ゆとり教育についての誤解

公開日: : 政治, 教育, 社会

今日は悪名高い「ゆとり教育」について書きたいと思います。

 

まず、ゆとり教育という名前からして、子どもにゆとりを与える教育なんだろうと誤解を受けている人が大勢います。

 

しかし、ゆとり教育の本来の意味は、「生きる力」や「創造性」「自分で考えて行動する力」などをつけようという教育なのです。

 

明治から、高度経済成長までのような欧米に追い付け追い越せのような、日本がまだ発展途上だった時代は、従来の教育である、とにかく知識を詰め込んで、言われたことをいかに要領よく高いレベルでこなすかという能力が求められていました。

 

企業側も指示されたことを要領よくこなす人材を欲していたのです。

 

しかし、高度成長が終わり、日本が低成長時代に突入すると、従来の言われたことだけを忠実にこなしているだけの人材では、グローバル競争の中で勝ち残ることができず、衰退していってしまうという事態になってきました。

 

そこで、従来のペーパーで何点取ったという旧学力から、自分で新しいものを考え、創造するクリエイティブな力である新学力観が85年の中曽根内閣の諮問機関である臨教審で初めて示されるのです。

 

それを受けて、文部省は、従来の教科の時数を削減し、総合的な学習の時間など自分で考え、発表するというクリエイティブな力をつけるよう改訂したのです。

 

したがって、この時点で政府や文部省は、従来までのペーパーで測れる旧学力が落ちることは承知の上で、あえてクリエイティブな力である新学力をつけようとしたのです。

 

だから、「ゆとり教育によってペーパーの点が落ちた」「バカになった」という批判は全くのおかど違いなのです。

 

というか、そんなことは承知の上なのです。

 

見掛け上のペーパーの点が落ちようが、ペーパーでは測れない自分で創造するというクリエイティブな力(新学力)がついていれば、ねらいは達成されているのです。

 

文科省は、世論の「ゆとり教育批判」にこたえて、再び教科の時数を増やし、総合的な時間を減らすという改訂を行いましたが、これでは、高度成長までの途上国の教育に後退してしまったといっても過言ではありません。

 

学力はなんでもペーパーで測れるというものではないのです。

 

あと、2002年からの完全学校週5日制の実施はゆとり教育とは全く関係がありません。

 

これは、土曜日まで授業を行っていては教員の労働時間が多くなりすぎてしまっているということで、厚生省が推し進めたものです。

 

また、土曜を休みにすることで、家族の消費が増え経済がよくなるのではないかという政府の思惑もあってのことで、教育とは関係はありません。

関連記事

no image

日本の経済大国、先進国はまやかし。過労死レベルで休みなく働いてやっと欧米のしっぽ。

大学授業料無償。日本ではなく、南米チリで❗。疑問。チリよりはるかに豊かな国・日本で、なぜできない

記事を読む

no image

東京ではエリートの旦那がキャバ嬢に狂ってる、浮気に夢中ということが多い。

さきほど、旦那が六本木のキャバ嬢に貢いでるんですけどっていう相談があった。  

記事を読む

no image

仙台の某大手AVプロダクション、制作は声をかけて個室に連れ込むとレイプしそのまま撮影しています。

仙台の某大手AVプロダクションは本当に酷いですよ。。   テレビのインタビュ

記事を読む

no image

明大前にある肉汁餃子製作所ってところの餃子がうまい!!

今日明大前にある肉汁餃子製作所っていう餃子屋さん連れてってもらったんだけど、めちゃくちゃ美味しかった

記事を読む

no image

場面に応じてキャラを使い分けることは結果的にはアイデンティティの崩壊に陥る。

平野啓一郎が肯定的に勧める「分人」。   電通の若者研究会なんかでも現代の若

記事を読む

no image

日本も近い将来フランスのように風俗やキャバクラに行く客が罰せられる法律ができます!

フランスやスウェーデンなどヨーロッパでは買春者処罰法と言って風俗やキャバクラへ行く客を罰する法律がで

記事を読む

no image

今年のファッションの流行がこのバイカラーらしいですね。やっぱりリゼクシーは最高です!

【WEB STORE】話題殺到ワンピのご紹介② 存在感たっぷりのSEXYワンピで、カラーバリエーショ

記事を読む

no image

地元大阪の友達と秋葉原のメイドカフェに行ってきました。思いのほか楽しかったです(笑)

今日地元大阪の友達が東京観光に来てて、一緒に秋葉原のメイドカフェに行きたいっていうから行きました。

記事を読む

no image

自分に都合の悪い情報は全て訴訟恫喝で消させていく駒崎弘樹。まるで中国やロシアの共産圏ですね。

児童福祉に関わる人で,明治の時代に孤児たちを救った石井十次と自らを同じフェーズに置けるとは,さす

記事を読む

no image

夜の世界もグローバル化。風俗嬢やキャバ嬢が海外に出稼ぎに行き稼いでいる。

製造、サービスなどあらゆる昼の分野でグローバル化が進んでいます。   しかしこ

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」
    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数