サウジアラビアの建国の歴史。なぜサウジアラビアがアメリカと仲が良いのか。(広瀬隆雄さん)

駆け足でサウジアラビアの歴史を語ります。

 

サウジアラビアは「若い国」です。

 

建国の父はアブドル・アジズ・イブン・サウドです。

 

 

サウド家はもともとリヤドの町を支配していましたが、諸侯との争いに負け、クウェートの友人のところへ逃げ込みました。

 

そこから荒くれ者たちを編成し、リヤドの町を夜明けの急襲で奪還しました。

 

1902年のことです。

 

当時アブドル・アジズは弱冠26歳。

 

早い話、「愚連隊のリーダー」というわけ。

 

当時のアラビア半島は主にベドウィンと呼ばれる遊牧民たちが移動する砂漠であり、「強い者が支配する」という砂漠の掟により諸侯が割拠していました。

 

アブドル・アジズはファミリーの故郷であるリヤドを先ず盗り、そこを基盤に各個に敵を撃破し、サウジアラビアを統一します。

 

聖地メッカを制圧したのは1925年です。

 

そして1932年にスタンダード石油カリフォルニアの技師が「中東で石油が出る!」という噂を聞きつけてアブドル・アジズのところへ来ます。

 

そのときアブドル・アジズの「番頭」をしていた男がシーク・アブドラ・スレイマン。

 

彼の血筋はイラクの平民。

 

でもソロバンに長けているのでアブドル・アジズの金庫番になりました。

 

オイルメジャーとの交渉は、全てこのスレイマンを介して行われました。

 

アブドル・アジズ国王の財産、すなわちサウジアラビアの「国庫」の全ては、ひとつのトランクに収まる財宝でした。

 

当時の中東では前にイランの歴史で説明したアングロ・イラニアン・オイル・カンパニー(AIOC)が圧倒的な存在でした。

 

でもアラブ諸国はイランがAIOCとの関係で冷遇されるさまをみたので、AIOCと契約を結ぶことには消極的でした。

 

このためクウェートはテキサスのガルフオイルと、サウジはスタンダード石油カリフォルニア(=略してソーカル)と権益の契約を結びました。

 

ソーカルはロックフェラーのスタンダード石油が独禁法で解体されたとき、カリフォルニア州の資産を受け継ぎました。

 

カリフォルニア州は広大な土地で石油も出たのですが、どんどん増える需要に生産が追い付かず、川上部門でホームランを打つ必要がありました。

 

だからサウジに賭けた。

 

ソーカルとサウジとのコンセッション契約の調印は1933年。

 

サウジは3.5万ポンドを前金として受け取り、18か月後2万ドルを受け取る。

 

さらにソーカルは毎年サウジに5千ポンドのおカネを支払う。

 

そして原油が発見されたら5万ポンドを毎年支払い+ロイヤリティーを払うという契約でした。

 

最初は石油が出なくてソーカルは資金が尽きそうになります。そこで慌ててもう1社、アメリカの企業をコンソーシアムに招き入れます。

 

それがテキサコ。

 

テキサコはアフリカとアジアに製油所を建設したけれど原油の生産が少なかったのでサウジに目を付けた。

 

ソーカル・テキサコ連合がようやく石油を発見したのは1938年。

 

4千バレル/日の流量でした。

 

サウジでの増産のためソーカル・テキサコは3つ目のパートナー、スタンダード石油ニュージャージー(=エクソン)を招き入れます。

 

これにスタンダード石油ニューヨーク(=モービル)を合わせてサウジアラムコが誕生するわけです。

 

1945年2月(=つまり沖縄決戦の2か月前、欧州ではドレスデン爆撃が行われていた頃)、フランクリン・ルーズベルト大統領とアブドル・アジズはスエズ運河を航行中の重巡洋艦クインシー艦上で会談します。

 

このときパレスチナのユダヤ人の境遇に関し同情的だったルーズベルト大統領が「ユダヤ人をよろしく頼む」とアブドル・アジズに言います。

 

イスラエルとサウジアラビアは敵だけど、サウジが最後のところではイスラエルをリスペクトする理由は、この巨頭同士の契りに敬意を表しているから。

 

 

イランのところで述べたようにイギリスとイランの関係はつねにギクシャクし、ロイヤリティーを巡って揉めに揉めたわけですが、これと対照的にサウジアラムコは「番頭」がしっかりしていたので不平等な条件ではなかった。

 

またソーカル、テキサコ、エクソンはどんどん優秀な技師をサウジに送り込んだ。

 

サウジの優秀な若者はテキサスA&M大学、ハーバード大学などに留学し、最新の技術を学びました。

 

タリキ、ヤマニなどの世界情勢に明るい石油相が出た。

 

じっちゃま(広瀬隆雄さん)




関連記事

歌舞伎町で出会ったギャル

昨日歌舞伎町でアウトリーチしているときに出会ったデリヘル嬢の子が俺のことを知っていて、俺こんなギャル

記事を読む

no image

勝部元気のピエロ感と悲しさ。

あれだけ女性に媚びまくっている勝部元気がフェミニスト団体や女性支援団体から総スカンをくらってるのは、

記事を読む

no image

女性検事や女性警官、女性担当などは厳しい!

一般的に風営法違反など夜関係の事件は男性検事よりも女性検事の方が遥かに厳しいですね! &nbs

記事を読む

ナンパ塾RNA(リアルナンパアカデミー)の塾生11人がモデルを集団強姦して逮捕!

ナンパ塾RNA(リアルナンパアカデミー)の11人がモデルを集団強姦して逮捕されました! &nb

記事を読む

三浦春馬さん、春馬さんの家族を誹謗中傷している、てっちゃんの興味津々のてっちゃんは元サニーツバキの専務で倒産すると知っていてお客さんに騙して商品券を売り夜逃げしていた詐欺師だった。

三浦春馬さん、春馬さんの家族を誹謗中傷している、てっちゃんの興味津々のてっちゃんは元サニーツバキの専

記事を読む

六本木、麻布が都内一治安が悪くなったのは00年代に山口組が本格的に進出したからか?

関東連合の正体とは!?謎の組織の真相に迫る!!: http://youtu.be/9TSZ4UVPF

記事を読む

no image

かぼちゃの馬車スマートデイズの背後に関東連合。

かぼちゃの馬車スマートデイズの背後に関東連合。 https://www.tokyo-sport

記事を読む

東大名誉教授「日本の刑事裁判は絶望的。」

  東京大学名誉教授で東大元総長の法学者の平野龍一さんはこう言っています。

記事を読む

no image

なぜ長州藩の人は色街・花街(キャバクラ)に入り浸っていたのか?

大河ドラマ「西郷どん」などを見ていると、桂小五郎や山県有朋、伊藤博文など長州藩の人たちはしょっちゅう

記事を読む

no image

ヤフーとグーグルは実は真逆だった。ローテクの人海戦術のヤフーとAIの複雑なアルゴリズムを駆使するハイテクなグーグル。

日経の連載「ネット興亡記」がめちゃくちゃ面白いです。 https://www.nikkei.c

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数