当事者を無視する貧困ビジネスNPOフローレンスに怒り!

公開日: : 最終更新日:2015/10/27 NPO, 女性, 社会

いつも言ってることだけど、当事者の声を第一に考えないNPOはクソなんですよ!

 

今回は当事者であった常見さんが不快に思うと言った時点で駒崎さんは謝罪して撤回しないといけなかった。

 

そこを押し通すと、当事者無視になってしまいます。

 

JKビジネスの仁藤夢乃さんと一緒ですね。

 

あえていじわるな言い方すると、駒崎さんが出してきてるひとり親の貧困54パーセントなんてなんの根拠もないものなんですよ。

 

なぜならデータなんて取り方次第でどうにでもなるから。

 

それにこれは絶対的貧困率ではなく相対的貧困率であり、日本にちゃんとした貧困調査はまだないんですよ。

(厚生省は1965年を最後に貧困率調査、所得調査を打ち切ってるから!)

 

マイナンバーのことでもわかるけど、日本の所得把握は現状サラリーマンしかできていません!

 

自営業者の所得は完全にブラックボックスです。

 

しかもこの相対的貧困率は年収の中央値割る2以下を貧困と定めてるんだけど、日本はまず前提として国民の所得を把握できていないから中央値とること自体おかしいんですよね。

 

しかもこれは世帯人数で割ってるので4人家族だと年収300万超えでも貧困ラインになってしまう。

 

日本のシングルマザーの総数が108万人なんだけど、そのうち30万人は同居世帯だから省いて、残りは70万人。

 

あとあえてこれも意地悪に書くと、夜の仕事をしているシングルマザーの人はすごく多いんだけど、基本的に夜の仕事の所得は帳簿上ゼロ円に計算されてる。

 

風俗嬢が全国で35万人、キャバ嬢が10万人、ガールズバー、ラウンジ、スナックその他もろもろ合わせたら50万人くらい。

 

そのうち3割がシングルマザーだとして15万人。

 

およそ15万人分の所得がゼロ扱いになってるんですね。

 

だからほんと言うと、日本のシングルマザーの相対的貧困率は54パーセントもない。。

 

ポルシェやベンツ、フェラーリ乗り回してる夜の女性の数値が入ってきたら、一気に数値が下がってしまうんですよね。。

 

だってさー、吉原高級や川崎高級、歌舞伎で年間数千万~数億稼いでるのが帳簿に乗っかってきたら、片親の貧困率10パーくらいになってOECDでベスト1になるよ(笑)

 

それに日本の所得調査自体が所得を把握できていないから。。

 

データだデータだといかいってすぐデータ出してくる人NPOとか学者でもいるけど、何度も言うけどデータなんて取り方次第でどうにでもなるからね(笑)

 

データなんてあてにならないんだよ。

 

何より大事なのは当事者の意見!!

 

関連記事

no image

東京ではエリートの旦那がキャバ嬢に狂ってる、浮気に夢中ということが多い。

さきほど、旦那が六本木のキャバ嬢に貢いでるんですけどっていう相談があった。  

記事を読む

no image

どんな田舎でも潰れないのが美容室と洋品店とスナック。それくらいキャバ嬢は社会から必要とされている仕事。

日経BPプロデューサーの柳瀬博一さんがどんな地方の商店街でも潰れないものが三つある。 &nbs

記事を読む

no image

刑務所や留置所は高齢者ばかり。

身寄りが無く、貧困、時には認知症や依存症を患う高齢者の実質的な受け入れ場所になっていると報じられ

記事を読む

ジュリアンブランクさんが言っている白人がピカチュウと言えばセックスできるという真実も存在している

ピカチュウって言えば白人なら日本人女性とすぐセックスできるっていうのは実際六本木のクラブにいる子に関

記事を読む

no image

NPOフローレンス駒崎弘樹との「保育士こき使うな!」裁判は現在係争中です。今は第2回目が終わったところです。

誤解している人がいたらダメなので言っておきます。   駒崎弘樹との「保育士こ

記事を読む

伊勢谷友介の発言は無意識に風俗嬢やキャバ嬢を差別してることに気づいてない。

伊勢谷友介が新宿スワンのインタビューで「スカウトとか最低ですよ! か弱き女性を風俗やキャバクラなんて

記事を読む

no image

三重の誘拐事件は誘拐でもなんでもない!自ら出向いてるのだから犯罪ではない!

少女誘拐 自分でついて行った | 2015年12月26日(土) - Yahoo!ニュース &n

記事を読む

no image

橋下さんは北新地のキャバ嬢とのコスプレ生セックスが好き。

橋下さんと言えば最近週刊文春で書かれた北新地の超美人キャバ嬢とのコスプレ生セックスですね! &

記事を読む

no image

実は都心は便利なようで不便。めちゃくちゃ住みにくい。

近所の喫茶店のママと話しててんけど、都心って実は住みにくい!   その喫茶店の

記事を読む

no image

吉原南雲グループ摘発の裏にAV強要問題か?

AV訴訟で敗訴したプロダクション側の弁護士は宮本智、田中絵美両弁護士か。 宮本智弁護士は第二東京弁護

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」
    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数