六本木(麻布)にいた半グレの人たちが消えて六本木の魅力が半減した。

公開日: : 最終更新日:2017/04/29 ヤクザ, 六本木, 東京, 街のフィールドワーク

先週久しぶりに六本木のV2に行きました。

 

思ったのは六本木のクラブもだいぶ変わったなー、いや六本木自体がだいぶ変わったなー!!ということです。

 

六本木が一番面白かったのってやっぱりa-lifeがあって、バニティ、フラワーがあって、カラーがまだなかった3年前くらいだと思います。

 

街の雰囲気もだいぶ変わりましたね。

 

六本木のキャバ嬢の友達も結構言ってましたが、3年前くらいは街に活気があったのが2年前くらいからガタッと落ちて今はぜんぜんダメだそうです。

 

3年前の六本木って遊び人がわんさか集まって、危ない奴もいっぱいいてって感じでした。 クラブでも変なやつとかやばい奴みたいなのがもっと多かった気がします。

 

セキュリティもそんなに厳しくなかったですしね。

 

今はセキュリティもめちゃくちゃ厳しいですからね。

 

ちょっとしたこととかでもすぐ追い出したり、注意したりしています。

 

それだけ警察の目が厳しいということなのだとは思いますが。

 

六本木の街はセーフティーにはなってきたけど、その分活気がなくなって面白みがなくなってきたなーと思います。

 

六本木や西麻布の街に活気があり、クラブやキャバクラが華やいでいたのは関東連の人たちの全盛の時代だったと思います。

 

六本木の街には半グレの兄ちゃんたちも溢れていたし、お前の顔面が気に入らないと殴り合っていたり、警察と5対1でやり合い警察が全く歯がたたないみたいな兄ちゃんで溢れていました。

 

終電逃したからタクシー代二万払え!と駅員をボコボコにする半グレの兄ちゃん、六本木の朝方顔面血だらけで転がってる兄ちゃんたち。

 

3年前の六本木はそういう半グレの兄ちゃんたちの街でした。

 

キャバクラでも関東連の人や怒羅権の人が豪遊したりして、キャバクラも華やいでいました。

 

六本木や麻布カラオケルームの大部屋では半グレの兄ちゃんたちが綺麗なモデルやキャバ嬢を次々に呼び出して乱交パーティーをおっぱじめるはでさすが六本木は凄いな!!と思わせてくれていました。

 

しかしクラブの摘発、関東連や怒羅権の準暴力団指定、フラワー事件などもあって、そういう半グレの兄ちゃんたちが六本木に来なくなってきました。

 

すると六本木や西麻布のキャバクラやラウンジは衰退するし、クラブもセキュリティの強化もあってよけいに敬遠されてしまいました。

 

六本木、西麻布の衰退と半グレの兄ちゃんたちが六本木、麻布に姿を見せなくなったのは、軌を一にしているなと思います。

関連記事

no image

なぜ歌舞伎町から六本木に行ったけどまた歌舞伎町に戻る子が多いのか?

あとこれもさっき聞かれたので書いときますと、なぜ歌舞伎町から六本木に行ったけどまた歌舞伎町に戻る子が

記事を読む

六本木の伝説のキャバ嬢黒崎ひなのさん。キャバ嬢に必要なのはリア充感とイケてる感!これがないとホステスはできません!

六本木の伝説のキャバ嬢、黒崎ひなのさん(*^_^*) キャバ嬢に必要なのはリア充感、イケてる感!

記事を読む

no image

最近地回りはナンパも捕まえる時代

さっき渋谷で地回りが回ってて、最近スカウトが他から流れてきてるから、見ないスカウトやナンパしてるやつ

記事を読む

渋谷にノルマなし自由出勤で隣にも座らない時給3千500円のウエイター募集

渋谷のレッドシューズがカフェリエーブルにリニューアルオープンしました。 &nb

記事を読む

no image

大阪の四ツ橋駅と心斎橋駅を繋げなかったのは素晴らしいと思う!

大阪は心斎橋と四ツ橋間など本当に距離的にはかなり近くて地下でつなげられそうなところでもあえてつなげて

記事を読む

no image

共同通信さんのサイトのU30のコンパスでNPOだいわピュアラブセーフティネットを取り上げていただきました!

U30のコンパス 夜の仕事の悩みに寄り添って(上)   共同通信さんのサイト

記事を読む

no image

日本最大の暴走族の総長。傘下暴走族4800人!

渋谷の立てこもり犯、バルビゾンビルの会長の長男で全日本レーシング連盟の伊藤博重さんだったんですね!

記事を読む

no image

事務でも飲食でも教師でもキャバ嬢でも風俗嬢でも都内>関東>地方の間には仕事レベルに大きな差がある

祇園や新地、ミナミ、錦、中洲でナンバーワンだってほんとよく来るんですが、都内からしたらだから何なのっ

記事を読む

no image

地元での幸せを願っています

このまえ書いたホスト狂いの歌舞伎のヘルス嬢になってしまった長野の子が、9月に地元に帰る決断をしたそう

記事を読む

no image

横浜、川崎、町田など神奈川は稲川会の綿密な横の連携により治安維持を担っている。都内ではありえない

横浜のケツ持ちの稲川会の偉い人とお茶してきました(*^_^*)   横浜は警察

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」
    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数