美容整形は笑気麻酔よりも局部(局所)麻酔を選びましょう!

公開日: : 美容・健康・青汁, 美容整形・脱毛

 

笑気麻酔は一見良いように感じますが実態は全くきかないので手術中死ぬほど痛い、激痛に見舞われるということがあるそうです。

 

なので美容整形をやる場合は局部(局所)麻酔のあるところを選ぶようにした方がいいと思いますね。

 

笑気麻酔のところはやめましょう。




関連記事

アパレル崩壊。アパレル産業の総ブラック化。

読売新聞でアパレル産業のブラック化について連載が始まっています。   日経BP

記事を読む

二重整形後のダウンタイム中のお勧めの処置。

二重整形(埋没や切開)後のダウンタイム中のお勧めの処置を紹介します。   まず

記事を読む

no image

高須のかっちゃんが小顔矯正や美肌注射を一刀両断。

高須院長が流行の美容法を一刀両断しています。    

記事を読む

AKBの子や乃木坂の子が高須なのは暗黙の了解ですね。

    AKBの子や乃木坂の子が高須なのは暗黙の了解

記事を読む

これで二重にならない人はいない一番オススメのアイプチ糊

  これで二重にならない人はないというくらい頑丈なアイプチ糊だそうです。

記事を読む

女子中高生の50パーセントは韓国のブランドのファッションをしている。

読売新聞の朝刊に載っていましたが、女子中高生の50パーセントは韓国のブランドのファッションをしている

記事を読む

no image

静脈麻酔は非常に怖い。死の危険がある。

    静脈麻酔は患者側からすると楽で痛くない最先端

記事を読む

鼻が高い人が美人ではない。鼻が低い美人もいる。

  確かに本田真凛ちゃんとか美人だけど鼻は高くないし、むしろ低いですよね。

記事を読む

美容アカや美容整形アカの方が左右対称にこだわるのは間違っている。

高須院長が綾瀬はるかさんや武井咲さんは左右非対称の美人と言っていましたが、こうやってみるとそうですね

記事を読む

no image

美容整形は万能の最強兵器ではありませんよ!

「整形をすれば~のキャバクラ・ラウンジ・クラブに受かりますか?」、「整形すれば美人になれますか?」と

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、帰国子女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の相談、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」協力

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数