JKビジネスに来ているのは普通の女子高生ではありません!特殊な女子高生たちです。

JKビジネスをやっている女子高生のマインドはふたパターンあります。

 

それは以前も書いた病んでいるメンヘラの女の子です。

 

昼の世界が嫌で馴染めない子ですね。

 

この子たちは当然NPOのシェルターなんかにはいきません。

 

結局JKビジネスがなくなったあとは精神病院などに行きます。

 

もう一方はJKという今だけのブランド価値を使って金を稼ぎまくりたいというキャバ嬢や風俗嬢など夜の世界の女の子と近いマインドの子たちです。

 

この子たちに道徳のことや、貞淑の概念など説いたところで意味はないです。

 

むしろ実態として女子高生は別に貞淑でも無垢な少女でもありません。

 

なので仁藤夢乃さんのコーラボやボンドプロジェクトが意味をなしていないのは、普通の女の子がそっちの世界に引っ張られているという発想だからです。

 

JKビジネスに来ているのは普通の女子高生ではありません!

 

ある種の特殊な女子高生たちです。

 

だからJKビジネスがなくなったあとは普通に昼のバイトや昼学校に行こうとはなりません!

 

未成年キャバに行ったり、未成年風俗、個人売春、ヤクザの愛人などになるのです。

 

そこの前提を踏まえないとダメです!

 

それはスカウトが女子高生をたぶらかしてるとかでは決してありません!

 

というかほとんどのスカウトは女子高生をスカウトしてないです。

 

JKビジネスで働いてる子は友達の紹介か、自らホームページを見て申し込んでいます。

 

スカウト経由ではありません!

 

したがって仁藤さんやボンドプロジェクトなんかがやってる女子高生の避難所なんかは全く意味がないのです。

 

キャバ嬢や風俗嬢のための避難所を作っても誰も来ないのと一緒です。

 

JKビジネスがかわいそう!とか保護しなきゃ!とか言ってるのは、普通の女子高生とかマジメ系な女の子やおじさんです。

 

その人たちは、スカウトに対して女衒って言ったり、風俗嬢に対して昼の仕事につきなさい!って説教したり、キャバ嬢に対してまともな仕事ではない!とか言ったりする人たちです。

 

JKビジネスで働いてる子たちの実態を把握しないで、支援支援言ってても意味ないし、それは支援でも全くないです!

 

むしろ邪魔してるだけです。

 

片方のJKビジネスをしているキャバ嬢的なマインドの子たちはスクールカーストで言うところの上位ランクに位置する子たちです。

 

支援しなきゃ!とかそんな危険なことはやめなよ!とか言ってるのはスクールカーストの下位ランクの子たちです。

 

したがってJKビジネスやってる子からしたら、なんであんなダサいやつらとつるまなきゃいけないの!?ってなります。

 

正直JKビジネスはダメだよとか言ってる人たちは軒並みダサいです。。

 

これはキャバ嬢でもそうです。

 

キャバクラはいかがわしい!夜の女は下品だ!とか言ってるのはスクールカーストの下位ランクの子たちなのです。

 

学校の隅っこでまじめに勉強してきた子たちです。

 

したがってお互いは決して相いれないのです。

 

関連記事

no image

今日本でやらないといけないのは税の直間比率の見直し

消費税というのは全員から平等に取りましょうと、一見平等をうたってるけど、金持ちからも貧乏人からも等し

記事を読む

no image

心理士業界の人たちはいろいろと揺れています。公認心理師ができたことで臨床心理士の仕事はどうなる?

今心理士業界の人たちはいろいろと揺れています。   今国会で公認心理士という

記事を読む

no image

最近の不良は自分より弱い者、抵抗しない者に向かっていく者ばかりになった気がする。不良なんだったら山口組や住吉会と喧嘩しないとダメだと思う!

最近の不良は自分より弱い者、抵抗しない者に向かっていく者ばかりになった気がする。  

記事を読む

no image

風俗業界と介護業界の支援の難しさ。ホスト大好き風俗嬢もいれば、学費のため働く風俗嬢もいる。

風俗嬢に対しての支援の難しさは介護業界への支援の難しさと似ているような気がする。  

記事を読む

no image

大阪のスカウトグループ「絆」摘発。上部団体のアインズグループも摘発なるか?

大阪の風俗スカウトの絆グループが職業安定法違反で摘発されましたね!   ここ

記事を読む

no image

ヤクザ対半グレは在日朝鮮系のオールドカマー対中国系のニューカマーの争いに他ならないと思う。

現在の日本は旧来のヤクザ(在日朝鮮系の人たち)と新興マフィア(ドラゴンなどのチャイニーズマフィア)と

記事を読む

「戻りたいけど戻れない、帰りたいけど帰れない東京」誰でもどんな人でも受け入れる大都会東京。

東京好きですか???って聞かれて東京めっちゃ好きです!と言える人はあんまりいないのでは。好きじゃなく

記事を読む

no image

早慶のブスよりも中卒でもかわいい子が求められる。本当はダメなんだけど今の日本はこうなってます。

ルミネの働く女性たちを応援するCMが酷い内容だった - 田舎で底辺暮らし http://pokona

記事を読む

no image

大多数のAV女優は貧困ゆえにしかたなくAV女優になってるわけではない!!

今日のテレビ朝日の「そもそも総研」で貧困ゆえに23歳でAV女優にならざるをえない、かわいそうだ日本は

記事を読む

no image

もし会社やお店(風俗店やキャバクラなど)が合わないなと思ったら我慢せずすぐやめた方がいい!

もし会社が合わないなと思ったら我慢せずすぐやめた方がいい!   そのストレスで

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」
    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数