「地元ネットワーク」が機能してるのは地元のヤンキーだけではないのか?

法政大学で行われた「高卒5年若者たちはどこで、どのように生きているのか」というセミナーに行ってきました。

 

学芸大の社会学部教授の浅野智彦先生や首都大の教育学部教授の乾先生、岐阜大の教育学部助教の南出先生などが来ていました。

 

都内の高卒の高校生たちに7年間密着して若者たちの今を追いかけようというものです。

 

そこから、若者たちへのどういう支援ができるのかを考えようというものです。

 

高卒後のそれぞれの進路、看護師や民間企業、職人、大学、専門学校、夜の仕事などそれぞれの仕事にも密着しています。

 

主に来られていたのは、若者について研究している大学生や院生、現役の高校の先生や労組の人やPOSSEの人たちでした。

 

3時間に及ぶセミナーでしたが、乾先生や南出先生などが言っていたのは、7年にも及ぶ調査の結果、若者たちにとって大切なのは、「地元ネットワーク」であるとのことでした。

 

就活や仕事で病んだとき、また大学生活がうまくいかなかったときに、機能していたのが地元ネットワークとのことでした。

 

講義の最後に質疑応答があったので、率直に聞きたかったことを聞いてみました。

 

それは、最近の社会学者や教育学者は、絆やら地元ネットワークやら地域コミュニティやらそういうものこそが若者のセーフティーネットになるんだと言っています。

 

今回も対策として出されたのが地元ネットワークというものでした。

 

しかし、前々から疑問に感じていたのは、地元で強固なネットワークを保持し続ける集団ははたしてあるのか?ということです。

 

俺も地元は大阪の下町で、どちらかというと地元ネットワークが強いエリアだと思います。

 

それでも地元で集まるというのは、年に何回かの同窓会などだけです。


気の合う地元の仲間でバーベキューや海に行くということはあります。

 

しかし、そういう場ではみんなが楽しんでその場を過ごそうと考えているので、今就活で病んでてとか、保護ないとやってけないとかそんな重い話はしません。

 

また年数が経過していくごとに、会う機会もなくなっていきます。

 

就職の世話を焼いて、女を世話して、悩みを聞いてあげて、定期的に集まりを持つって一部のヤンキーコミュニティだけではないのかということです。

 

地元ネットワークが強固なヤンキーたちであっても、先輩との関係がうまくいかなくなってとか、地元でやらかしてとかで地元を出ていく者も多々います。

 

最近喧伝される地域コミュニティだって、彼氏、彼女と歩いてただけで次の日には隣のおばちゃんにも知られてるとか、変な噂を流されるとかで狭い閉鎖的な世界を嫌って都心に来る人も多々います。

 

本に書かれているような地元ネットワークは本当に機能しているんですか?ということを質問しました。

 

他何人もが質問したのに、3人の先生が俺の質問に答えてくれました(>_<) ありがとうございます。

 

特に首都大の乾先生は俺の名前まで憶えてくれて嬉しかったです(>_<)

 

学芸大の浅野先生からは、内閣府がかなり細かくやる若者調査から、なぜあなたは地元を出ないんですか?と質問したら、地元に友達がいるからと答える割合が9割にもなるそうです。

 

だからあるていど機能はしているだろうとのことでした。

 

しかしそれは、どこまでの友達ですか?とか突っ込んで深く質問していないので、どの程度の友達がいるのかはわからないとのことでした。

 

南出先生からは、地元ネットワークが大切であるが、単なる居場所なのか就職斡旋や恋愛にもつながるかはわからないとのことでした。

 

また調査段階では地元ネットワークが居場所として機能していても、その後何年か経つうちに、居場所として機能しなくなるのかどうかも留保しないといけないとのことでした。

 

乾先生からは、地元ネットワークが実際どれくらいあるのかについて、だいたい高卒後9割は機能しているとのことでした。

 

具体的には、定期的に同窓生で集まって飲む会があるとのことでした。 思った以上の多さだっとので驚きでした。

 

ただ地元ネットワークが大事だ大事だ、学校は地元ネットワークを作る場でもあるという風に言われると、地元ネットワークが卒業後にも大事なのはわかったけど、その地元ネットワークを作ることができずに転がり落ちたものはどうしたらいいのか?ということを思いました。

 

それこそ、そんな大事なものがないとわかると、就活や仕事、恋愛などで悩んでいる者は、俺にはそんな大事なものがないんだーと余計に落ち込むんではないのかと思いました。

 

地元ネットワークを作れているということは、すでにコミュニケーション能力がある一定以上はあるということだと思います。

 

それがない若者、作ることができない若者をどうするのか?ということまで踏み込んでいかないといけないような気がしました。




関連記事

no image

最大の愚連隊チャイニーズマフィア「怒羅権」も分裂か?

「関東連合」に並ぶ最大の半グレ集団 「怒羅権」の実態 #ldnews https://t.co/

記事を読む

no image

地方はずっと中学校もっと言えば小学校の関係のまま生きている。1キロ離れた隣町にも行かない(笑)

今日たまたま地元のカフェバーにいったら、どうやらそこは地元の友だち何人かで作ったカフェバーらしくて、

記事を読む

no image

日本のセーフティーネットが夜の仕事に敗北しているように女性の日本型雇用も夜の仕事に敗北している

    日本はアメリカのような女性が寿退社後の雇用の

記事を読む

no image

性風俗の合法化かそれとも買春者処罰法か。

最近の女性支援団体の全国集会や女性シェルター、DV保護、婦人保護施設の全国集会では買春者処罰法の制定

記事を読む

no image

難波の日本刀事件は山健組対極心連合会ゴメスファミリーか?

ミナミのバー刺傷事件被害者の関係者か、バー経営者に暴行 容疑の男3人を逮捕  大阪府警南署 - 産経

記事を読む

no image

タトゥー(刺青)施術は医療。彫師に有罪判決。

タトゥー施術は医療。彫師に有罪判決。 https://www.nikkei.com/artic

記事を読む

no image

朝日新聞の夜の仕事への職業差別、人権侵害が許せない!

また売春を貧困の象徴として書く朝日の記事。 本当に許せませんね! 中学時代、5千円で売春

記事を読む

no image

これからの日本はモテないコミュ障は排除されて、ギャルやヤクザや関東連合的な人たちが東大に入る時代になる。

あとこれから大学入試が企業の面接みたいに学力はどうでもいいから、コミュ力高いやつ取るよ!と国が今改革

記事を読む

アイドルグループの運営は関東連合など輩系でないとうまくいかない。

AKBと関東連合、山口組の関係など言われていますが、AKBの活躍は関東連合など不良があってのものなの

記事を読む

no image

街はやはり若い人がいないと活気が生まれない。

これからはバングラディシュのように平均年齢20代のような若い世代の国がどんどん伸びて来る。

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数