ネットカフェ難民とかホームレス、未成年売春の根本は日本の不動産システムの欠陥にある!

公開日: : 政治, 社会

不動産を紹介しているとよくわかることだけど、不動産の保証人制度というのが全く有名無実化していると思う!

 

昔だと連帯保証人がいれば良かったのが、今は管理会社から保証会社必須でお願いします!と言われます。

 

これは福島の震災などで連帯保証人もすべて死んでしまい回収できなくなるということがあったため、管理会社がそうならないために保証会社を必須にしているみたいです。

 

ただそうなったら連帯保証人の意味がないと思います。

 

保証会社に入らなくていいための連帯保証人であるはずであって、それがどうしても連帯保証してくれる人がいないから保証会社を頼むということが筋であったと思います。

 

それが保証会社必須になっていると、じゃあ連帯保証人は何なの?っていう話になってくると思います。

 

今って戦後から高度成長時代のような全員が何かしらの正社員について妻は専業主婦になるという時代ではないと思います。

 

もうすでに労働者人口の半数近くが非正規雇用に変わってるわけですから。

 

それなのに不動産業界全体が高度成長時代から変わってないんですね。

 

正社員じゃないと家を貸さない!

 

管理会社によっては公務員や大企業役員などじゃないと貸さない!など。

 

フリーターや派遣社員が家を借りに行くとどこの不動産屋さんも嫌がります。

 

不動産仲介が嫌がらなくても管理会社は間違いなく嫌がります。

 

日本ってめちゃくちゃ家を借りにくい国だということですね。

 

高度成長のシステムのままなので、半数の非正規の人たちは家を借りれないということになります。

 

これは明らかに不動産システムの欠陥と言わざるを得ないと思います!

 

また夜職の人たちに対しても不動産業界は厳しいです!

 

まずほとんどの管理会社は夜職だと正直に言うと貸してくれません。

 

仲介会社でも夜職というと嫌がるところが多いです。

 

これは田舎になればなるほどそうですね。

 

風俗嬢は全国に35万人以上いるし、キャバ嬢は5万人いるわけです。

 

さらにホストやスカウト、ボーイなども合わせると全国で50万人はいると思います。

 

そういう人たちも家を借りられません。

 

当然ニートも家を借りられません。

 

よくもういい年なのにまだ親元で暮らしてー!とかいう意見を耳にしますが、まず出て行こうにも行けないというのもあると思います。

 

日本の不動産業界はそれくらい家を借りるのに厳しいです。

 

ネットカフェ難民とかホームレスの問題もこの家を借りれないという制度にある気がします。

 

未成年売春の原因も実は不動産システムの欠陥にある場合が多くあります。

 

それは日本の不動産業界では未成年が家を借りるのがとても難しいのです。

 

まず未成年オッケーですよ!という管理会社は少ないです。

 

未成年でも働いていればまだいいですが、未成年で無職で連帯保証人もいないとなると本当に難しくなります。

 

そのため住処を求めて「神待ち少女」になったり、寮付きの風俗嬢になったり、キャバクラに努めたり、ヤクザの愛人になったりせざるをえない場合があります。

 

家が居場所でない少年、少女は闇に取り込まれてしまう他ないのが日本の不動産システムなのです。

 

日本には今空き家がいっぱいあると問題になってるんだから、その空き家に非正規やホームレスの人、未成年の家出少年、少女たちをタダで住まわせてあげたらいいと思います。

 




関連記事

no image

弁護士の消費者金融やノンバンクに対する過払い金請求はやりすぎだと思います。

過払い金請求は弁護士業界にとって巨大ビジネスだったけど、そろそろ過払い金返還が出来る期限が迫って

記事を読む

no image

川崎のさいか屋つぶれるんだー!残念。。

川崎駅前の「さいか屋」が閉店してしまうんだけど、いま入り口のところで写真展やってて、それがすごくおも

記事を読む

no image

学歴と人の良さは関係ない

学歴があるなしと、人の良い悪いは全く関係ない! 低学歴の良い人もいれば、高学歴の悪いやつもいる。

記事を読む

今の芸能(雑誌、テレビなど)はAKBに占拠されていて、グラビアアイドルの出る枠がなくなった。 13歳などローティーンでないと難しい。

芸能は00年代と比べて非常に厳しい。   最近のグラビアなどはもうほとんどAK

記事を読む

no image

アイドルや女優、モデルなど芸能界を目指すなら西麻布や恵比寿の会員制ラウンジで働くのは絶対にやめましょう!

ずっと勘違いしてる人がいるから言うけど会員制ラウンジで働いたら絶対芸能界では干されるから、真面目に芸

記事を読む

いつもうちのNPOにAV強要問題やJKビジネス問題などについて取材してくれる記者さんです。

ガールズバー 少女補導の現場…冷たい夜の雨、ミニスカート、厚化粧(産経新聞) - Yahoo!ニ

記事を読む

no image

イライラがスーツと消える方法

ツイッターでイライラがスーッと消える方法が辛辣だと話題になっていました笑  

記事を読む

no image

最近の東京は東側が西側、南側を凌駕している。

不動産市場でも東京は東側が強くて西側、南側が弱くなってきていると言われていますがこれはキャバクラなど

記事を読む

no image

元キャバ嬢は昼の仕事でも輝いている。

昼の仕事とかマッサージとかでこの人めちゃくちゃ会話うまいなー!って人あとあと聞いたら、実は昔キャバク

記事を読む

no image

朝日新聞の女子力特集。

朝日新聞が女子力とは?みたいな特集やってたけど、女子力について深く考えないような女の子の方がモテて幸

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、帰国子女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数