中村淳彦さんの「女子大生風俗嬢」の感想。風俗業や夜の仕事への差別や蔑視を強めるものになると思います。違和感がありました。

公開日: : 最終更新日:2017/04/20 女性, 書評, 社会, 若者, 貧困, 風俗

 

 

中村淳彦さんの「女子大生風俗嬢」を読みました。

 

しかし、ちょっと違うんじゃないかと違和感がありました。

 

朝日新書だからなのか、本全体で風俗業や夜の仕事がやはり「最悪の象徴」として書かれているからです。

 

この前の朝日新聞の風俗嬢の記事でもあったように、「風俗で働くのは罰でしょうか」というのが大々的に載っていましたが、風俗業自体が罰であるという最悪の象徴的な考えがこの本でもあるように感じました。

 

この本だと冒頭でも書かれているように、性風俗は経済的に追い詰められ悩んだ挙句たどり着くのだと、経済的な要因がすべてだと言わんばかりの書き方になっています。

 

だけど実際は経済的な要因ばかりではないし、風俗がやりたいと働く女性も多くいます。

 

また途中出て来る沖縄のスカウトの話でも、見出しが「女性を風俗に売る」となっています。

 

あとの章でも「ソープに沈める」や「ソープに売る」「カラダを売りながらの学生生活は悲壮感がある」など出てきます。

 

これらは風俗への偏見や蔑視を強めるものだと思います。

 

これは以前から言ってるように、女性を風俗に売るやソープに沈めるなどは中村さん自身が風俗業への差別、蔑視があるからこのような表現になるのではないかと思いました。

 

平成の現代においてスカウトが女性を売るなどということはありえません!

 

それは女性の希望のもと紹介しているだけです!

 

この表現は風俗業への蔑視や差別にもなるし、女性自体の判断能力がないという差別にもなると思います。

 

以前も書きましたが、スカウトはリクルートやパソナなどと同じ紹介業でしかありません。

 

紹介マージンもリクルートやランスタッドなどは30~55パーに対してスカウトは10パー以下です。

 

スカウトは紹介として女性から搾取しているというわけではありません。

 

しかし本の中で中村さんは、スカウトやAVプロダクションは現代の女衒であり搾取者であると書いています。

 

これは中村さん自身が風俗という最悪の象徴に無理やり従事させる者という偏見や蔑視があるからだと思います。

 

AVも今は女性自らがプロダクションに応募するケースが多いです。

 

そういった中村さんの認識自体が差別、偏見であると思います!

 

奨学金への問題提起や日本の貧困の実態を書くのは大事ですが、そのために風俗業が引き合いに出されるのは違うと思います。

 

正直風俗業やスカウト自体の偏見や差別をなくそうというものとは真逆なものになっていると思います。

 

前回の朝日新聞の記事同様、女性の貧困、奨学金問題の先に風俗があるという朝日的な考えそのものです!

 

むしろこの本だと風俗業やスカウトへの偏見を強くすることになると危惧しています。

関連記事

no image

俺の予想は結構当たります。向こう10年で東京は確実に終わると思います。相対的に地方都市が上になります。

俺の予想って結構当たります。   これからダンスが来るって思ったらEXILE

記事を読む

no image

赤谷まりえさんにブチ切れられた話。朝日新聞や毎日新聞が取材に来ないから信用がないのか??

この前のセックスワークサミットの飲み会でライターの赤谷まりえさんに、「だいわさんは信用されてないから

記事を読む

no image

進出よりも撤退の方が100倍難しい。

進出よりも撤退の方が100倍難しい。   進出するのは勢いでできるけど、撤退は

記事を読む

no image

日本は学歴よりも容姿の方がはるかに重要な社会。日本はキャビンアテンダントからトヨタまでみんなキャバ嬢。

日本の女性は働き者でとても優秀なのに、日本のテレビを見ていると豚まんみたいな男のアナウンサーとポルノ

記事を読む

no image

大阪人はみなとみらいや馬車道よりも福富町や寿町、伊勢佐木モールが好き。

神奈川の人や横浜の人は福富町とか伊勢佐木モール、寿町の辺りはあんまり好きじゃない人多いよね。

記事を読む

no image

高級キャバのナンバーワンから高級ソープ嬢へ。 なんとか助けになりたいなーという女の子がいます。

アウトリーチをしていてなんとか助けになりたいなーという女の子がいます。   そ

記事を読む

少女たちのセーフティーネット

家のない少女たち 、援デリの少女たち や彼女たちの売春 [ 荻上チキ ]、神待ち少女/黒羽幸宏【10

記事を読む

no image

キャバ嬢は綺麗だけど嫁にすると大変なんだろうなーと思う(笑)

キャバ嬢は綺麗だけど嫁にすると大変なんだろうなーと思う笑(笑)   身近でも池

記事を読む

なぜ80年代に流行ったボディコン、男ウケ!モテ!の服が再び来ているのか?なぜギャルがいなくなったのか?

今再びボディコンの流れが来てるような気がします。    

記事を読む

no image

芸能界は綺麗な世界ではありません。

芸能(アイドルやグラビア、モデルなど)やってる子からしょっちゅう相談電話がきます。 &nbs

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」
    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数