若い女性の方は、一刻も早く東京から地方都市に移り住んだ方が絶対良いと思います。。

公開日: : 最終更新日:2015/11/23 ギャル, マイルドヤンキー, 地方, 女性, 少女, 東京, 社会, 若者, 貧困

東京にいると、至る所から付き合ってて結婚すると思ってた男性がいて妊娠がわかったので告げたら、着信拒否されて逃げられたとか、すぐ堕ろせ!って言われたどうしようとか、ナンパされて中出しさせたら誰の子かわからない子を妊娠してしまったとか、ひどい話しばかりが聞こえてくる。。

 

正直、地方のほうが男も女もそこまでひどいことにはなってない気がする。

 

地方もよく妊娠したとかあるんだけど、そこで出来婚してる気がする。

 

東京みたいに着信拒否して逃げたとか、堕ろせ!ってキレられたとかはあんまり聞かない。

 

全国的にすごく悪く言われる大阪でも(笑)

 

これは何年も前からずっと言ってるんだけど、若い人はもう東京から地方に早く帰ったほうがいい気がします。

 

帰る地元がないとか、地元が田舎すぎるって人は大阪とか地方中核都市に行くとかしたほうがいいと思う。

 

本当に!

 

東京にひどい男が集まってるからなのか、女がバカだから騙されてるのか、経済的にどうしようもないからそんなことになるのか、両方なのかはわかりませんが。。

 

東京という街がそうさせている面もあるんじゃないのかなーと思ってしまいます。

 

この子が沖縄にいたら、静岡にいたら、大阪にいたら、北海道にとどまっていたら、東京でひどい男に捕まって妊娠して逃げられたり、すぐ堕ろせ!とキレられたりすることもなかったんじゃないのかなーと思って悲しくなりましたね。。

 

特に地方から来た純粋な子が被害にあっている気がします。。

 

男は男で東京は、あの女を5回も妊娠させて堕ろさせたぜ!とか、この前は堕ろすのが間に合わなくて生ませてから逃げたぜ!とかクズなこと言ってるやつばっかいます。

 

若い女性の方は、一刻も早く東京から地方都市に移り住んだ方が絶対良いと思います。。

 

経団連なんかは東京に一極集中させた方が経済効果高いからとか、そこで若い子どうしの出会いがあるとか良いことばっかり言ってますが、騙されてはダメです!!




関連記事

no image

国連が指摘した援助交際率について。援助交際率が上がってるのは確かだと思う。原因はJKビジネスを潰したから。

国連の女子高生の援助交際率が高すぎるんじゃないか?って問題だけど、これはこの前週刊ポストさんの取材で

記事を読む

パパ活=援助交際

  アパレルブランドのバンキッシュの社長石川涼さんが昨今増えているパパ活女子

記事を読む

no image

草食系男子より肉食系男子の方が年収高い。

  草食男子は低収入!? ●●と収入の相関関係が明らかに(最新研究)【BJ】 http:

記事を読む

no image

これからの日本はモテないコミュ障は排除されて、ギャルやヤクザや関東連合的な人たちが東大に入る時代になる。

あとこれから大学入試が企業の面接みたいに学力はどうでもいいから、コミュ力高いやつ取るよ!と国が今改革

記事を読む

no image

AVプロダクションは女の子を飛ばすとメーカーに莫大な違約金を取られ、飛ばさないようにすると弁護士に莫大な違約金を取られる前門の虎、後門の狼を抱えることになる。

AV出演拒否で違約金迫られる被害相次ぐ NHKニュース http://nhk.jp/N4LT4IiB

記事を読む

no image

4・4・4制が今の子どもたちの現状を見るとベスト

東京都が「4・4・4制」の小中高一貫校2017年度設置へ、検討委が中間まとめ報告  

記事を読む

no image

セーフティーネットと夜の世界、性風俗の世界、AVの世界は全く別物です!セーフティネットとして夜の世界、性風俗、AV業界は全く機能していません!

これは誤解してる人が後を絶たないので、何度も言いますがセーフティーネットと夜の世界、性風俗の世界、A

記事を読む

no image

朝日新聞などのリベラル、フェミニストの人たちは人権、弱者の味方!と言いながら、いじめ被害者、夜の仕事の女性、家出少女などマイノリティの人権を切り捨てるのはなぜか?

朝日新聞に大阪市が導入予定の教育政策ゼロトレランスへの批判記事が載っていました。  

記事を読む

no image

有効求人倍率の過去最高、人手不足は真っ赤なウソ!実態は求人詐欺の増加。

有効求人倍率1、52倍の実態。 https://www.nikkan-gendai.com/a

記事を読む

no image

キャバ嬢は金持ちのおっさん相手の対人援助職(ソーシャルワーカー)。

日本でキャバクラとかクラブとかホストクラブがある理由を時々考えるんだけども、気楽におしゃべりでき

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、帰国子女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数