俺のNPO活動に時代がようやく追いついてきたのかもしれない。

公開日: : 最終更新日:2017/05/12 NPO

今女性を幸せにするためにNPOだいわピュアラブセーフティネットをやっています。

 

そこには日々多くの女性からの相談があります。

 

活動としてはホームページから相談援助やアウトリーチを行い、支援が必要な女性には行政などの支援機関につないだり就労支援や不動産の住宅支援をしたりしています。

 

住宅がない場合はこちらで住宅を用意する女性のための住宅支援も行っています。

 

俺の活動の狙いや考えは日々ブログに書いてるのですが、そこには女性以外にもいろいろな方から連絡があります。

 

内閣府で女性の男女共同参画などに関わっている方や国連で支援を行っている方、NHKで女性の貧困や貧困の連鎖についての取材を行っている方、ライターの方など。

 

教師では学校の中の子たち、いわゆるレールにのっている子しか救えないと思い、教師をやめてNPOを始めたのが3年前。

 

当時それを言うと周囲からは夜の女性なんて昼の女性と違って収入もあるし、風俗嬢なんて稼ぎ凄いよね!キャバ嬢なんて楽して稼いでる女でしょ!そんな子をなんで支援するの?意味不明なんだけどと言われることが多くありました。

 

ただ最近のNHKで取り上げられた女性の貧困や子どもへの貧困の連鎖の問題、厚木から発覚した所在不明児童の存在、女性の生活保護の捕捉率の低さなどの最悪な環境などがようやく世間に少しずつ認知されてきているように感じます。

 

そこの最前線にいる女性と一番接触する機会が多いのが常にそういった女性の相談援助をしている者なわけです。

 

だから最近になってNHKの人や国連の人、内閣府の人たちが、俺に接触してくるのだと思います。

 

ようやく一部の人が日本に困っている女性がいるということを気づき始めた状況だと思います。

 

今流行りの「子どもの貧困」も本質的には親である女性の貧困が原因です。

 

子どもが貧困になるわけがありませんから。。

 

だけど9割の日本の人たちは、国内に困っている女性が大勢いるということを知ることすらない状況です。

 

最近になってNHKが女性の貧困とか貧困の連鎖とか取り上げ始めたのも遅すぎるくらいだと思います。

 

女性は戦後一貫して非正規であり辛い立場に置かれてきました。

 

時代の方がようやく追いついてきたのかなという気がしています。




関連記事

no image

仁藤さんとシールズ奥田さんと牧師。。

なんか、繋がってんじゃない? 「SEALDs」の奥田愛基の父親、奥田知志は「日本バプテスト同盟(

記事を読む

no image

自分に都合の悪い情報は全て訴訟恫喝で消させていく駒崎弘樹。まるで中国やロシアの共産圏ですね。

児童福祉に関わる人で,明治の時代に孤児たちを救った石井十次と自らを同じフェーズに置けるとは,さす

記事を読む

no image

NPOだいわピュアラブセーフティネットへの講演・執筆・お仕事のご依頼

NPOだいわピュアラブセーフティネットへの講演・執筆・お仕事のご依頼ありましたら気軽にご連絡ください

記事を読む

また朝日新聞が吉田調書に続いてデタラメ記事を書いています。いつから朝日新聞は「弱者の味方」から「詐欺師の味方」になったのかな?

また朝日新聞がマイナンバーのでたらめ記事を載せてます。   ホステスの副業が

記事を読む

no image

駒崎弘樹、NPOフローレンスとの保育士を低賃金でこき使うな!裁判は第三回が終わりました。

駒崎弘樹、NPOフローレンスとの保育士を低賃金でこき使うな!裁判は第三回が終わりました。 &

記事を読む

no image

真にJKビジネスから女子高生を助けだそうとするならば、日本の閉鎖性、慣習、システムすべてかえてから!

重要なことは、仁藤さんのJKビジネス支援は、当該のJKたちにとってうざかられるものであれ、一切の何の

記事を読む

no image

駒崎弘樹及び認定NPO法人フローレンスとの保育士を手取り14万でこき使うな裁判の裁判経過やフローレンス利用者たちへの訴訟恫喝などを共同通信に送付

駒崎弘樹及び認定NPO法人フローレンスとの保育士を手取り14万でこき使うな裁判の裁判経過やフローレン

記事を読む

no image

少女を児童養護施設や児童相談所、昼の世界につなげることが支援ではない!!

NPO法人BONDの橘さんやcolaboの仁藤さんに違和感があるのは、少女への認識の誤りもあるけど、

記事を読む

no image

性風俗を合法化して警察やスカウトマンが一丸となって社会に包摂していくということが必要だと思う。

鈴木大介さんの「最貧困女子」にもあったように、性風俗の問題を解決するには、性風俗自体の合法化しかない

記事を読む

認定NPO法人フローレンスの代表の駒崎弘樹氏の住む高級タワーマンションアパートメンツタワー勝どき。

認定NPO法人フローレンスの代表の駒崎弘樹氏の住む高級タワーマンションアパートメンツタワー勝どき。

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数