横浜(神奈川)は稲川会の傘下。横浜の治安維持は警察ではなくヤクザが担っている。

公開日: : 最終更新日:2015/11/20 ヤクザ, 横浜, 社会

今新宿スワン読んでたけど本当リアルだね! ほぼあのとおりだと思って間違いはないよね。

 

特に横浜進出しようとするけど神奈川宝来会にまったく立ち入るスキを与えられてないところとかね。

 

バーストは紋舞会っていうかなり強いケツモチがついてるように書かれてるけど、一切横浜には進出できない。

 

たとえ紋舞会であっても。

 

この辺とかは本当リアルだと思います。

 

作中でも新宿はあらゆる組が存在してその中で違う組をケツモチにつけていると。

 

しかし神奈川はスカウト会社のケツモチは宝来会しか組が存在しないと。

 

だから作中でも最大のミネルヴァでさえ横浜には進出できないと。

 

これはリアルでも本当そのとおりですよね。

 

宝来会っていうのは稲川会のことだと思います。

 

横浜、町田、厚木すべて稲川会しか入れないです。

 

また作中でタキが新宿来るときに宝来会の若頭を連れてきて、山城が謝るシーンがありましたが、横浜は稲川会とスカウトの距離が非常に近く何かあればすぐに出てくるし地回りもめちゃくちゃ密です。

 

また本当そのとおりだと思うシーンは白鳥たちが横浜の店専属スカウトとしてビブレ前でスカウトしてると警察が来てスカウトか問いただすシーンがあります。

 

一人の警察はそれを見て注意せずすぐに宝来会に連絡します。 すると宝来会の組員がやってきます。

 

神奈川は神奈川県警と稲川会ががっちりだよ!というのを示すシーンですが、これは今も本当そのとおりです!

 

ここが都内とはぜんぜん違います!

 

今も神奈川県警はスカウトの取り締まりは稲川会に任せるよ的なスタンスなのです。

 

都内だとどの組だろうが関係なしです。

 

横浜のスカウトがあれだけ強気で出れるのも警察は何も言ってこない、稲川会はすぐに出てくる、もう怖いものなしなわけですよね。

 

これが新宿だとそうはいくかというとそうはいかないですよね。 相手が一般人だと警察が出てくる(横浜のように警察は味方にはならない)

 

他社のスカウトマンだとケツにどこの組がついてるかわからない。

 

もし自分の組よりも上部団体だと揉めると負ける可能性もある。

 

ヤクザに金もとられるわでなかなか強気では出れないですよね。 神奈川(町田含む)のスカウトマンはやりやすいですよ。

 

横浜でスカウトマンとナンパ師が揉めて警察が来ると、ナンパ師の方が迷惑防止で逮捕されます。

 

それくらいもう神奈川は稲川会と警察ががっちりなわけです。

 

新宿や六本木とは違いますね。

 

人によって優しいはあるかもですが横浜はこういう事情からも危険ですよ。

関連記事

夜の仕事とCLUBとの親和性について

新宿でアウトリーチして支援している子たちと居酒屋で飲んでいました。   夜やっ

記事を読む

no image

大手だから良い!高級だから良い!というわけではない。自分が一番になれるフィールドで戦わないといけない。

AV、キャバクラ、風俗なんでも高級や大手だから良いということはない。   一

記事を読む

マイルドヤンキー最高ですよ

地元の友達たちと居酒屋で飲んでダーツバーに行ってダーツをして、キャバクラに行き、締めに地元の友達がや

記事を読む

六本木事件簿2 セキュリティは命がけ!

六本木事件簿第二弾!   場所はジュマンジ前。   セキ

記事を読む

no image

風俗業界と介護業界の支援の難しさ。ホスト大好き風俗嬢もいれば、学費のため働く風俗嬢もいる。

風俗嬢に対しての支援の難しさは介護業界への支援の難しさと似ているような気がする。  

記事を読む

no image

なぜ警察は違法なソープを潰さないのか。

警察が吉原や金津園、福原、雄琴、堀之内、南町などのソープを潰さないのは、そこの経営でシノギをしている

記事を読む

no image

メンヘラや不良は環境で作られるのではなくその人の特性

メンヘラは環境によってつくられるのか?っていうのがあると思うけど、俺はメンヘラは本来特性としてその子

記事を読む

no image

ギャルサー出身者はトークの上手さ、ギャグ線の高さ、経験の豊富さなどキャバ嬢としてもめちゃくちゃ強い!

女性は男性よりもコミュニケーション力があってネットワークを作るのがうまいって言われてるけど、特にギャ

記事を読む

no image

AVプロダクションやメーカーなんてしょせん小悪党、本当の黒幕は芸能プロダクション。

三上悠亜の脱退が近づいている!マスカッツの存続も大ピンチ - 大人の海外旅行 速報 https:

記事を読む

no image

年収700万円のキャバ嬢や風俗嬢を国税が摘発したら、国税は一人あたり135万円を還付しないといけなくなるので、絶対そんなバカなことはしません。

キャバ嬢に確定申告を徹底させると、税務署はせっかく10.21%も取った源泉徴収を還付しなければな

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    TIME誌「女性の貧困について」
  • 友だち追加数