東電OL殺人事件。「今」を楽しんで生きたコギャルと、「今」を我慢することで将来いいことがあると考えて生きた東電OL。

公開日: : ギャル, 女性, 恋愛, 書評, 東京, 社会, 若者

最近「東電OL殺人事件」についての本をいくつか読みました。

 

事件は、1997年に39歳の女性管理職が渋谷の円山町のホテル街で何者かに殺された事件です。

 

再審の結果、容疑者とされていたネパール人以外の犯人の可能性が浮上してきたという事件です。

 

OL事件と言われていますが、管理職ですね。

 

彼女は、1986年の男女雇用機会均等法が施行される前の79年に東電に総合職として入社しています。

 

このような例は雇均法前では非常に珍しいことだったようです。

 

彼女は、仕事が終わると、毎晩渋谷の円山町のホテル街で客を取っていました。

 

その時代背景として、彼女が中学、高校、大学と過ごした期間は、世間は女子学生に対して「少女」であることを求めていました。

 

学生時代の彼女もその期待にこたえた少女でした。

 

そのため、学生時代は青春を犠牲にしてでも勉強に精を出しました。

 

その後、慶応大を卒業後、総合職として東電に入社し、寝食を惜しんで働き管理職にまで上り詰めます。

 

そこまで行くには並大抵の努力ではなかったことでしょう。

 

しかし、39歳にして、上り詰めたキャリアだったが、ふと振り返ってみると、異性との恋愛などを犠牲にしてきたことへの後悔が溢れます。

 

しかも恋愛を犠牲にして上り詰めたキャリアも、出世コースから外れてしまう。

 

彼女は、忘れてきた青春を取り戻すべく、渋谷の円山町の路上に立ち客を取ったのだと思います。

 

金のために取っている多数の街娼とは全く違う理由で立っていたのです。

 

彼女は、客によっては、2000円で体を売ることもありました。

 

このことを社会学者の上野千鶴子さんは、「2000円というのは、その男が2000円の価値しかないと見下された男の値段だ」というようなことを書いていました。

 

しかし、たいてい、街娼との交渉において、街娼の方から、値段を決める権限はあまりありません。

 

男が提示した額に対して、街娼がそれでいいのか、ダメなのかを答えるのです。

 

したがって、2000円という額は、東電女性が見下してつけた額ではなく、東電女性がこの男性なら2000円で抱いてくれてもいいわという東電女性の男性への好意がこもった2000円なのだと思います。

 

この事件の後、東電女性と同じ総合職のキャリア女性多数が東電女性への共感を口にしていました。

 

学生時代に恋を捨てて勉強しキャリアになったが、男がいない寂しさへの共感だったのだと思います。

 

事件のあった1997年の渋谷は全盛期のコギャルたちで占拠されていました。

 

援助交際ブームとも重なって、渋谷のいたるところで客を取っていました。

 

彼氏もいるけど、援助交際もするというコギャルが多かったようです。

 

自分の男性から向けられる性的なまなざしをメタで自覚し、それを利用し積極的に性的アピールをしていったコギャル。

 

世の男性(若い奴からおやじまで)もその性に開放的なコギャルを大手を振って迎え入れました。

 

セックスアピールをすることで、「今」を楽しんで生きたコギャルと、「今」を我慢することで将来いいことがあると考えて生きてきた東電女性が渋谷の街に並んで立っていたかと考えると、東電女性は、時代の空気を感じ取って生きてきた女性の被害者の一人だったんではないかと思いました。
 

関連記事

JKビジネスについてNPOだいわピュアラブセーフティネットは共同通信さんの取材に答えました。

JKビジネスについてNPOだいわピュアラブセーフティネットとして共同通信さんの取材に答えました。

記事を読む

no image

神戸山口組舎弟頭の池田組の若頭が何者かによって射殺。

今日岡山市南区の駐車場で神戸山口組系の池田組の若頭が何者かによって射殺されましたね。 &nb

記事を読む

no image

日本株もREITもそうだけど、リーマンショック前の時と同様実体経済と乖離して上昇し続けてる。

個人マネー、高利回り照準 REITに1月2000億円 http://s.nikkei.com/1E9

記事を読む

no image

東京ではエリートの旦那がキャバ嬢に狂ってる、浮気に夢中ということが多い。

さきほど、旦那が六本木のキャバ嬢に貢いでるんですけどっていう相談があった。  

記事を読む

no image

なぜ今女の子の間でパイパンが流行っているのか?

最近女性の間でパイパンが流行ってるらしいんだけどなんでなんだろう?   ハリウ

記事を読む

no image

日本も近い将来フランスのように風俗やキャバクラに行く客が罰せられる法律ができます!

フランスやスウェーデンなどヨーロッパでは買春者処罰法と言って風俗やキャバクラへ行く客を罰する法律がで

記事を読む

no image

女性は男の100倍大変です。いろいろ女性に文句言ってる男性は女性がいかに大変かを知った方がいいと思います!

女の人はほんとういろいろとお金がかかりますよね。   美容院代もそうだし、ネイ

記事を読む

no image

TOKIOの城島は人間性が素晴らしいんだと思う。

TOKIOのリーダー城島がかっこよくないとかいうツイートを見たけど、城島は人間性がほんとに良いんだと

記事を読む

京都の会津小鉄会も分裂があるのか?京都は人権左翼、同和、ヤクザ、神社仏閣、宗教などドス黒い街。

小鉄も割れたのね。 — 組長 (@6yamaguchigumi) 2015, 11月 19

記事を読む

no image

本田由紀先生にぶちギレられた話。「女性の敵は女性」なんだなと実感しました。

本田由紀先生と風俗やキャバクラなど夜の仕事についての考えで言い合いになった笑  

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    TIME誌「女性の貧困について」
  • 友だち追加数