精神障害者を小屋に閉じ込め。闇に埋もれた私宅監置。(朝日新聞)

公開日: : 政治, 発達障害, 社会, 福祉, 精神障害

コンクリート造りで広さは5平方メートル。窓はなく、小屋の中と外をつなぐのは、壁に開けられた直径10センチ程度の穴五つと、食事の出し入れ口、そして排泄物(はいせつぶつ)を流し出す溝だけだ。

 

出入り口は鉄の扉で閉ざされていたという。

 

精神障害があった富俊さんは、自宅敷地内に建てられたこの小屋に13年間閉じ込められていた。

 

 

富俊さんが閉じ込められていた小屋。

 

1950年代から60年代にかけてのことだ。

 

当時は合法だった。

 

「私宅監置」という制度で、日本本土では1950年まで、戦後米国統治下にあった沖縄では72年まで続いた。

 

制度の廃止が遅かった沖縄には今も、かつて使われていた小屋が残る。

 

富俊さんが閉じ込められた小屋は沖縄本島の北部にある。

 

母屋からは10メートルほど離れ、さびた扉が小屋にもたれるように転がっていた。

 

小屋に入ると、壁の穴を通して入る光はわずかで内部は暗い。

 

穴から外をのぞくと見えたのは草と木だけだった。

 

小屋を作った男性(92)に話を聞くことができた。

 

富俊さんが大工をしていた頃の先輩だ。

 

ある時、富俊さんが包丁を持って歩き回り、警察沙汰になった。

 

男性は警察から依頼された通りに木製の小屋を作ったが、富俊さんが小屋を壊したため、コンクリートで作り直したという。

 

富俊さんは入ることに抵抗したが、男性が「みなに迷惑がかかっている。ここで静養しなさい」と言うと従った。様子を見に行くと「寂しいから出して」と言われた。

 

かわいそうに思ったが出せなかったという。

 

富俊さんの弟(74)にも会えた。弟は、監置前は母親のえりをつかみ、揺すっていた姿を覚えていた。小屋に閉じ込めてからは話すことはなくなり、食事は母親が運んだ。母屋に叫び声が聞こえてくることもあり、「かわいそうだったが、8歳くらいの私には何もできなかった。近所にも同じような小屋があり、普通だと思うようになった」

 

私宅監置は、家族が申請し行政の許可を得る仕組みだ。富俊さんもその手続きで「治安維持のために監置が必要」とされ、合法的に閉じ込められた。

 

小屋での13年を経て、富俊さんは病院に入院。

 

退院後は自宅や高齢者施設で暮らし、2017年に89歳で亡くなった。

 

「医制八十年史」(旧厚生省発行)によると、1935年には全国で7千人超が監禁されていた。

 

私宅監置に詳しい愛知県立大学の橋本明教授によると、申請理由の多くが治安維持や近所迷惑だったという。

 

「ただ、監禁された人たちの具体的な様子を記録した資料はほとんどなく、語ることも避けられてきた」(橋本教授)

 

こうしたなか、「何もしなければ当事者たちの尊厳が失われたままになってしまう。歴史の闇に消えてしまう」と危機感を募らせた人たちが、小屋の保存と私宅監置の歴史の継承に動き始めた。

 

そのひとりが、沖縄在住でフリーランスのテレビディレクター原義和さん(49)だ。

 

最初は県内で関係者に話を聞こうとしても、「なぜ過去の恥を」と反発されたが、徐々に口を開いてくれる人たちが現れたという。

 

当事者の家族や、私宅監置に関わったことを今も悔やむ元保健所職員。そうした人たちが、かつてのことを振り返りつつ、投げかける。

 

「障害者を排除する風潮は、過去のことなのでしょうか」(山本恭介)

 

(朝日新聞より引用)

 

これは今は私宅監置が精神病院に置き換わっただけで、今も続いている問題ですね。

 

精神病院に入れられて縛り付けられてクスリ漬けにされて出られないなんていう人が多くいます。

 

これを見てもわかるように地域の絆とか、地域の繋がりが強ければ生きやすいなんてウソですね。

 

地域の繋がりが強かったこの時代に私宅監置のような人権無視、排除が行われていたんですから。

 

はっきり言って地域の絆が強い、地域の繋がりが強い社会は異質なものを排除する社会と同じですよ。

 

地域の繋がりを強めようとか、地域社会とか言ってる人には要注意です。




関連記事

no image

関東と関西の鉄道について

関東にいて、電車を利用していて思うのは、本当よく乗り入れしていくなーということです。 &nbs

記事を読む

no image

部落解放同盟がアメトークの西成高校の元生徒の芸人が語ったことに抗議!

部落解放同盟の部落解放大阪府民共闘会議や大阪府教育委員会、西成高校がアメトークの高校中退芸人の西成高

記事を読む

no image

自民党衆議院議員中川昭一さんはアメリカCIAに殺されたか。

2009年2月14日のG7財務大臣・中央銀行総裁会議で中川昭一さんは何者かにお酒とクスリを飲まされて

記事を読む

関東の工藤会といえば有名なのが表参道、南青山などですね。

【裏社会】五代目工藤會が首都圏でファッション業界に進出か http://n-knuckles

記事を読む

no image

ちょっとかわいい子はすぐに調子に乗らせるような装置となっている街東京。

都内のキャバ嬢たちは地方から芸能人に会えるとミーハー心で来る子が多い。   実

記事を読む

no image

アメリカではほとんどの人はテレビや新聞などマスメディアは見ていない。アメリカではほとんどユーチューブやサイト、ブログを見ている。日本も一部の人はその流れに。

日本でも最近になってようやく若者のテレビ離れ、新聞離れと言われていますが、アメリカではとっくの昔から

記事を読む

六本木事件簿2 セキュリティは命がけ!

六本木事件簿第二弾!   場所はジュマンジ前。   セキ

記事を読む

no image

ラインのタイムライン見ていると、都内のキャバ嬢の病んだので地元帰りますというコメントが結構ある。

ラインのタイムライン見ていると、年末に六本木や歌舞伎町に飲みに行ったときについた女の子が病んだので地

記事を読む

no image

夜回り先生こと水谷修先生が大の公明党支持者だった。

  夜回り先生こと水谷修先生はこんなに公明党支持者だったんですね!

記事を読む

投資家ジム・ロジャーズ「30年後の日本は借金と少子化で犯罪大国になる。私が10歳の日本人だったらAK47を購入する」

投資家ジム・ロジャーズ「30年後の日本は借金と少子化で犯罪大国になる。私が10歳の日本人だったらAK

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、帰国子女を中心に女性・男性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の相談、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    電話=080-3799-3208

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」協力

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数