オススメヤンキー漫画17選。

今読んでも色あせない不朽の名作ヤンキー漫画10選を紹介したいと思います。

 

まずは藤沢とおる先生の湘南純愛組です。

 

1990年~1996年にマガジンで連載されていた漫画です。

 

鬼塚英吉と弾間龍二が主人公の青春暴走族漫画です。

 

辻堂、藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、平塚、横須賀、横浜などが舞台です。

 

主人公の2人以外にも鎌倉の狂犬の鎌田、冴島(GTOでは警察官として活躍)、阿久津淳也、横須賀のジョーイ、暴走天使の仲条などキャラクターも魅力的です。

 

鬼塚が後に教師になって活躍するのがGTOですね。

 

 

鬼塚と弾間の中学時代が描かれているのがバッドカンパニーです。

 

こちらもオススメです。

 

 

映画やフィギュアでもお馴染みの高橋ヒロシ先生のクローズです。

 

坊屋春道がとにかくカッコいいです。

 

リンダマン、桐島ヒロミ、武装戦線、九能龍信などキャラクターが魅力的です。

 

高橋先生のヤンキー愛に溢れた作品ですね。

 

舞台は東京の多摩エリア、神奈川県相模エリアだと思います。

 

クローズ最強暴走族で全国制覇をする萬侍卍帝國の本部が町田です。

 

 

クローズの続編がワーストです。

 

 

同じく高橋ヒロシ先生のQP(キューピー)です。

 

こちらもめちゃくちゃ面白いですね。

 

 

特攻の拓も良いですね。

 

これはヤンキーではない主人公がヤンキーになり成長していくという物語です。

 

暴走族全盛期の頃の空気感が表われています。

 

舞台は神奈川県ですね。

 

 

千葉の不良漫画と言えば「今日から俺は」です。

 

最強ヤンキーの三橋と伊藤のコンビが最高です。

 

ギャグも秀逸でとても面白いですね。

 

映画化もされて今年またブレイクしそうですね。

 

 

チーマー漫画として面白いのは梅澤春人先生のBOY(ボーイ)です。

 

当時流行していた90年代のコギャルや渋谷カルチャーが入っていて面白いです。

 

主人公はすぐに金属バットで殴るのですが、その辺も関東連合的な90年代の空気感がありますね。

 

湘南純愛組やクローズ、特攻の拓などはみんな拳で殴り合うのがカッコいいという不文律がありますが、90年代のBOYからは金属バットやナイフなど躊躇なく道具が出て来る気がします。

 

 

ギャグとお色気要素満載なのがカメレオンです。

 

これもオススメですね。

 

 

現代の東京の不良、半グレ、チーマー、暴走族を最もリアルに描かれているのが井上三太先生のTOKYOTRIBEです。

 

杉並区高井戸の清掃工場、主人公たちの溜まり場の杉並区宮前のロイヤルホスト、テラが襲われた吉祥寺など関東連合をモチーフとしているような気もします。

 

池袋の凶悪なチャイニーズマフィアのモデルは怒羅権だろうなと思います。

 

新宿、池袋、渋谷、六本木、杉並、吉祥寺、町田などが舞台です。

 

HIPHOP的感じも魅力的です。

 

とにかくオシャレでカッコいいリアルヤンキー漫画という感じですね。

 

 

渋谷のチーマー、半グレ、ギャル、クラブカルチャー、スカウト、ヤクザ、HIPHOPなど若者の渋谷カルチャーをリアルに描かれているのが猿ロックです。

 

絵もとても綺麗です。

 

芹沢直樹先生ですね。

 

連載中に読者プレゼントで猿ロックの感想を送ったら猿ロックのTシャツ2枚が当選したのがとても嬉しかったですね。

 

思い出深い作品です。

 

 

関東連合、怒羅権、弘道会をモデルに描かれている実録漫画がバウンスアウトです。

 

関東連合による六本木のフラワー事件から始まるというなかなか凄い漫画です。

 

 

関東連合の元幹部の柴田大輔さんが実際に書いた実録関東連合漫画がブラックフラワーです。

 

ただ連載中に上の先輩から書くな!と言われて2巻までしか書けなかったようです。

 

 

ヤンキー野球漫画と言えばルーキーズですね。

 

ヤンキーも野球も好きという人には特におすすめです。

 

ジャンプ漫画なのでヤンキーはヤンキーでも比較的おとなしめのヤンキーたちです。

 

 

大阪のヤンキー漫画と言えば実在した環状族をモデルにした漫画ナニワトモアレですね。

 

大阪的なコテコテのギャグあり喧嘩あり走りありの王道ヤンキー漫画です。

 

 

ナニワトモアレの続編がなにわ友あれです。

 

ナニワトモアレの後輩たちが主人公です。

 

 

関東連合や木村兄弟、八王子愚連隊、打越スペクター、カジックなどをモデルに2000年代東京の不良シーンを描かれているのが闇金ウシジマくんです。

 

 

実在した歌舞伎町のスカウト会社エージェントをモデルにした作品新宿スワンもオススメです。

 

作者の和久井健さんが若いころに歌舞伎町のスカウト会社エージェントに所属していたそうです。

 

最終巻のあとがきに「エージェントに捧ぐ」と記されています。

 

夜の世界とヤクザ、スカウトの不良漫画ですね。

 




関連記事

雑誌Scawaiiの「20代で結婚する!」特集が凄いと話題!

10代、20代の人気雑誌Scawaiiの「20代で結婚する!」特集が凄いとネット上で話題になっていま

記事を読む

no image

藤田孝典さんVS田端さんは、共産主義(社会主義)VS資本主義。

ツイッター上でNPO法人ほっとプラス代表の藤田孝典さんとゾゾタウンの田端信太郎さんとで議論(バトル)

記事を読む

no image

ホスト狂いの子

    ホスト狂いの子はほんとに面白い子が多い。

記事を読む

半グレ集団・怒羅権(ドラゴン)創設メンバーが「罪を懺悔する」(FRIDAY)

  普通、人って誰かを殴るときにためらうじゃないですか。  

記事を読む

女優の土屋太鳳さんは渋谷の松濤中学出身だったんですね!

代々木の陸上競技場で行われたイベントに女優の土屋太鳳さんが来ていて、すぐ近くの松濤中学出身だと言って

記事を読む

no image

藤田孝典さんの「貧困世代」を読みました。夜の仕事への職業差別はやめてほしい!

    藤田孝典さんの貧困世代ー社会の監獄に閉じ込められた若

記事を読む

no image

大麻

テレビで今カナダのバンクーバーではこういうオシャレな大麻ショップが流行ってるんですってやってて、でも

記事を読む

no image

東野圭吾は夜の世界が大好き。

「1,000万円なんてはした金」東野圭吾、江戸川乱歩賞授賞式を凍りつかせた舞台裏【サイゾーウーマン】

記事を読む

no image

曳舟と東野圭吾(幻夜の舞台)

幻夜で主人公の男が関西から何の縁もゆかりも無い中、本当は関西に帰りたいという気持ちを胸に秘めながらも

記事を読む

no image

ツイッター猫組長の正体が明らかに!神戸山口組組長でした。

発売中のFLASH の中で猫組長こと 菅原潮の正体が明らかとなった。 稼業名を渡辺潮と名乗っ

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の相談、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」協力

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数