絶望の国の幸福な若者は近い将来絶望な若者になるか!?

公開日: : 最終更新日:2017/05/14 書評, 社会, 若者

古市憲寿さんのだから日本はズレている (新潮新書) [ 古市憲寿 ]を読みました。

 

とても読みやすくてすぐに読めましたね。

 

絶望の国の幸福な若者たち (講談社+α文庫) [ 古市憲寿 ]で世間は若者がひどい状況にあるけど実は身の丈で幸せにやってるんですよと書いてました。

 

その後に阿部真大さんの地方にこもる若者たち [ 阿部真大 ]や原田曜平さんのヤンキー経済 [ 原田曜平 ]なんかが出て、地元で家賃、食費は親に頼り、地元の友達とのんびり楽しく暮らしてるんですよというのが言われ始めました。

 

鈴木謙介(チャーリー)さんも原田曜平さんがマイルドヤンキーを言う何年も前からウェブ社会のゆくえ [ 鈴木謙介 ]カーニヴァル化する社会 (講談社現代新書) [ 鈴木謙介 ]で地元ではなくカタカナのジモトとして、柏や藤沢、町田などの中核都市に愛着を感じてそこをジモトに感じる若者のことを言われていました。

 

しかし近年の調査なんかでは、厳しい現代の状況をあきらめて、地元の島宇宙的なコミュニティで満足しているんだということがわかってきました。

 

またアンケートで幸せですと答えていたものを深く追求してみると、消極的な選択肢の中でのベストな選択として地元が選ばれ幸せに感じるよう思うようにしているみたいなことも出てきました。

 

本著の中でも書かれていますが、今の親元同居でフリーターのマイルドヤンキーがずっとこのまま安泰ではないということが示されています。

 

マイルドヤンキーが幸せに暮らしていけるのも遅かれ早かれ時間の問題で難しくなってくることが予想されるからです。

 

行政は投票率の高く層として厚い高齢者の側を見て政治を行うので、若者はこのままだと危機的な状況に陥るだろうということを書いています。

 

絶望な国の幸福な若者だったものたちがさらに絶望度が増す中でどこまで幸せでいれるのか。

 

若者の中から行政へ向けての運動は起こってくるのか。

 

どんな絶望的な状況に陥っても若者は甘んじて受け入れ続けるのか。

 

古市さんの独特のひねくれた感じでしたが、言おうとしてるのは若者たちよ、そろそろ動かないとやばいよ!ということなんじゃないのかなと思いました。

 

古市さんなりの若者たちへの応援の書なのかなと思いました。




関連記事

no image

確かに鹿児島出身の女の人胸でかい気がする。

なぜ鹿児島県は勝負下着の所有率が高いのか......「Cカップ」以上の女性はなんと73.6% -

記事を読む

no image

JKビジネスは中東におけるサダムフセインだった。個人売春に行く前の最後の「溜め」の役割をしていました。

JKビジネスは中東におけるサダムフセインだったんですよ。   個人売春に行く

記事を読む

no image

メーカーや制作は良質でプロダクションのみが悪質ということはない!全部一緒!

あと川奈まり子さんはプロダクションは悪いけど制作やメーカーは悪くないという論調で話すけどそれも間違い

記事を読む

no image

渋谷や原宿の芸能やりませんか?とかモデル興味ないですか?というスカウトに絶対立ち止まってはダメ!

今日渋谷のセンター街入口と井の頭通りよみずほ銀行前あたりに、モデル雑誌抱えて見せながらモデルやりませ

記事を読む

大阪心斎橋のクラブオンジェム閉店。一つの時代の終焉で悲しいですね。

Onzieme(オンジェム)を愛してくれた皆様へ。 フランス語で「11」を意味する「Onziem

記事を読む

no image

モテないから、童貞だから風俗へ行くというのは間違っている!

毎回思うんだけど二村ヒトシさんなんかが言うモテないなら風俗へ行け!っていう理論は違うと思う。

記事を読む

no image

今回のLIFE、ポジティブの現在、ネガティブの未来で勉強になったことメモしておきます。

今回のLIFE、ポジティブの現在、ネガティブの未来で勉強になったことメモしておきます。 &nb

記事を読む

no image

女の子からのNPOだいわピュアラブセーフティネットの信頼と評価

出会う女の子1人1人をその子に合った良い仕事(稼げて、雰囲気が良くて、従業員や同僚が良くて、その子の

記事を読む

no image

飛田新地と吉原や堀之内、栄町、金津園、福原、雄琴などは全く違う。

飛田新地と他の吉原や堀之内や金津園は全く違います!   飛田新地は大阪市が文

記事を読む

no image

どんな田舎でも潰れないのが美容室と洋品店とスナック。それくらいキャバ嬢は社会から必要とされている仕事。

日経BPプロデューサーの柳瀬博一さんがどんな地方の商店街でも潰れないものが三つある。 &nbs

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です






  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」
    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数