キャバ嬢がキャバクラで輝くようにAV女優は撮影になると光り輝く。現場はものづくりの職人の集まり

公開日: : 最終更新日:2015/11/15 AV

ほんとVの現場は過酷!

 

女優のプロ根性はほんと凄い!

 

ほんとプロ意識がないとできない仕事だと思う。

 

1つの作品を完成させよう!というみんなの強い思いが結集して良い作品ができている。

 

キャバ嬢がキャバクラで輝きソープ嬢がマットで輝くようにAV女優は撮影で光り輝いている。

 

撮影は早朝から深夜にまで及ぶ。

 

それもスケジュールなどの関係上連日早朝から深夜にかけて撮影になる。

 

スタッフはもちろん、絡む男優さん、監督さんなど女優自身も気を遣わないといけない。

 

また撮影前に流れは確認しているけど、お互いがプレイのことを完璧に疎通はできないから、プレイが女優が思ってたよりハードになることはある。

 

しかしそこでいちいち目くじらを立てていては撮影は進まないし、視聴者最優先のVの現場では視聴者を興奮させるように演じないといけない。

 

よくAV男優は実はあまり気持ちよくないとか、テクニックないとかいう声もある。

 

だけどそれって根本から間違ってて、AVの目的は女優を気持ちよくさせることではなくて、視聴者を興奮させることなわけです。

 

だから男優も女優を興奮させるよりも視聴者を興奮させるプレイをします。

 

女優も自分が気持ちよくなることが優先ではなく、視聴者を興奮させ気持ちよくなってもらうことが仕事なわけです。

 

だから喘ぎ声もめちゃくちゃ声だすし、演技するし、また本当は痛いことが多々あったり、めっちゃ痛くても、痛いとは言わずそこは気持ちいい!!と言わないといけないのです。

 

セックスに感情移入してみているのに、女優が急に痛い!!とか言い出すと視聴者は萎えるわけです。

 

だから女優はたとえめちゃ痛くても、気持ちいい!!と言わないといけないのです。

 

イマラチオやお掃除フェラ、顔面ぶっかけ、中出しなどAVはそこらの風俗なんかよりもはるかにハードです。

 

ほんとはめちゃくちゃ嫌だけど、良い作品をつくるために演じきる!

 

それがAV女優だと思います。

 

だからAV女優は普段のセックスはそこまでエロくないし、デリなどと掛け持ちしてても他の風俗嬢よりサービスは悪いと思います。

 

それはVの中でこそ頑張る!!というAV女優のプライドがあるからだと思います。

 

また男優も初めて会った女優と一瞬で和みスムーズなプレイをしなければなりません。

 

衆人環視だろうが、テープ交換や機材トラブルなどで中断しても、即座に立たせてプレイ再会しなければなりません。

 

射精を我慢するのはもちろんですが、イカないといけないときは一瞬でいかないといけません。

 

室内は音響のため、冷暖房は使用しません。

 

そのため夏場の撮影は男優、女優とも汗だくになりながら、プロ根性で頑張って演じます。

 

裏方も暑いとか言ってられません。

 

撮影をスムーズに進行するための執事にならないといけません。

 

女優の膣が痛くなりそうなシーンの前には、カメラが女優の顔にアウトした瞬間に男優にローションを手渡して女優の膣が痛まないように手渡しますし、ゴム着の撮影なら入れる前にうまいことゴムを手渡したりしないといけません。

 

AVはよく女優気持ちよさそうとか男優気持ちよさそうとか言われますが、スタッフから監督、男優、女優全員のプロ根性と良い作品を作るんだ!という熱い思いで成り立ってるものだと思います。

 

みんな熱い思いを持った職人だと思います。

関連記事

no image

世間的にAV=稼げるだけど実際はAVは稼げない。AV女優は変な子やちょっとおかしい子ばっかり。

世間的にAV=稼げるってイメージあるみたいだけど大間違いだからね。   そう思

記事を読む

元グラビアアイドル原紗央莉さんもAV強要の被害に。作品が全削除。

原紗央莉も悲痛な心境を語っていた。AV被害者の一人と言えるだろう。/「本名、加藤まい 私がAV女

記事を読む

no image

AVのKMPは制作としてはかなり良いと思うけどなー。 AVとは何ぞや!って攻めてる制作だと思う!

AVのKMPは制作としてはかなり良いと思うけどねー。   今って守りに入って

記事を読む

no image

一番面白いのはAV業界の人たち

今スカウト業界、キャバクラ業界、AV業界、風俗業界とかでそれぞれ仕事してるんですけど、どの業界が一番

記事を読む

no image

JKビジネス批判、AV批判のNPOの裏にアメリカ国務省がいます。

JKビジネス批判、AV批判のNPOの裏にアメリカ国務省がいます。   慰安婦批

記事を読む

no image

六本木のキャバクラ、高級クラブ、会員制ラウンジがAVへの橋渡しをしている。。

六本木のキャバクラ、高級クラブ、会員制ラウンジがAVへの布石、登竜門的な役割を果たしている。

記事を読む

no image

グラビアアイドルの事務所とAV事務所は実は上は同じ。グラビア経由のAV強要も普通にある。

AVも…厳しいグラドルの経済状況 #BLOGOS https://t.co/aTXpYBSRWy

記事を読む

no image

AVは半グレの人とかヤクザ、ヤクザフロント、企業舎弟がほとんど。

AVは大手だろうが小さいところだろうがどこも芸能だよ!タレントやモデルなれるよ!って言って連れてって

記事を読む

no image

AV女優は体をめちゃくちゃ酷使する仕事。急死する人も多い。

天使もえさん緊急入院かー。。   原因不明の高熱が続いて色んなところからうめ

記事を読む

no image

AV業界が今出演強要問題で危機的状況に。何百、何千人の女優から訴訟リスク。

今AV業界はとんでもないことになってますね。   今まで大手プロダクションも

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数