メンヘラや不良は環境で作られるのではなくその人の特性

公開日: : ヤンキー, 社会, 若者

メンヘラは環境によってつくられるのか?っていうのがあると思うけど、俺はメンヘラは本来特性としてその子にあるものなのではないかと思っています。

 

これは環境が悪かったから不良になるのかと似てるんだけど、環境が悪いから不良になるわけではないと思うんだよね。

 

生まれ持っての特性として不良としての特性があったのではないかと思います。

 

環境のせいにすることって結局、外部の者が納得しやすいことのような気がします。

 

そしてその外部からの影響を受けて、自分は~のせいでメンヘラになったんだとか言うわけですね。

 

なぜなら自分でもなぜメンヘラなのかの原因を知っておきたいからです。

 

だけどもともとがメンヘラなのでその理由付け自体が後付けなんじゃないか?ということがあるわけです。

 

たとえば、中学の頃いじめられていたからメンヘラなんだとか、虐待を受けていたからメンヘラなんだとか、ひどい暴行を受けたからメンヘラなんだと本人は語るわけだけど、同じようなことがあっても別にメンヘラでない人は山のようにいるわけです。

 

そしてその外部からの影響を受けて、自分は~のせいでメンヘラになったんだとか言うわけですね。

 

なぜなら自分でもなぜメンヘラなのかの原因を知っておきたいからです。

 

だけどもともとがメンヘラなのでその理由付け自体が後付けなんじゃないか?ということがあるわけです。

 

たとえば、中学の頃いじめられていたからメンヘラなんだとか、虐待を受けていたからメンヘラなんだとか、ひどい暴行を受けたからメンヘラなんだと本人は語るわけだけど、同じようなことがあっても別にメンヘラでない人は山のようにいるわけです。

 

逆に特にいじめられてもないし、虐待も暴行も何も受けてないけど昔からメンヘラなんだという人もいるわけです。

 

きっかけがあるから起こるものではないと思いますね。

 

不良も家庭環境が悪くてとか、貧困でとかいろいろ言われるけど、それもすべて後付けなんですよね。

 

家庭環境がよくても不良になるやつはなるし、家庭環境がどんだけ悪くても不良にならないやつはならないんですよ。

 

その子にその特性があるかないかだと思います。

 

俺は常々思うのは、その子にメンヘラや不良の特性があるとわかったときに、そこを覆い隠してわからないようにして生きるのではなく、その特性を生かして生きて行った方が絶対良いと思うんですね。

 

こう書くとじゃあ、あなたは人の迷惑顧みず暴れまわるようなことをして賛成なんですかとか、うじうじ病んでたり、奇行のようなことをしたりするのでいいんですか?とか言う人いるけど、そこを反省させようとか社会に適応させようとする方が俺はダメだと思うんですよ。

 

俺はそこは短所ではなく長所ととらえてある種開き直ることが大切だと思っています。

 

たとえば相手のことをどんだけ痛めつけても何の良心の呵責も感じないような人がいたら、その人はむしろアウトロー界ではホープなわけです。

 

うじうじ病んでる人も奇行に走ってしまう人もどうだ!メンヘラだぞ!的な気構えでいいんですね。

 

そしたらその人はもう面白い人になって人気者になるわけです。




関連記事

小倉優子の移籍裁判でもタレントは労働者という判決が出たように、AV女優も個人事業主ではなく労働者なんですよね。

良い傾向。 小倉優子の移籍裁判「タレントは労働者」という判決(NEWS ポストセブン) - Y

記事を読む

no image

西成の新今宮(動物園前)に星野リゾートが進出!ホームレスの町「新今宮」になぜ?

    新今宮(動物園前)に星野リゾートができるんだ

記事を読む

no image

国家権力の恐ろしさ・日本の警察、検察、司法システムは腐っている。

「48年間拘束されると人間はどうなるのか。巌の姿から感じてほしい」 室内を黙々と歩き続ける 袴田さん

記事を読む

no image

政府の定義によるとアフィリエイターやデイトレーダーや地主は引きこもり。

政府の示してる引きこもりの定義に合わせると6ヶ月以上自宅に引きこもり、特定の用事があるとき以外は外出

記事を読む

no image

座間事件の白石は悪徳スカウトだったのか?

座間の事件の白石が入っていたスカウト会社とAVプロダクションどちらもヤクザ直営と東京一やばい半グレ系

記事を読む

no image

まじめな大学生やフリーターの兄ちゃんがハローワークなどの求人から悪徳不動産営業や英会話勧誘に

よく行くコンビニの兄ちゃんが、何カ月か前からいなくなって、聞くと不動産屋に就職しましたとのことで喜ん

記事を読む

no image

大学入試がようやっと人物重視に舵を切った。教育課程や就活が新学力観になっているのに入試システムだけが取り残されていた。

大学入試が2020年度から抜本的に変わることが決まりましたね。   以前も書き

記事を読む

no image

原田曜平さんの「さとり世代」の感想。

原田曜平さんが博報堂の若者研究会の現役大学生61人と対談したさとり世代 を読みました。 &nb

記事を読む

no image

60年代の若者も今の若者も変わらないな。

NHKで60年代の若者の様子をやってたけど、今と変わってないよね。   クラブ

記事を読む

no image

男性側に風俗利用のマナー向上を欲求する意見をたまに目にするがそれは現実的に難しい。

男性側に風俗利用のマナー向上を欲求する意見をたまに目にするがそれは現実的に難しい。  

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、帰国子女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数