なぜ歌舞伎町から六本木に行ったけどまた歌舞伎町に戻る子が多いのか?

公開日: : 最終更新日:2015/11/28 キャバクラ・ラウンジ・クラブ, 六本木, 新宿

あとこれもさっき聞かれたので書いときますと、なぜ歌舞伎町から六本木に行ったけどまた歌舞伎町に戻る子が多いのか?

 

たとえばディアレストにいてビゼに行ったけど、またディアレスト戻るとかね。

 

アジアンクラブいてミュゼルバ行ったけどアジアンに戻るとかね。

 

これは確かに多いですね。

 

立花胡桃さんや一条葵さんなども一時六本木に行きましたが、すぐ歌舞伎町に戻りました。

 

六本木と新宿は一部のお店を除いて完全実力主義でやっているので、同じやる気がある子にとっては稼げるシステムだから行き来がしやすいということですね。

 

あとは本当に実力がある子にとったらやっぱり六本木よりも歌舞伎町の方が稼げます。

 

客数や客単価ではやはり歌舞伎町の方が高いです。

 

あと輩系やオラオラ系のお客さんが歌舞伎の方がさらに多いですね。

 

なんだかんだ一番お金を使うのはオラオラ系の人たちです。

 

六本木でも流行ってるミトスやフュージョンはオラオラに人気だからですね。

 

だから普通に歌舞伎町でバリバリやれてた子にとったら六本木は物足りなく感じちゃうんですね。

 

だから結局歌舞伎町に戻っちゃうということになります。

 

あとは女の子のカラーの問題ですね。

 

新宿だとそんなに身長高くなくてもいいし、オラオラが主要客層なんで金髪とかギャルが受けるわけですね。

 

六本木は黒か茶髪でメイクもおとなしめが受けます。

 

カラーが合わないということはありますね。

 

さらに今の六本木は当時の立花胡桃さんや一条葵さんが六本木行った頃よりもだいぶんと衰退してしまって、客単価から客入りも凄い落ち込んでいます。

 

なのにノルマや調整がきついので六本木に行くメリットというのがほとんどなくなっています。

 

歌舞伎がハイリスクハイリターンだとしたら、六本木はハイリスクローリターンになってしまっています。(かつてはハイリスクミドルリターンくらいだった)

関連記事

キャバ嬢やホステスの方はお客さんへのプレゼントに参考になると思います。

キャバ嬢やホステスの方でお客さんへのクリスマスプレゼントに参考になるかもです。  

記事を読む

no image

最近キャバクラに来る若い金持ちにスマホのアプリ開発してるという人が多い。

最近キャバクラ来る若い人でスマホのアプリ開発やってますって人多い気がする。  

記事を読む

no image

国が放棄した所得の再分配を行ってるのがヤクザ、キャバ嬢、風俗嬢。富裕層から取れるだけ取りましょう

今日の朝日新聞で1月1日から施行される相続税法改正について書いてあったけど、今の日本の相続税の低さに

記事を読む

no image

東京プリンスは大らかですごい寛大なんだけど、横浜プリンスはめちゃくちゃうるさいな。

東京プリンスは大らかですごい寛大なんだけど、横浜プリンスはめちゃくちゃうるさいな。  

記事を読む

夜の世界のイタズラ心がすごい好き!(笑)

北千住のキャバクラは、もう東京オリンピックのエンブレムをパクってるから金メダルあげたいよ! pi

記事を読む

会員制ラウンジは私服ですよと言いながら、結果的にキャバのワンピースドレスと同じような格好に(笑)

この辺も経営陣はほんとうまいなと思いますよね。   会員制ラウンジって私服OK

記事を読む

no image

必死に「負けないで」を歌う姿に日本の企業戦士たちのかっこよさを見た!

昨日のキャバクラほんと面白かった!!   サラリーマンの忘年会何組か入ってたん

記事を読む

no image

目黒のキャバクラ事情。目黒はプリンスの目黒ジェイクラブ一択!勢いがあります。

目黒のキャバクラ事情について書いておきます。   目黒や中目黒、恵比寿は渋谷に

記事を読む

no image

キャバクラは5軒行って1軒楽しかったら良い!当てもんみたいなもん。

これは客としての立場から言わせてもらうけど、たまにキャバクラ何軒か行ったくらいでキャバクラとか何が楽

記事を読む

no image

女の子もお店も綺麗だけどどこか冷たい高級店とアットホームで居心地良い古き良き昭和な大衆店。

大衆キャバクラって高級キャバクラ行くお客さんは来ないのか?っていうとそんなことないんですね。

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    TIME誌「女性の貧困について」
  • 友だち追加数