教育意図の失敗による教育の成功

公開日: : 教育

今の学校教育で、政府や文科省が一番子どもたちにつけようとしているのは、「生きる力」の育成です。

 

「生きる力」とは、主体的に生きる力、他者と共に生きる力、生き抜く力です。

 

簡単に言うと、変化の激しい社会をパワフルに生きる力みたいな感じですね。

 

そのために、学校は勉強を教えて、体力をつけて、コミュニケーション力を養い、常識や礼儀、倫理観を教えるのです。

 

しかし、真に「生きる力」を身につけているはずの、まじめに学校に通い何の問題もなく卒業していった者が、大学を出た後、就職したものの理想と違い、無気力に陥りニートになったり、就活がうまくいかず鬱になったりしている者も多くいます。

 

一方、学校教育から真っ向から対立し、反抗し、「生きる力」がないはずの不良やヤンキー達の生きる力のたくましさ!!(笑)

 

何としても生き抜くぞ!成功してやるぞ!という生命力の強さには脱帽しますね(*^_^*)

 

社会学では「教育意図の失敗による教育の成功」と言うそうですが、何とも皮肉なような気がします。

 

まじめな生徒が受験やテストだと将来のために今を犠牲にして勉強に励んでいる中、受験や勉強はわれ関せずと、せつなを生きてきた不良たち。

 

まじめな生徒は、不良たちに対して、「どうせ将来苦労するだろう。」や「今だけ楽しめばいいや。」という気持ちもあっただろう。

 

しかし、現実は結婚し、まじめに働き、家庭をもって、地元のつながりの中で楽しく生きている者も多い。

 

不良たちの生き方は、政府や教育界へのカウンターメッセージのような気がします。




関連記事

no image

病んでいる人、コミュニケーションで悩んでいる人は身体性を軽視しがち!発達障害や言語障害も身体を鍛えることで治る!

俺は教師時代、ことばの教室担当として不登校の子、クラスの中でコミュニケーションがうまく取れない子、ク

記事を読む

no image

京都市の若者支援事業がまるで山口組だった!笑

今日から京都市の子ども居場所づくり事業がスタートしました。   京都の若者支

記事を読む

no image

俺がなぜ地元大阪ではなく神奈川の教師になったのか。

俺はなぜ地元大阪ではなく、神奈川で教師になったかというと、俺自身帰国子女の悩みがあったので、ニューカ

記事を読む

no image

児童養護施設の子への学習支援NPOが性風俗産業へ送りこむことになっている。

経済的に困難な家庭の生徒への学習支援や児童養護施設の子たちへの学習支援を行うNPOや団体は貧困の連鎖

記事を読む

no image

これからの日本はモテないコミュ障は排除されて、ギャルやヤクザや関東連合的な人たちが東大に入る時代になる。

あとこれから大学入試が企業の面接みたいに学力はどうでもいいから、コミュ力高いやつ取るよ!と国が今改革

記事を読む

no image

塾業界(教育業界)は昔からブラック。準備や会議の時間を入れた実質時給は時給500円とかになる。

塾業界は昔からブラック!俺も学生時代塾でバイトしたけどひどかったなー。教育に競争原理はなじまない

記事を読む

no image

学校を軽い気持ちで休むのはよくないというアドバイス

学校を不登校になるのは甘いとか、軽い気持ちで休むと社会に出たときにやっていけないとか言う人がいるけど

記事を読む

no image

朝日新聞などのリベラル、フェミニストの人たちは人権、弱者の味方!と言いながら、いじめ被害者、夜の仕事の女性、家出少女などマイノリティの人権を切り捨てるのはなぜか?

朝日新聞に大阪市が導入予定の教育政策ゼロトレランスへの批判記事が載っていました。  

記事を読む

no image

現役高校教員が地毛を無理やり黒髪に染め直しても良い!と発言。

大阪府羽曳野市の公立高校「府立懐風館高校」でもともと茶髪であった髪の毛を無理やり黒髪に染め直すという

記事を読む

no image

教師を辞めて、本当に困っている子たちの力になれる仕事ができてとても満足しています。

今のNPOの仕事って困っている女の子ひとりひとりとじっくり向き合って、その子のことを考えた仕事をする

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数