教師を辞めて、本当に困っている子たちの力になれる仕事ができてとても満足しています。

公開日: : 最終更新日:2015/12/07 NPO, 女性, 少女, 教育, 社会, 自己紹介, 若者

今のNPOの仕事って困っている女の子ひとりひとりとじっくり向き合って、その子のことを考えた仕事をすることができる、 こんな良い仕事ないな!と思います。

 

教師時代、ひとりひとりと向き合いたくても学校システムの歪み、不備、慣習からどうしても見捨てざるをえないケースが多くありました。

 

これは一般的に地域の中で「良い先生」と言われている先生でも、現状クラス経営全体のことを考えると、見捨てざるをえない生徒が必ず出て来ています。

 

また「良い先生」と言われている人たちが、いったい誰にとっての「良い先生」であるのかを考えないといけないと思います。

 

俺が神奈川県で俺が勤務していたところは、神奈川県の中でも有数の不良が集まる地域で、学校がというより土地柄もう昔からそういう土地のようなところでした。

 

まあ大阪もガラの悪い似たような土地だからそこでいいかなって思ったのかもしれませんね(笑)

 

ガラの悪い南大阪の中でも特にガラの悪い地域ですからね(笑)

 

地域の中で「良い先生」と言われている人たちは、クラスの中で誰に照準を合わせているのかというのがあります。

 

それは学力的に中の上から上の生徒ですね!

 

つまりマジョリティの層に合わせた学級経営をしているわけです。

 

これは文科省から委員会、学校の管理職、すべて中の上であるマジョリティに照準を合わせて、教員を指導監督しているわけです。

 

だから地域の中で「良い先生」と言われている先生は中の上から上に至るマジョリティ層の子どもや保護者からの受けがとてもいいわけです。

 

マジョリティの生徒からの受けが良いということは当然、管理職や委員会からの受けもとてもよくなります。

 

しかし、それはマイノリティである反社会的生徒と学校側からレッテルを張られてしまう生徒、家庭で様々な問題やストレスを抱えて学校に来る生徒、帰国子女の生徒、日系~世の生徒、難民の生徒そういった子どもたちを見捨てたうえで成り立っているものなのです。

 

その結果今学校で何が起きているのか?

 

浜松や愛知のブラジル人生徒はそういったいわゆる「良い先生」から見放され、学校を追い出され街にしか居場所を見つけることができなくなっています。

 

いわゆる「不就学」ということです。

 

そのとき「良い先生」は何をしたのか?

 

平気な顔でマジョリティの生徒のため!いう言い訳で見捨てています。

 

なぜならそちらの生徒にかまっていると、クラス運営が成り立たないし、マジョリティである中の上から上の層からクレームを学校側に入れられてしまい管理職及び委員会から目を付けられてしまうからです。

 

当然学校に行き場や居場所をなくした生徒たちは街にしか居場所がないから浜松の街や大泉、豊田、豊橋の街にたまることになるのです。

 

神奈川もどこも一緒です。

 

県央だろうが湘南だろうが平塚だろうがそう。 反社会的な生徒であるレッテルを張り、学校に来させないようにしています。

 

多数の生徒を守るためという口実にして。

 

江戸川区の葛西や王子、府中、横浜なども怒羅権が有名ですが、彼らも中国残留孤児の2世、3世として日本にやってきたマイノリティです。

 

日本へ夢を持ってやってきた彼らを日本の学校は一切受け入れることなく切り捨てました。

 

静岡、群馬、愛知のブラジル人たちがギャング化している!治安悪化が心配だ!と騒がれていますが、平気で彼らを学校から追い出して居場所を奪っておいて、街に繰り出すとギャングだ!と騒ぐ。

 

彼らがなぜ居場所をなくして街にいるのか?

 

なぜ学校を不就学にさせられているのか?

 

そこを本当よく考えた方がいいと思いますよ。

 

今の日本の学校は「困っている生徒」を切り捨てているところです。

 

本当に困っているマイノリティの生徒はどこにいるのか?

 

街にいます!

 

だから俺は街にいるマイノリティの子たちの少しでも助けになりたいと思いNPO代表になったのです!

 

そこで今少しでも困っている人たちの助けになれる仕事ができているので教師をやめてとても満足しています。

関連記事

no image

自分の容姿にマッチする街にいた方が高く評価してもらえる。

やっぱりその街に合う女性というのがある。   六本木の場合、背が高めの清楚美人

記事を読む

no image

お金は使ってこそ価値がある!

お金って大事だけど、貯金ばかりしていてもダメだと思う。   自分の趣味やした

記事を読む

no image

LVMHやシャネル、ブルガリなど海外ブランドにキャバ嬢から転職する子も多いです。

LVMHが仏紙パリジャン買収に向けて交渉していることが明らかに。メディア部門拡大へ http:/

記事を読む

no image

カジノが解禁されたらギャンブル依存の問題が発生するわけではないし、闇勢力の力が増すわけでもない!

最近どの新聞読んでもカジノ法案の審議入りが始まったことが載ってます。   カジ

記事を読む

no image

吉原のオートクチュール、ラテンクォーターが摘発!

9月11日吉原のオートクチュールとラテンクォーターが摘発されました。   系

記事を読む

no image

会員制ラウンジの方がキャバクラよりも冷たいし難しい。

高級ラウンジや会員制ラウンジがノルマなくてお酒飲まなくて客層良くて楽とか思ってたら大間違いだからね!

記事を読む

no image

イベント時に渋谷に集まる若者たちは、かつての若者の街「渋谷」の最後の残り灯かもしれませんね。

クリスマスの日もバカみたいに渋谷に若者が大量に集まってましたね。   ワール

記事を読む

no image

日本の過剰サービスと過剰サービスをデフォルトに考える消費者

前にアパレルやカフェやレストランでも接客が日本は海外に比べて丁寧すぎると書きました。 &nbs

記事を読む

no image

男性介護士はめちゃくちゃモテる!!結婚したい男性は介護士をやればいいと思う。

男性介護士は劣悪なブラックとか今いろいろ言われていますが、女性にはかなりモテるようです。 &n

記事を読む

no image

なぜ女性支援団体は数あれど肝心の若い女性からの相談は全く来ないのか??

京都で瀬戸内寂聴さんが全国の女性支援団体の代表を集めて会議をやりました。  

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」
    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数