事務でも飲食でも教師でもキャバ嬢でも風俗嬢でも都内>関東>地方の間には仕事レベルに大きな差がある

祇園や新地、ミナミ、錦、中洲でナンバーワンだってほんとよく来るんですが、都内からしたらだから何なのって感じになるわけです。

 

またそういう子はやけに大阪とか京都プライドが強くて関西弁でごり押しするんですね。

 

方言に関してはいろいろ意見があると思いますが、キャバクラなら基本は標準語で接客した方がいいと思います。

 

お客さんの中には関西弁が嫌いな人が結構います。

 

関西人ってどこ行っても関西弁使うよね!とかここ都内なんだから標準語使ったら?となるわけです。

 

慣れてきたら、お国の言葉を出すのもいいですが、基本的には標準語で接客した方がいいと思います。

 

都内はキャバクラもそうですが飲食店やカラオケなどの接客も地方よりも圧倒的にレベルが高いです!

 

六本木とかのカラオケ店員が流暢な英語で接客してたり、クソ忙しい渋谷の店員の働きぶりなどや銀座の気遣いもそうですね。

 

都内>関東>その他地方の間には仕事のレベルの差があると思います。

 

だから逆に都内から地方の場合は、仕事がやりやすく感じるケースが多いみたいです。

 

キャバクラでも最近、横浜プリンスにいた子で横浜プリンス時代はそんな目立った成績じゃなかった子が、大阪引っ越して大阪のオスカーで働きだしたらナンバーに入ったそうです。

 

その子は川崎の子なんだけど、梅田をとても気に入ったようで、梅田は川崎に似てるって言って大阪好きになってます(笑)

 

横浜プリンスや渋谷プリンスでもやってたんだけど、その時は美人だとか言われたことなかったのに、梅田ではしょっちゅう言われるそうです(笑)

 

俺が初めて渋谷のキャバクラに紹介した子も渋谷時代は目立った成績じゃなかったけど、地元の群馬ではナンバーワンになったそうです!

 

群馬では渋谷でやってたというと、おー!!と言われるそうです(笑)

 

他にも恵比寿から祇園行った子とかも成功してますね。

 

風俗にしてもそうです。

 

地方の高級店は渋谷の大衆店です。

 

渋谷の大衆店で真ん中くらいの成績の子も地方行くとすぐナンバーワンになります!

 

なぜなら接客レベル、容姿など地方と都内は比べ物にならないからですね。

 

地方から都内に進出する子に言いたいのは、どれだけ地方でナンバーワンで売上上げてようが、都内に来たら通用しないので一から都内の接客を勉強するって気持ちで来た方がいいです。

 

変にプライド持ってると、すぐに潰されてしまいます。。

関連記事

no image

なぜ会員制ラウンジが飽和状態の西麻布、恵比寿でお店が増え続け、銀座、六本木では存在感がないのか?

恵比寿にまた11月会員制ラウンジバレラがオープンしますね。   もう恵比寿はお

記事を読む

大阪の梅田が凄い!渋谷、新宿、池袋、六本木足したくらいの規模の繁華街が梅田!活気も凄い!

梅田のルクアにTSUTAYAが西日本初の進化型蔦屋書店出すんですね!   代官

記事を読む

no image

最近地回りはナンパも捕まえる時代

さっき渋谷で地回りが回ってて、最近スカウトが他から流れてきてるから、見ないスカウトやナンパしてるやつ

記事を読む

山口組分裂から竹中組復活や三島組復活など武闘派組織の復活が言われていますが、個人的には大阪の武闘派難波安組の復活が気になります!

山口組分裂から、竹中組や三島組の復活が言われています。   どちらも武闘派とし

記事を読む

no image

日本はむしろアジアインフラ投資銀行に積極的に参加した方がいいと思う。

麻生財務大臣は中国が主導して作ってるアジアインフラ投資銀行に不参加を表明して、アメリカ主導のアジア開

記事を読む

no image

芸能界は綺麗な世界ではありません。

芸能(アイドルやグラビア、モデルなど)やってる子からしょっちゅう相談電話がきます。 &nbs

記事を読む

no image

吉原のオートクチュール、ラテンクォーターが摘発!

9月11日吉原のオートクチュールとラテンクォーターが摘発されました。   系

記事を読む

銀座のホステスだから学歴がいるとか、知識がいるとか関係ない。

まず日本って1流企業でもどこでもまだまだ男社会的なところがある。   特に年配

記事を読む

no image

NPO(仲介者)の需要、存在意義について

大阪大学の特任准教授の神里達博先生が、技術の進化と音楽の進化の類似性について触れられていました。

記事を読む

no image

景気がよくなったからと言ってもう社員の給料は上がらない

アベノミクスで大手が業績を伸ばしてるのに賃上げに結びつかないのは、バブルの頃までと違って、内部留保を

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    TIME誌「女性の貧困について」
  • 友だち追加数