松本清張が故郷の小倉を嫌いだったのはわかる気がします。

公開日: : 日記

俺のだんとつ一番好きな作家は松本清張です。

 

小倉にある松本清張記念館めっちゃ行きたいですね!

 

だけど松本清張は小倉のこと嫌いだったらしいですねw

 

松本清張が北九州の印刷会社で働いてた時の苦悩とかが小説で書かれてましたね。

 

北九州は荒くれ者の街だから繊細な松本清張は馴染めなかったのかもしれませんね。




関連記事

no image

AI(人工知能)

今日もライン@から相談ラインが来ていたので答えていたら、「AIですか?」と聞かれました。 &n

記事を読む

no image

中央林間に毎晩深夜、尾崎豊の「僕が僕であるために」を熱唱してる人がいる。

中央林間に毎晩深夜、尾崎豊の「僕が僕であるために」を熱唱してる人がいる。  

記事を読む

no image

アイスチャイ

いつも一人で行く近所のインドカレー屋が、いくたびにアイスチャイを何も言わずサービスしてくれるようにな

記事を読む

no image

塚田農場良いですね。

昨日初めて塚田農場に行きましたが、焼き鶏や辛い鳥の空揚げ、ポテトフライ、刺身、魚のアヒージョ、卵の明

記事を読む

no image

花田歳彦ってライターは本当に失礼!話を聞く気も理解力もない。

花田歳彦ってライターは本当に失礼!   本当に腹がたつ。  

記事を読む

no image

プルデンシャルの「金こそ正義!」という圧倒的強さ。

京都の烏丸御池でのプルデンシャルの方との講演会、勉強会に行ってきました。  

記事を読む

no image

新世界の串カツに行きました。

新世界の串カツ屋「じゃんじゃん」に行きました。   通天閣のすぐ近くにある串カ

記事を読む

no image

ギャングのウサギのアニメ「ウサビッチ」がめっちゃ面白い!

最近児童施設で子どもたちが「ウサビッチ」っていうアニメずっと見てるから俺もめっちゃはまってもうたw

記事を読む

no image

世田谷文学館の岡崎京子展に行ってきました。

世田谷文学館の岡崎京子展に行って思ったのは、40代?くらいのバブルの頃に青春時代を過ごしたような女性

記事を読む

no image

凄い美人だから幸せというわけではない。

白石麻衣と激似の凄い美人の知り合いがいるけど、毎日「死にたい、死にたい」と言ってるので美人だから幸せ

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ