郊外の息苦しさと閉塞感

公開日: : 名古屋, 地方, 大阪, 書評, 東京, 横浜, 社会, 神奈川, 若者

3年間神奈川の郊外に住み、郊外で働いていたことから、郊外に興味を持ち三浦展さんの「東京は郊外から消えていく」や「ファスト風土化する日本」「郊外その危機と再生」、若林幹夫さんの「郊外の社会学」などを読みました。

 

なぜ郊外にそこまで興味が出たかというと、住んでいて、何とも言えない息苦しさのようなものを感じていたからです。

 

「現在地 郊外その危機と再生」の中でも、郊外に住む独身男性は特に疎外感が強く、都市に出たときに、帰宅したくない症候群になったり、鬱っぽくなったりしてしまうということが書かれていました。

 

郊外というのは女性のための街だそうです。

 

確かに俺も神奈川の郊外に住んでいたときは、息苦しさから、毎週土日は都内の繁華街に出かけていました。

 

また時間が経てばたつほど、帰宅したくないなーと憂鬱になってきたのを覚えています。

 

その理由として、これらの本にも書かれていることですが、都市にある猥雑性の排除、人口構成の偏り、画一的な街並み、第三空間の存在の不可があります。

 

郊外は、計画的にきれいなものだけを画一的に集められた街なので、街に一切の逃げ場がありません。

 

都市に存在する汚いものには、蓋をして見ないようにしようということなのです。

 

独身の中年男性であれば、会社終わりの赤提灯での一杯や、キャバクラやスナックでの女遊び、エロDVDを見ることや、競馬、パチンコ、スロットなど猥雑性が必須になってきます。

 

また思春期の学生であっても、家庭や学校に居場所がなくなったら、都市に向かい、そこで同じような仲間と会いたまることで、都市が居場所になるのです。

 

都市がアジール(避難所)としての役割を果たしているのです。

 

郊外は彼ら、彼女らの最後の居場所すらないのです。

 

郊外は都内の上場企業などで働くアッパーミドル層が、より良い子育て環境を求めて移りすんでいます。

 

郊外の表面的な治安の良さだけを見ていると、痛い目に会うと思いますよ。

 

酒鬼薔薇がニュータウンの生き辛さから逃げて一人で過ごしていたタンク山や向畑ノ池。

 

そこは、家と学校両方に居場所がなかった彼の最後の避難所だったんだと思います。

 

ただ、それらの場所は、より孤立を深める装置として機能してしまいます。

 

もし彼にとっての第三空間が都市であったなら、ここまで自意識の膨張は起こらなかったのではないでしょうか。

 

神奈川郊外の相模大野や町田が未成年によるウリで賑わっていましたが、これも第三の居場所として、一足飛びにウリ(援交)にまで行かないといけない郊外の病理を現していると思います。




関連記事

no image

森は1兆8000億のうち何億か中抜きしてるんちゃうかと疑ってしまうw

東京オリンピックの一兆8000億のうち何百億かは森が中抜きしてるんちゃうんかと疑ってしまうw

記事を読む

no image

関東一の高級住宅街は渋谷の松濤。渋谷に比べたら六本木も西麻布も白金も銀座もぜんぜん大したことない。

地方の人とか東京に詳しくない人は今だに六本木や西麻布、広尾なんかが渋谷よりも高級だと思ってる。

記事を読む

no image

JKビジネスは中東におけるサダムフセインだった。個人売春に行く前の最後の「溜め」の役割をしていました。

JKビジネスは中東におけるサダムフセインだったんですよ。   個人売春に行く

記事を読む

no image

都内は全都道府県で一番寛容で優しい街。

ごはん食べてたら、店のオーナーのおばちゃんが来て、いつも外で頑張ってるわよね!知ってるのよドリンクご

記事を読む

no image

少年・少女が夜の世界に入らないようにすることが支援なのか?

スマホで広がる違法就労 - NHK クローズアップ現代 http://nhk.jp/genda

記事を読む

no image

被災地から避難してきた人を温かく迎え入れる社会でないといけない!

<東日本大震災>帰還検討67%超 いわき市、市外避難者(毎日新聞) - Y!ニュース &nbs

記事を読む

no image

場面に応じてキャラを使い分けることは結果的にはアイデンティティの崩壊に陥る。

平野啓一郎が肯定的に勧める「分人」。   電通の若者研究会なんかでも現代の若

記事を読む

no image

最近の朝日新聞の女性の貧困と子どもの貧困の煽り記事が凄い!

最近の朝日新聞の女性の貧困と子どもの貧困の記事が凄いな!   ティッシュを味

記事を読む

no image

NPO法人のBONDプロジェクトという少女支援をする団体に違和感!少女支援にかこつけた実態とは違う男性嫌悪団体だと思う。

NPO法人のBONDって10代や20代の少女を助けるNPOらしいんだけど、これも仁藤さんのNPOと同

記事を読む

no image

大阪の大きな弱点は歩いて楽しいオシャレな街がないところ。

大阪の大きな弱点は歩いて楽しいオシャレな街がないところだね。   梅田も地下

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数