発達障害・精神障害・言語障害、ひきこもりは治ります。治し方について書きます。

公開日: : 最終更新日:2020/02/08 教育, 発達障害, 福祉, 精神障害, 言語障害

発達障害・精神障害・言語障害は治ります。

 

私は神奈川県のことばの教室というところで市内全域から言語障害、発達障害、精神障害、コミュニケーション障害の若者たち、子供たちが教室に通級に来てそれを治すという仕事をしていました。

 

そこで現に多くの若者たち、子供たちを治すことに成功してきました。

 

障害が治るとことばの教室は退級、卒業になります。

 

言語障害(緘黙・場面緘黙・言語発達遅滞・吃音・構音障害など)はほぼ100パーセント治ります。

 

発達障害・精神障害は脳の機能障害でもあるので完全にはもちろん治りませんが、症状をかなり改善することは可能です。

 

これを言うと西洋医学や医者に洗脳されている人たちが、発達障害や精神障害は先天的な脳の異常だから治るわけないとか反論してきます。

 

それは西洋医学では治らないというだけの話です。

 

まず発達障害・精神障害・鬱は精神科医が出すクスリでは絶対に治りません。

https://daiwaryu1121.com/post-26308/

 

治らないどころか余計に酷くなるだけです。

 

あとこういう人たちは治す気がない人たちだと思います。。

 

発達障害や精神障害は治らないんだ!と諦めてる人たちですね。。

 

精神科は診断を貰いにいくところだと思ってください。

 

精神科の出すクスリの副作用で人格変容を起こしてしまい殺人鬼になってしまったなんていう例はたくさんあります。

 

発達障害も精神障害も言語障害も治し方は同じです。

 

なぜなら発達障害も精神障害も言語障害も発生する原因は同じだからです。

 

なぜ発達障害、精神障害、言語障害になるかというと自然分娩ではない方法で生まれたからです。

https://daiwaryu1121.com/post-29272/

 

現場の調査ですでに発達障害、精神障害、言語障害の人は出産時に自然分娩ではない方法で出産させられたり、難産だったり、逆子だったり、へその緒が首に巻き付いていたり何かしかの問題があった人たちだと明らかになっています。

 

高齢者や団塊の世代の人たちになぜ発達障害、精神障害が少ないかというと自然分娩ではない方法での出産が少なかったからです。

 

そういう子たちは死産、流産となっていました。

 

しかし現在は医療の進歩などもあり、高齢者の世代のときなら死産になっていた子たちが生存するようになり、その結果の副作用として発達障害、精神障害、言語障害が生まれてきているのです。

 

ではどうやって発達障害、精神障害、言語障害を治せばいいのか?

 

それは出産時に立ち戻ってそこからやり直すことなのです。

 

帝王切開で生まれてきた子であれば産道から子宮の締め付けを通っていないので、それと似たような狭い空間で締め付けられるような体験を味わわせることですね。

 

また這いずり、ハイハイも非常に効果的です。

 

ハイハイをすることによって体幹、リズム感覚、コミュニケーション能力を養うことができるのです。

 

最近ネット上、ツイッターでハイハイをすれば発達障害が治るというツイートが炎上していましたが、言ってることは正しいです。

 

ハイハイは発達障害、精神障害を治す重要な一つであることは確かだからです。

 

ただハイハイだけでは治りません。

 

また発達障害、精神障害、言語障害の人たちは長年の緊張により体の一部分が極端に固まっています。

 

まず体のどの部分が固まっているかを把握して、その部分をピンポイントで緩めるようにすれば言語障害は一瞬で治ります。

 

発達障害、精神障害もかなり改善することができます。

 

緩め方は動作法、トリガーポイントマッサージ、気功を使ってやるといいと思います。

 

キリスト教のイエス様が行った「手当て」というのもこのやり方と同じだと思います。

 

また体の歪みを治すことも言語障害、発達障害、精神障害では非常に重要です。

 

これは腕の良い整体に通うなどするのがいいですね。

 

あとは体を鍛えることと体を柔らかくすることです。

 

体を鍛えるのは体幹トレーニング、腹筋、背筋、腕立てふせ、懸垂、ランニングなどがいいですね。

 

誤解してほしくないのは筋トレだけをやるのは余計に緊張して固まっている筋肉を固めてしまうのでマイナスです。

 

まず動作法、トリガーポイントマッサージ、気功などにより固まっている個所、体全体を緩めたあとにやる必要があります。

 

筋トレをすれば発達障害が治るは大間違いですので誤読しないでください。

 

体を柔らかくするのはストレッチをやりましょう。

 

構音障害、吃音などは舌圧子などを使って治そうとする人がいますがそれは間違いです。

 

人間の体というのは部分、部分ごとに枝分かれしてできているわけではなくて、全体の流れの中でできているので構音障害、吃音だから舌を治そう、触ろうとするのは間違いなのです。

 

人間の体全体に働きかけて治すということが必要なのです。

 

発達障害、精神障害、コミュニケーション障害もSST(ソーシャルスキルトレーニング)やビジョントレーニング、WISC、WAISの落ちている部分を治そうとしたりするのは間違いです。

 

それも部分にこだわって治そうとしていることであって、そもそもの体全体を治すことなしにSSTをやっても無意味なのです。

 

それと食事も重要です。

 

マックなどジャンクフードばかり食べていては治りません。

 

できるだけ自然のもの、オーガニックなもの、自炊したものを食べてください。

 

野菜も取りましょう。

 

また料理を1から最後まで自分で作ることは言語障害、発達障害、精神障害の治療に非常に効果的です。

 

一つ一つの手順、スモールステップで大きな目標にたどり着く、先を見通す料理はまさに発達障害、精神障害を治すのにうってつけなのです。

 

上記のことをやれば発達障害、精神障害、言語障害はほぼ100パーセント治ります。

 

ひきこもりも、ほとんどが発達障害、精神障害を抱えていることが明らかになっています。

 

ひきこもりも上記のことをやればほぼ治ります。




関連記事

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)が手厚い補助金で急増。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)が手厚い補助金で急増 https://www.nikkei

記事を読む

no image

コロナウイルス対策

コロナウイルスにアルコールが効くということを聞いて歩きながらストロングゼロやワンカップ大関を飲んでる

記事を読む

no image

日本人の美人・イケメンという価値基準も戦後アメリカにより無意識に洗脳されたもの。

いま世の中で美人、イケメンといわれているものでさえ、アメリカの占領政策によって洗脳されてるものなんで

記事を読む

no image

眞子様もヘンリー王子を見習って皇族から離脱してアメリカあたりで小室圭さんと幸せに暮らしましょう!

眞子様もヘンリー王子を見習って皇族から離脱してアメリカあたりで小室圭さんと幸せに暮らしましょう!

記事を読む

no image

障害者就労継続支援事業所「グラスト」が障害者に盗品を磨かせていて逮捕。

神戸市長田区で障害者就労継続支援事業所「グラスト」(定員20人)を運営。  

記事を読む

no image

支援者、相談者、ソーシャルワーカーは常に「ヒマ」でないといけない。

支援者、相談者(ソーシャルワーカー)たるもの常に「ヒマ」でないといけないのです。  

記事を読む

no image

いじめ、不登校政策の大きな問題は被害者の学校の転校が教育委員会に認められないこと。

いじめ、不登校政策の大きな問題は被害者の学校の転校が教育委員会に認められないことです。 &nb

記事を読む

no image

大阪市生野区が子供、若者がいないことから小学校が12校から4校に。中学校が6校から4校に縮小。大阪市は3区以外は子供、若者が全くいない。

大阪市生野区が子供、若者が全くいないことから小学校が12校から4校に、中学校が6校から4校に統廃合し

記事を読む

慶応大学理工学部教授の白鳥世明(せいめい)(56)が下着泥棒で逮捕!(朝日新聞)

女性の下着を盗んだとして、千葉県警市川署は17日、同県市川市大洲4丁目、大学教員の白鳥世明(せいめい

記事を読む

no image

国際通貨基金(IMF)が新型コロナウイルスによる肺炎感染の拡大により消費税を15パーセントに引き上げるよう勧告(時事通信)

国際通貨基金(IMF)は10日公表した日本経済に関する年次審査報告書に関し、新型コロナウイルスによる

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数