ATMから18億円を不正に引き出した事件の指示役のトップJの井上勇(実話ナックルズ)

「偽造カードに書き込まれていたのは、南アフリカにあるスタンダード銀行の顧客口座の情報だった。

 

引き出されたのは総額18億円。

 

海外の銀行を標的にし、銀行のセキュリティーシステムが本格的に稼働する前の早朝の時間帯を狙う等、考え尽くされた犯行だ。指示系統もはっきりとせず、一時は迷宮入りも囁かれた事件だった」。

 

捜査員の一人がこう振り返る犯罪史に残る事件は、一人の男の主導によって仕組まれた。

 

「何だこの野郎!」――。

 

地上からせり上がり、JRの線路に沿ってへばりつくように立つ宮下公園には、男たちの怒声と乾いた打撃音が響いていた。

 

エンジニアブーツとゴローズのフェザーを誇らしげに纏ったチーマーたちが闊歩した1990年代の渋谷ではありふれた風景。

 

ただ、対時する5人を圧倒的な暴力でうちのめした男の姿は、トラブルが日常の街の中でも一際異彩を放っていた。

 

男の名は井上勇。

 

5人をのした後、腫れ上がった顔のまま平然とスケボーに興じる様は、まるで映画のワンシーンを切り取ったかのように、兎に角、格好良かった。

 

現場に立ち会った者は、大立ち回りを演じた後の井上のあどけない表情を覚えている。

 

「目だよ目。目がキラキラしているんだよ」。

 

それから20年以上の時が流れた。

 

チーマー、カラーギャング、ギャル男と、渋谷の“顔”は変わり続けたが、ストリートで名を馳せた童顔の喧嘩番長は、その後もアンダーグラウンドの階段を上り続けていた。

 

今から十数年前の年の瀬。

 

いかつい風貌の男たちが、ある投資家の男性の元を訪れた。

 

高級そうなスーツを着てはいるが、隠しようのない不穏な気配を漂わせる一団は、銀座の小奇麗なオフィスには如何にもミスマッチだった。

 

CEOの肩書きが印字された名刺を差し出した“童顔の男”について、男性は懐かしそうに振り返った。

 

「『可愛い顔をしているな』というのが第一印象だった。

 

如何にもな連中の中にいたから、とりわけ目立ったんだよな」。井上はその頃、複数の会社の代表を務める一端の青年実業家になっていた。

 

世にいう五菱会事件で、警察当局による闇金融の集中取り締まりが始まる前夜。

 

金融不況の真っ只中でもがく表経済を尻目に、裏経済は拡大の一途を辿っていた。

 

合法と非合法のタイトロープを躊躇なく渡るグレーな連中の頭上には、カネの雨が降った。

 

井上も、細い綱の上を脇目もふらず爆走する一人だった。

 

「若い女を、暇を持て余した金持ちたちにあてがうデートクラブで荒稼ぎしていた」(事情を知る関係者)。

 

しかし、そんな白日夢にも終幕は近付いていた。

 

隆盛を極めた闇金融は国家権力によって息の根を止められ、時代はグレーな世界で生きる回遊魚たちに、表経済の“清流”か、裏経済の“濁流”かの二者択一を迫っていた。井上は、そんな時代の趨勢を敏感に嗅ぎとっていた。

 

金融業界のみならず、警察にも顔が利く投資家を頼ったのには、ある思惑があった。

 

「井上には闇金融をやっている兄貴がいた。その兄貴が闇金融からサラ金に鞍替えしようとしていて、相談に来たんだ」。

 

しかし、“清流”は井上の肌には合わなかったらしい。

 

表経済との接点だった投資家とはいつしか関係が切れ、井上は再び深海に身を投じた。

 

虚々実々のやり取りで富を生み出すアウトローたちにとって、虚像を売り歩く芸能の世界の住人は共生し易い存在だ。

 

井上もその例外ではなく、いつからか音楽業界の大物たちの知己を得るようになっていた。

 

大手レコード会社の重役たちと危ない遊びに興じることもあったという。

 

「クラブのVIPルームに呼ばれては、一緒にドラッグをやってぶっ飛んでいたという話はよく聞いた」。

 

そうした交際の過程で、大物ミュージシャンが絡む金銭トラブルに巻き込まれ、その名が取り沙汰されたこともあった。

 

だが、東京の闇人脈で、井上勇の名前は変わらぬ“ブランド”であり続けた。

 

その一方、時期を前後してアンダーグランドの世界で存在感を高めていったのが、あの『関東連合』だ。

 

両者を結び付ける噂は多いが、井上を古くから知る知人は言う。

 

「フィリピン逃亡中の見立(真一容疑者)を始めとして、杉並区や世田谷区出身者が大半を占める関東連合OBの列に井上を加えるヤツがいるが、違うよ。井上は渋谷のチームにいたことはあったが、関東連合に入っていたことは一度もなかった。勿論、仕事や何かで絡みはあっただろうが、メンバーだったことはないよ」。

 

報道も情報のミスリードを助長した。ATM事件の首謀者として指名手配され、マスコミ各社が実名を報じた時の肩書きは、一様に“関東連合元メンバー”だった。

 

だが、実像は違う。「井上は若い時からどこかのグループに所属してきたことは一切ない。

 

ヤクザと一緒にシノギをすることもあったが、どこの組の看板も背負うことはなかった」。

 

井上は、一匹狼であることにある種の美学を抱いていたのかもしれない。

 

だが、その“禁”はあるきっかけで破られることになる。

 

ATM事件である。

 

「井上はあのシノギに賭けていた。生涯の大勝負という意識もあったのかもしれない」。

 

井上が事件の計画を練り始めたのは、2015年頃のことだったという。

 

事件の全容を知るという組織の関係者が声を潜めて言う。

 

「実は、あの金の原資は、外国人投資家のマネロンでだぶついた資金だった。謂わば表に出ちゃいけないカネ。全部で40億円あり、22億円は香港に、残りの18億円を南アフリカに振り分けた。其々の銀行が所有する休眠口座を使った」。

 

後ろ暗い事情が絡む資金だとしても、18億円はあまりにも巨額だ。

 

当局の監視の目をかいくぐり、資金を引き出す為には、緻密なプランと多くの人手が不可欠なビッグビジネスだった。

 

井上は、このシノギを成功に導く為の突破口として、暴力団の掟とネットワークを頼った。

 

「ヤクザが最も警戒するのは、暴対法による使用者責任の縛りだ。擬制の親子である彼らにとって、自分の罪で親に累が及ぶことは絶対の禁忌だ。だから、たとえパクられても、上まで捜査の手が伸びるようなことはしない。出し子や指示役まで全てヤクザで固めれば、捲れることはないと踏んだんだ。そして、ある組織の盃を受けることになった。それもこれも、シノギを成功させる為だ」。

 

井上が持ち込んだシノギには、400人ものヤクザとその後輩筋の周辺者が関わったという。

 

事件は大きく報じられ、各地で逮捕者が相次いだが、目論み通り、井上にまで捜査の手が伸びることはなかった。

 

選択は吉と出たかに見えた。

 

「躓きは意外な所からだった。井上の配下でATMの件に関わったヤクザが、千葉県警に別件の金塊強奪事件でパクられ、突き上げ捜査でATMの件も捲れて、そこから一気にトップの井上までいった」

 

井上は2月4日、横浜市内の潜伏先のマンションで福岡県警に身柄を確保された。

 

1月28日に公開手配となってから、僅か1週間あまりでの逮捕劇だった。

 

「抑々、井上にこの話を持ち込んだのは、莫大な資金力を背景に複数の組織にパイプを持つ大物フィクサー。今回の事件でも大金を手にしたと言われているが、捜査線上には一切浮かんでこなかった。井上が手配されてから逮捕まであまりにも早かっただけに、一部では『ハメられたんじゃないか?』という声も上がっている」。

 

億単位のカネを不正に手にした本当の黒幕は誰なのか? その正体は井上しか知らない――。

 

(実話ナックルズ2019年4月号)




関連記事

no image

タトゥー(刺青)施術は医療。彫師に有罪判決。

タトゥー施術は医療。彫師に有罪判決。 https://www.nikkei.com/artic

記事を読む

no image

6代目山口組心腹会会長の小林良法を私電磁的記録不正作出で逮捕(JRT四国放送)

徳島県警は暴力団組員であることを隠して国際送金サービスに登録したなどとして私電磁的記録不正作出、同供

記事を読む

no image

弘道会の司忍組長たちが千葉県富里市で行われた住吉会会長の関功さんの葬儀に出席(フライデー)

八重洲口には六代目山口組の竹内照明若頭補佐が、少し前から待機していた。   司

記事を読む

no image

有名アウトローは元サッカー部がめちゃくちゃ多い謎。

有名アウトローは元サッカー部がめちゃくちゃ多いです。   関東連合は柴田さんが

記事を読む

no image

共政会播真組幹部の山田裕司を恐喝の疑いで逮捕(広島テレビ)

恐喝の疑いで13日指定暴力団共政会の幹部が逮捕された。   警察は、組事務所を

記事を読む

極東会5代目会長の松山眞一さんと豊島区長の深い繋がり(週刊フラッシュ)

「“姐さん”は、通夜と告別式には警察や報道陣がいたので参列しませんでしたが、火葬場に現われると、遺骨

記事を読む

no image

神戸山口組の侠友会の寺岡修会長を新横浜駅で見送りする稲川会。

神戸山口組の侠友会の寺岡修会長を新横浜駅で見送りする稲川会。   (宅建太郎さ

記事を読む

no image

6代目山口組大同会組長の森尾卯太男と大同会三代統龍会会長の田原靖士が銃刀法違反で逮捕(BSS山陰放送)

けん銃3丁などを所持したとして、六代目山口組幹部の男らが逮捕されました。  

記事を読む

no image

高齢者から3億円以上を騙し取ったとして岡山市の川崎農を逮捕(イット)

警察官の指示に小さくうなずいて返事をし、カメラの方へ顔を向けた男。   岡山

記事を読む

no image

江東区に住む姉ヶ崎会幹部が緊急小口資金を申し込んだとして逮捕(TBS)

新型コロナの影響で収入が減少した世帯への貸付金をだまし取ったとして、暴力団幹部の男が逮捕されました。

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ