なぜ客はヘルスで禁止されている本番をしようとするのか? ギャンブル的な楽しみと男の承認欲求の問題。

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 ヘルス, 社会

なぜ男性が本番なしのヘルスで本番をしようとするのか?

 

なぜ本番したいならソープに行かないのか?というと、ソープは最初から本番からデフォルトで設定されているから面白みがないというのがあるんだと思います。

 

ヘルスは女の子の中には本番をさせてくれる子もいるので、そこにギャンブル的な面白みを見出しているのではないかと思います。

 

風俗好きとパチンコなどのギャンブル好きって重なる部分が大きいので、今日の子はOKなのか?ダメなのか?っていうギャンブル要素も楽しみのうちなんだと思います。

 

あとは男の承認要求の問題ですよね。

 

ホテヘルやデリヘルのスレなんかでもよく書かれてますが、この子はやらせてくれたと書いてる人もいれば、俺はやらせてもらえなかったと書いてる客もいます。

 

それを見たときに、はたして自分はやらせてくれる方の側なのかそれともそうでないのか?確かめに行こう!というのもあると思います。

 

そこでもしその子がやらせてくれれば、承認欲求は満たされるわけですよね。

 

俺はやらせてもらえる方の側だった!という風に。

 

だからヘルスでの本番要求ってソープのそれとは違って、単純に性欲だけに根ざしてないから難しいですよね。

 

これは非抜き系エステでの抜き要求と一緒だとは思います。

 

ただ抜いてほしいだけなら抜きとわかってるエステに行くけど、非抜き系でもたまに抜いてくれる子がいる。

 

ヘルスと同じですよね。




関連記事

no image

個人売春へとNPOや女性支援者に追い込まれる少女たち。

colaboの仁藤夢乃さんのやっていることは、はっきり言って女子高生たちを追い込むことにしかなってい

記事を読む

no image

奨学金は1円も返す必要はありません。10年で消滅時効になります。

月3.9万円の奨学金返済、48歳まで… 子ども諦めた:朝日新聞デジタル https://www

記事を読む

no image

山口県周南市の保見光成による5人殺害事件もひきこもり事件。一番の誤りであり悲劇は地方にUターンしたこと。

山口県周南市の保見光成による住民5人殺害事件もひきこもり事件ですね。   被害

記事を読む

no image

イトマン事件、平和相互銀行事件は大蔵省の護送船団方式解体と竹下大蔵大臣失脚を狙ったCIAの謀略だった。

戦後最大の政財界と暴力団の疑獄事件と言われているイトマン事件。   1991年

記事を読む

no image

恋愛工学の藤沢数希は早稲田のスーパーフリー代表和田と近いものを感じる。多数の非モテを従える教祖的な。

モテを科学で解き明かす「恋愛工学」に女性から批判の声 「ナンパ本の流用」「人格無視」|ウートピ ht

記事を読む

no image

少年法は今すぐにでも廃止した方がいいと思う。少年犯罪は確実に凶悪化していると思う。

少年犯罪が増加も凶悪化もしていないということをよく専門家とかが言うけど本当にそうなのか?。 &

記事を読む

no image

中南米マフィア、ギャングの背後にアメリカCIAの存在。

若者や子供誘う「中米ギャング」断ると殺害も。 https://www.yomiuri.co.j

記事を読む

芸能界に人権は皆無。マスコミも一切報道できない。

  これもAV強要と全く一緒。 芸能は付き合ったり結婚したり辞めたりも認めら

記事を読む

no image

AVの健全化はメーカーがプロダクションに対して女の子が飛んだときの莫大な違約金請求を止めることからしないとダメ。 実態は女の子を脅してでも絶対飛ばさない!という不良系プロダクションが大手となり力を持っている。

AVに関して健全化をするには、やはりメーカーがプロダクションに対して女の子が飛んだときの莫大な違約金

記事を読む

アメリカ南北戦争の南部側の将軍でイルミナティの最高位、メイソンの黒い教皇と呼ばれたアルバート・パイクが第三次世界が中東から始まると予告。

アメリカ南北戦争の南部側の将軍でイルミナティの最高幹部、メイソンの黒い教皇と呼ばれたアルバート・パイ

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ