ネットカフェ難民とかホームレス、未成年売春の根本は日本の不動産システムの欠陥にある!

公開日: : 政治, 社会

不動産を紹介しているとよくわかることだけど、不動産の保証人制度というのが全く有名無実化していると思う!

 

昔だと連帯保証人がいれば良かったのが、今は管理会社から保証会社必須でお願いします!と言われます。

 

これは福島の震災などで連帯保証人もすべて死んでしまい回収できなくなるということがあったため、管理会社がそうならないために保証会社を必須にしているみたいです。

 

ただそうなったら連帯保証人の意味がないと思います。

 

保証会社に入らなくていいための連帯保証人であるはずであって、それがどうしても連帯保証してくれる人がいないから保証会社を頼むということが筋であったと思います。

 

それが保証会社必須になっていると、じゃあ連帯保証人は何なの?っていう話になってくると思います。

 

今って戦後から高度成長時代のような全員が何かしらの正社員について妻は専業主婦になるという時代ではないと思います。

 

もうすでに労働者人口の半数近くが非正規雇用に変わってるわけですから。

 

それなのに不動産業界全体が高度成長時代から変わってないんですね。

 

正社員じゃないと家を貸さない!

 

管理会社によっては公務員や大企業役員などじゃないと貸さない!など。

 

フリーターや派遣社員が家を借りに行くとどこの不動産屋さんも嫌がります。

 

不動産仲介が嫌がらなくても管理会社は間違いなく嫌がります。

 

日本ってめちゃくちゃ家を借りにくい国だということですね。

 

高度成長のシステムのままなので、半数の非正規の人たちは家を借りれないということになります。

 

これは明らかに不動産システムの欠陥と言わざるを得ないと思います!

 

また夜職の人たちに対しても不動産業界は厳しいです!

 

まずほとんどの管理会社は夜職だと正直に言うと貸してくれません。

 

仲介会社でも夜職というと嫌がるところが多いです。

 

これは田舎になればなるほどそうですね。

 

風俗嬢は全国に35万人以上いるし、キャバ嬢は5万人いるわけです。

 

さらにホストやスカウト、ボーイなども合わせると全国で50万人はいると思います。

 

そういう人たちも家を借りられません。

 

当然ニートも家を借りられません。

 

よくもういい年なのにまだ親元で暮らしてー!とかいう意見を耳にしますが、まず出て行こうにも行けないというのもあると思います。

 

日本の不動産業界はそれくらい家を借りるのに厳しいです。

 

ネットカフェ難民とかホームレスの問題もこの家を借りれないという制度にある気がします。

 

未成年売春の原因も実は不動産システムの欠陥にある場合が多くあります。

 

それは日本の不動産業界では未成年が家を借りるのがとても難しいのです。

 

まず未成年オッケーですよ!という管理会社は少ないです。

 

未成年でも働いていればまだいいですが、未成年で無職で連帯保証人もいないとなると本当に難しくなります。

 

そのため住処を求めて「神待ち少女」になったり、寮付きの風俗嬢になったり、キャバクラに努めたり、ヤクザの愛人になったりせざるをえない場合があります。

 

家が居場所でない少年、少女は闇に取り込まれてしまう他ないのが日本の不動産システムなのです。

 

日本には今空き家がいっぱいあると問題になってるんだから、その空き家に非正規やホームレスの人、未成年の家出少年、少女たちをタダで住まわせてあげたらいいと思います。

 

関連記事

no image

元キャバ嬢は昼の仕事でも輝いている。

昼の仕事とかマッサージとかでこの人めちゃくちゃ会話うまいなー!って人あとあと聞いたら、実は昔キャバク

記事を読む

no image

鈴木大介さんの「最貧困女子」を救うことは簡単。腕利きスカウトに頼ること

鈴木大介さんの新作「最貧困女子」風俗でも稼げない、落とされる最も貧困な女子たちの話。 &nbs

記事を読む

キャバ嬢は客と付き合わないというのは迷信。

一般的に信じられている迷信の一つにキャバ嬢はお店で出会ったお客さんとは付き合わないということがある。

記事を読む

no image

北海道5区の衆院補選は池田まきさんを応援しています!シングルマザーや非正規など弱者の味方になってくれると思います!

北海道5区の衆院補選は池田まきさんを応援しています!   シングルマザーとし

記事を読む

no image

その土地、土地によってモテる人ってある

その土地、土地によってモテる人ってあると思う! 地元大阪だとイケメンとかあんまりモテない。 &

記事を読む

最近の風俗界の最先端は豊洲のタワマンでの超高級風俗。

最近聞いたんですが、豊洲のタワマンの中のマンションを使って超高級風俗をやってるらしいですね。。

記事を読む

実は女の子も裏で男とホテル行くことを打ち合わせをしている!?

今日はギャル2人にアトムの場所を聞かれたので案内してあげた。   普段は六本木

記事を読む

日本は東京の一部を除いてヤクザ、ヤンキー国家。一番モテるのもヤクザとヤンキー。

日本は常々ヤンキーとヤクザ国家だと思います。   どこの街、どこの業界でもヤン

記事を読む

no image

アイドルたちのLINE上での悲痛な叫び

今日も、LINEのタイムライン上では、アイドルの卵たちの悲痛な叫びが・・・  

記事を読む

no image

日本はあまり力をつけすぎた出る杭は国家権力が別の誰かにやられてしまう。

許永中さんの「日本の闇を背負い続けた男」(溝口敦)がめちゃくちゃ面白い。  

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    TIME誌「女性の貧困について」
  • 友だち追加数