関東でオススメの発達障害、精神障害、鬱病の治療の病院・クリニック。

公開日: : 発達障害, 福祉, 精神障害

実際に発達障害、精神障害で通っている子に良かったと聞いた病院、クリニックを紹介していきたいと思います。

 

まずは東京の東大病院です。

 

東大病院はとても良いと実際に通っている子が言っていました。

 

東大病院に通い精神2級を取得していました。

 

千葉方面だと千葉大学医学部付属病院です。

 

ここに通っている子は精神1級を取得したと言っていました。

 

千葉大学医学部付属病院も良かったと言っていました。

 

新宿や池袋、上野、秋葉原にあるゆうメンタルクリニックは機械的な対応で良くなかったという声が多いです。

 

昭和大学付属烏山病院も非常に有名で人気ですが予約に何年待ちとかなので行くのは難しいと思います。

 

八丁堀メンタルクリニックも院長の先生がとても話しやすい先生で良かったという人は多いですね。

 

鬱病の人がここで良くなったと言っていました。

 

新宿御苑西條クリニックも鬱の人が行ってよくなったと言っていました。

 

先生が親切で良かったと言っていました。

 

新宿のアスカクリニックや歌舞伎町MYクリニックはとにかくすぐに抗うつ剤などクスリを出してくれる病院で歌舞伎町のキャバ嬢など夜の仕事の女性に重宝されていますが、診察は適当にクスリを出すというのはあまりよくないのではないかと思います。

 

NHKプロフェッショナルに出ていた精神科医の本田秀夫先生がいるのは信州大学医学部附属病院の子どもの心診療部ですね。

http://www.shinshu-u.ac.jp/hp/bumon/kokoro/

 

ここは中学生以下の年齢しか受診できないです。

 

とりあえず発達障害や精神障害の人は東大病院に行くのがいいと思います。




関連記事

no image

池袋駅構内立教大学生殺人事件から見る日本人の薄情さ・冷酷さ。

1996年4月11日の23時半ごろに池袋駅構内で立教大学4年生の小林悟さんが殴り殺される事件がありま

記事を読む

no image

生活保護の捕捉率が2割しかないから捕捉率を上げた方がいいというのは完全に間違い!

よく言う日本は生活保護の捕捉率が2割しかない、本来受けるべき人が受けれていないという話があります。

記事を読む

no image

なぜ教員はモテなくて、福祉関係者はモテるのか?

なぜ教員はモテなくて、福祉関係者はモテるのか?   教育現場と福祉の現場を両方

記事を読む

no image

生活保護の引き下げの根本的な原因は日本経済の弱さ。

2018年3月30日衆議院本会議での生活保護についての質問。 https://www.yout

記事を読む

no image

庶民や貧乏人が政府の財政状況を心配しているのはバカ。

庶民や貧乏人が政府がお金をすったら財政破綻するとか、日本の財政がやばいとか、大きな政府にしたら破綻す

記事を読む

no image

消費税10パーセントへの増税を決定したのは自民党ではなく民主党の野田内閣の時だった。

消費税10パーセントへの増税を決定したのは2012年の民主党政権の野田佳彦内閣の時だったのです。

記事を読む

no image

「許永中」と「カイジ」

今週のテレビはガイアの夜明けで許永中が「金で態度と返事が変わらないのは1パーセントしかいない」やカイ

記事を読む

no image

「早期発見されるガンの多くは過剰診断で、治療不要」であることがオーストラリアの研究で明らかになる。

「早期発見されるガンの多くは過剰診断で、治療不要」であることがオーストラリアの研究で明らかになる。

記事を読む

no image

命の相談ダイヤルなど本当に必要なところにお金と人員をかけてください。

東京自殺防止センター http://www.befrienders-jpn.org/news/

記事を読む

no image

人工妊娠中絶が前年比2パーセント減少。20歳未満では3、7パーセント減少。

厚労省の調査によると人工妊娠中絶の件数が前年比2パーセントのマイナスになりました。 &nbs

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数