「月曜から夜ふかし」の盛岡ゼブラ応援団の齊藤さんは良い!周りも温かく応援してあげましょう。

公開日: : 最終更新日:2019/09/10 社会, 福祉, 若者, 貧困

「月曜から夜ふかし」で盛岡ゼブラを熱狂的に応援していた齊藤晃さんという方が出てきました。

 

39歳で実家にいながら月収は3000円ということでした。

 

先週の放送では知り合いのスポーツBARで週3回ほど働き始めた様子をやっていました。

 

週3回でも楽しく働いていることは素晴らしいことだと思います。

 

いまはもう嫌な仕事を無理やりやるという時代ではありません。

 

好きなことを突き詰めて生きることが正しいと思います。

 

なので齊藤さんはぜんぜん間違ってないですね。

 

齊藤さん目当てで大勢スポーツBARにお客さんがやってくるのも齊藤さんの人柄もあってのことだと思います。

 

ネット上では斉藤さんが軽度の発達障害ではないか、軽度の自閉症ではないか、福祉機関に繋いだ方がいいんじゃないかという意見がありました。

 

これは完全に間違いですね!

 

もし仮に軽度の障害があったとしても福祉機関に繋ぐことは絶対ダメです!

 

そもそも福祉就労となるとB型などだと1日8時間働いてお金は500円前後しかもらえません。

 

また働く仕事内容もタッパー入れやタオル折りなど退屈なものしかありません。

 

企業の障害者雇用も業種は清掃業など特定のものに限られます。

 

賃金もバイト待遇のものがほとんどです。

 

齊藤さんはちゃんと一般就労で知り合いのスポーツBARという素晴らしい環境の中働けています。

 

週2日か3日じゃなくてちゃんと正社員で働け!などという意見もありましたが、人によりそれは難しい人もいます。

 

週2日、3日でも働いているのは素晴らしいことだと思いますし、周りも温かく見守って応援してあげてほしいと思います。

 

斉藤さんが盛岡のタウン誌に登場していました。

 

斉藤さんは盛岡の顔的な存在にもなってきたようです。

 




関連記事

no image

警視庁麻布署と住吉会、稲川会、関東連合との癒着は有名です。

住吉会に捜査情報を流していた麻布署の組織犯罪対策課の巡査部長が書類送検されました。 https

記事を読む

「地元ネットワーク」が機能してるのは地元のヤンキーだけではないのか?

法政大学で行われた「高卒5年若者たちはどこで、どのように生きているのか」というセミナーに行ってきまし

記事を読む

no image

興行場の許可を受けたJK見学店が警察の圧力で閉店。JKビジネスは年内に壊滅させられます。

アメブロを更新しました。 『【重要】閉店のお知らせ【詳細】』 ⇒ https://t.co/F

記事を読む

no image

こどもの貧困

「こどもの貧困」ってこどもが貧困になるわけなくて、すべては親である「大人の貧困」なのにそこを見ようと

記事を読む

no image

豊臣秀吉の朝鮮出兵を指示したのはイエズス会か。

豊臣秀吉は2度の朝鮮出兵を行いました(文禄の役・慶長の役)   しかしなぜ秀吉

記事を読む

no image

夜の世界の女の子はまじめすぎるときがある。都心のサラリーマンの方が100倍こずるい!

風俗嬢の女の子やキャバ嬢の女の子、援デリの女の子、フリーター、ニートのような社会的弱者、貧困層にある

記事を読む

no image

ついに「絆」の上部団体アインズグループ加藤会長逮捕。

とうとう「絆」の上部団体アインズグループの加藤会長が逮捕されましたね。 https://www

記事を読む

no image

青森県の弘前市、青森市と八戸市がめちゃくちゃ仲が悪い。原因は弘前市、青森市が弘前藩に対して八戸市だけが盛岡藩(南部藩)だったから。

青森県は中核3市として県庁所在地のある青森市、弘前市、八戸市があります。  

記事を読む

大阪ミナミのダンスクラブ「バンビ」でトライハードグループのセキュリティ複数人が客の男性を投げ飛ばし暴行し死亡させる。トライハードのバックはチャイニーズマフィアとアメリカCIA、イルミナティ。

大阪ミナミのダンスクラブ「バンビ」でトライハードの柔道経験者のセキュリティ2人が客の男性をコンクリー

記事を読む

団地団に行ってきました。山内マリコさんや雨宮マミさんはマイルドヤンキーを理解できないんだろうなー

昨日は団地団に行ってきました。   サブカル好きは60年代安保、70年代安保の

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ