中村淳彦さんの「女子大生風俗嬢」の感想。風俗業や夜の仕事への差別や蔑視を強めるものになると思います。違和感がありました。

公開日: : 最終更新日:2017/04/20 女性, 書評, 社会, 若者, 貧困, 風俗

 

 

中村淳彦さんの「女子大生風俗嬢」を読みました。

 

しかし、ちょっと違うんじゃないかと違和感がありました。

 

朝日新書だからなのか、本全体で風俗業や夜の仕事がやはり「最悪の象徴」として書かれているからです。

 

この前の朝日新聞の風俗嬢の記事でもあったように、「風俗で働くのは罰でしょうか」というのが大々的に載っていましたが、風俗業自体が罰であるという最悪の象徴的な考えがこの本でもあるように感じました。

 

この本だと冒頭でも書かれているように、性風俗は経済的に追い詰められ悩んだ挙句たどり着くのだと、経済的な要因がすべてだと言わんばかりの書き方になっています。

 

だけど実際は経済的な要因ばかりではないし、風俗がやりたいと働く女性も多くいます。

 

また途中出て来る沖縄のスカウトの話でも、見出しが「女性を風俗に売る」となっています。

 

あとの章でも「ソープに沈める」や「ソープに売る」「カラダを売りながらの学生生活は悲壮感がある」など出てきます。

 

これらは風俗への偏見や蔑視を強めるものだと思います。

 

これは以前から言ってるように、女性を風俗に売るやソープに沈めるなどは中村さん自身が風俗業への差別、蔑視があるからこのような表現になるのではないかと思いました。

 

平成の現代においてスカウトが女性を売るなどということはありえません!

 

それは女性の希望のもと紹介しているだけです!

 

この表現は風俗業への蔑視や差別にもなるし、女性自体の判断能力がないという差別にもなると思います。

 

以前も書きましたが、スカウトはリクルートやパソナなどと同じ紹介業でしかありません。

 

紹介マージンもリクルートやランスタッドなどは30~55パーに対してスカウトは10パー以下です。

 

スカウトは紹介として女性から搾取しているというわけではありません。

 

しかし本の中で中村さんは、スカウトやAVプロダクションは現代の女衒であり搾取者であると書いています。

 

これは中村さん自身が風俗という最悪の象徴に無理やり従事させる者という偏見や蔑視があるからだと思います。

 

AVも今は女性自らがプロダクションに応募するケースが多いです。

 

そういった中村さんの認識自体が差別、偏見であると思います!

 

奨学金への問題提起や日本の貧困の実態を書くのは大事ですが、そのために風俗業が引き合いに出されるのは違うと思います。

 

正直風俗業やスカウト自体の偏見や差別をなくそうというものとは真逆なものになっていると思います。

 

前回の朝日新聞の記事同様、女性の貧困、奨学金問題の先に風俗があるという朝日的な考えそのものです!

 

むしろこの本だと風俗業やスカウトへの偏見を強くすることになると危惧しています。




関連記事

「cancam」や「JJ」が80万部が11万部になったのは中身がないカタログ誌だからだと思う。「VIVI」は中身が面白い!

80万部が11万部になった「cancam」。売れない雑誌の共通点とは?+-+http://toria

記事を読む

no image

地元での幸せを願っています

このまえ書いたホスト狂いの歌舞伎のヘルス嬢になってしまった長野の子が、9月に地元に帰る決断をしたそう

記事を読む

日本一地価が高く、賃料が高いのは六本木でも銀座でもなく渋谷。

昨日も面接対応したときに、都内一の高級地は渋谷だよと言ったら、ウソだー!渋谷は若いやつの街でしょーと

記事を読む

no image

キャバクラや風俗店の託児所完備、寮あり、送迎無料はほとんどウソ!

キャバクラやラウンジ、風俗店の求人で普通に託児所完備、送迎無料などと大々的に書いているが、俺の知る限

記事を読む

no image

東京に新幹線で格安で行く(泊まる)方法。

たとえば大阪から東京に普通に新幹線で往復すれば約3万円はします。   そこから

記事を読む

no image

サイコパスは逮捕時に顔を隠さず笑う。

今回の新潟の事件の犯人も捕まった時にウインクしてたり笑ったりしてましたね。  

記事を読む

no image

風俗を無意識のうちに差別しているから、風俗に引き入れるとか落とし込むというような表現が発せられる

風俗に引き入れる、風俗に落とし込むみたいな表現を使う人自体が風俗を無意識のうちに差別してるんだよね。

記事を読む

no image

関東連合伊藤リオン軍団と沖縄の旭琉會が抗争。

関東連合の伊藤リオン軍団と沖縄の旭琉會が松山のキャバクラエピカで抗争となったようです。 &nb

記事を読む

no image

子宮頸がんワクチン被害者をバカにする駒崎弘樹。

駒崎弘樹の言い方がほんと嫌な言い方ですね!   子宮頸がんワクチンの被害者をバ

記事を読む

若い貧困女性のシェアハウス「かぼちゃの馬車」がサブリースの支払い停止を通知

若い貧困女性のシェアハウス「かぼちゃの馬車」がオーナーにサブリースの支払い停止を通知 http

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、帰国子女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の相談、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」協力

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数