関東はいまでも全狂連やCRS連合、全走連など伝統チームの暴走族が連綿と受け継がれている。

公開日: : 最終更新日:2018/12/15 ヤクザ・マフィア, ヤンキー・半グレ, 東京, 社会, 神奈川, 若者

実話ナックルズに現役の全狂連の人たちが出ていました。

 

 

全狂連と言えば1970年代の前半から有名だった暴走族ですね。

 

城南地区の品川や五反田、大崎など東京の山の手を拠点に活動している暴走族です。

 

ヤンキー漫画の「爆音列島」のモデルになった暴走族が全狂連です。

 

現在は50人くらいで活動しているようです。

 

渋谷や六本木に繰り出して暴れているようです。

 

今も渋谷のセンター街のサークルのケツ持ちを全狂連がやっていますね。

 

モデルの斡旋も全狂連が行っていますね。

 

 

「基本自由で変な縛りとかない、一緒に酒飲んだり誰かの誕生日会をクラブ貸し切って祝ったりいつもそんな感じ。だけど一つ決まりがあってブラック(犯罪)だけは禁止です。やってる奴もいたけど辞めさせた。だって受け子とかでガラ持ってかれたら長いし、パクられるの寂しいじゃないですか?いつも誰かが孤立しないようにみんなが気を配っています。」

 

と全狂連のメンバーは語っています。

 

これは現代的で規律に縛られたくないいまの若者のスタイルにマッチしているなと思いました。

 

「誰かが孤立しないようにみんなが気を配る」これは素晴らしいと思います。

 

関東は全狂連だけでなく、横浜連合(浜連)やスペクター、CRS連合、全日本レーシング連盟(全走連)、アーリーキャッツ、ルート20、ジョーカーズなどいまでも連綿と受け継がれているのが凄いですね!

 

全日本レーシング連盟(全走連)は日本最大の暴走族で構成員は4800人ですね。

 

関西はそういう伝統チームが受け継がれていないし、暴走族自体がいまは関西では絶滅状態ですね。

 

関西には暴走族を作るほどの若者の数がもういないんだと思います。

 

関西は高齢者の街になってしまっているので。。

 

そういう意味でも関東の若者たちの方が元気がありますね。




関連記事

no image

毎日新聞がものすごい職業差別、障害者差別、職業蔑視記事。これは許されません。

風俗店で食い物にされる知的・発達障害者 https://mainichi.jp/article

記事を読む

理工学部の准教授が刺されたことで話題の名城大学の広告が卑猥すぎると炎上!

理工学部の准教授が刺されたことで話題の名古屋の名城大学の広告が卑猥すぎると炎上していました。

記事を読む

no image

芸人もサラリーマンもヤクザも東京向き!大阪向き!ってあると思う。

最近芸人で大阪から東京に進出している人が多いけど、東京向きってあるよね。  

記事を読む

渋谷はなぜハロウィンで仮装一色になるのか?なぜ池袋や新宿はならないのか?

渋谷がハロウィンの仮装一色になるのはなぜなのだろうか?    

記事を読む

no image

小山恵吾さんの宇田川警備隊は多数の若者を自殺に追い込んでいた。

本来のチーマーは慶應、明治、明治学院、インターナショナルスクールなど名門私立に通う富裕層の子息たちの

記事を読む

楽天三木谷社長は小学校から高校2年まで通知表は5段階評価で2と3しかなかった。中学時代は父親の財布からお金を盗みタバコを吸いパチンコ、麻雀、競馬にのめり込む不良だった。

楽天社長三木谷さんの名言。     「子供の頃からよく

記事を読む

no image

日経新聞が素晴らしい記事。雇用は増えたが生産性・賃金低いサービス業に集中

雇用は増えたが… 生産性・賃金低いサービス業に集中 https://www.nikkei.co

記事を読む

no image

大関真悟さん、関東連合の西山さん、タロちゃんが前澤ファンドの前澤に怒りをあらわす。

大関真悟さん、関東連合の西山さん、タロちゃんが前澤ファンドの前澤に怒りをあらわしていました。

記事を読む

no image

青森駅前の再開発失敗。海産市場を潰してアウガを作ったのは失敗だった。

西武も逃げ出した青森駅前再開発ビルの今 https://t.co/2gYSVWHgJL #日経ビ

記事を読む

no image

大東建託のブラックさ。過酷ノルマと罰金。

  2年間アパート契約取れないとクビ、入社後1年間契約取れなかったら月給6万

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ