少女たちのセーフティーネット

公開日: : JKビジネス, 女性, 少女, 書評, 東京, 社会, 風俗

鈴木大介さんの「家のない少女たち」「援デリの少女たち」や荻上チキさんの「彼女たちの売春」黒羽幸宏さんの「神待ち少女」など少女の闇について書かれた本を読みました。

 

援デリをやったる少女も、路上でワリキリをやってる少女もそれぞれが心の中に闇を抱えているということです。

 

それは、家庭の虐待がありどうしても家に帰れないことや、施設の人間関係が悪くて行き場がないこと、学校での友人関係などのトラブルなど様々です。

 

どの本を読んでも、援デリや、神の存在が彼女たちにとってのセーフティーネットになっているということです。

 

援デリの隆盛も、元は援交をしていた少女たちや、出会いカフェにいた少女たちです。

 

それらが規制されたため、行き場をなくした少女が援デリに走っています。

 

これは、例え行政が彼女たちを規制しても、彼女たちはセーフティーネットを求めて、新たな収入源の確保にまい進します。

 

体を売らない少女たちにしても、同様で、最初は出会いカフェでお茶を飲むだけで5000円もらっていたのがなくなったので、見学クラブに行き、そこがなくなるとJKリフレへ。

 

そこもなくなった今JKビジネスをやっていた少女たちは個人売春、援助交際、ドヤ街での売春に流れました。

 

行政とのイタチごっこが続いているのです。

 

開沼博さんの「漂白する社会」にも書かれていましたが、警察は、キャバや風俗、スカウトなどに対して、18歳以上であれば、ある程度大目に見てくれています。

 

しかし、そこがミテコ(未成年)を使ってるとなると、「子どもたちの健全な育成」という名目に違反したということで、目の色を変えて摘発に動いてきます。

 

しかし、開沼さんや上記の先生たちがおっしゃられているように、彼女たちはミテコであっても、自らの意思で売春することを選び取っています。

 

行政や社会が彼女たちの「健全な育成」を思ってしている規制が、実際のところ彼女たちを追いこんでしまっています。

 

逆にその規制があるため、18歳以上はなんでもオッケーみたいな感じになっています。

 

17歳が子どもで18歳が大人なのかというと、それは違うと思います。

 

17歳はAVに出たらダメだけど、18歳はAVに出てもいいというのはおかしいと思います。

 

メキシコでは12歳、スペインでは14歳からSEXをしてもいいそうです。

 

日本でも江戸時代は14歳でSEXして嫁に行っていたそうです。

 

それが近代化の中で、いつのまにか18歳以降でないとSEXをしてはいけないみたいな感じになってきました。

 

何の根拠もない中に。

 

彼女たちの健全な育成をしたいのであれば、そういった規制はできる限り取り払うべきだと思います。

 

その上で、キャバをやるか風俗をやるかは自由意思での選択にすればいいと思います。

 

現在のように、行政のセーフティーネットが機能していないのであれば、そうするしかないでしょう。
 
 

関連記事

c0141210_21941

90年代~00年代の東京のイベントやサークルをしきってた人たちの人間力ってやっぱり凄いと思う!

当時の90年代~00年代の東京のイベントやサークルをしきってた人たちの人間力ってやっぱり凄いと思う!

記事を読む

no image

自分の人生だからやりたいようにやってしたいように生きた方がいい。

自分の人生だからやりたいようにやってしたいように生きた方がいい。   日本の小

記事を読む

no image

揉め事のほとんどは女絡み。

六本木での日々の喧嘩や海での喧嘩や刺殺事件とか、揉め事のほとんどは、女発端で起こってるわけで、だいた

記事を読む

5c191bbc

なぜ80年代に流行ったボディコン、男ウケ!モテ!の服が再び来ているのか?なぜギャルがいなくなったのか?

今再びボディコンの流れが来てるような気がします。    

記事を読む

no image

必ず賛同してくれる人がいるというのが東京の素晴らしさだと思います。

NPOだいわピュアラブセーフティネットをやり風俗嬢の女の子やキャバ嬢の女の子を幸せにするため活動して

記事を読む

no image

駒崎弘樹、NPOフローレンスとの保育士を低賃金でこき使うな!裁判は第三回が終わりました。

駒崎弘樹、NPOフローレンスとの保育士を低賃金でこき使うな!裁判は第三回が終わりました。 &

記事を読む

no image

違法風俗によって助かっている女の子も数多い。違法だからダメというのは安易!

タイムラインで援デリについてつぶやかれていたので夜の世界の違法営業について書きたいと思います。

記事を読む

E696B0E5AEBF

新宿は東口が寂れてきて、南口に中心がシフトしてきたね。

Fashionsnap.com@fashionsnap2016年春開業の複合ビル名称「JR新宿ミライ

記事を読む

no image

日本の若者のニートはわずか2、3パーセント。そのうち病気の者を除くと1、3パーセントしかいない。

工藤啓さんと西田亮介さんの「無業社会」を読み西田さんの講演に行ってきました。  

記事を読む

no image

和歌山のアドベンチャーワールドのパンダの梅ちゃんがめちゃくちゃかわいい!!

  和歌山のアドベンチャーワールドのパンダの梅ちゃんがめちゃくちゃか

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
  • 友だち追加数