま奇跡的に円安になって、ギリシャ危機がなくなって株価上がっていっただけで、安倍さんの政策の結果ではないよ!

アベノミクスなんてたまたま奇跡的に円安になって、ギリシャ危機がなくなって株価上がっていっただけで、安

記事を読む

no image

公立高校で妊娠する高校生は2098人。そのうち約3割が退学。(NHKニュース)

2017年から2018年にかけて公立高校で妊娠する高校生は2098人。   そ

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数