発達障害や言語障害だからそのままを受け入れましょうと言われて、一番の被害者は当事者の子どもや大人。

公開日: : 最終更新日:2015/10/14 発達障害, 社会

よく誤解されてることだけど、障害は治らない、だからそのままを受け入れましょうというもの。

 

最近はとくにその傾向が強くて、あなたは発達障害だからしょうがない、あなたは構音障害だからしょうがない、あなたはアスペルガーだからしょうがないと。

 

何かの名前を付けることは簡単です。

 

だけど発達障害、ADHD、自閉症などの病名が日本に入ってきたのが90年代。

 

その後00年代に入り、まだボーダーがいるぞとどんどん自閉的傾向、アスペルガー的傾向、ADHD的傾向と押し広げられてきた。

 

だけど、00年代にボーダーも認めると、さらに別にボーダーも出てきた! 学校の担任なんかは、クラスでちょっとでも変な言動があると、~の傾向があると思うんです!と相談してくる。

 

今の日本はまさにこんな状況なわけです。

 

そして発達障害そのままを認めようという流れもあって、そのままでいいんだよという社会の風潮を生み出している。

 

だけど、それによって一番の被害を受けるのは誰なのか?

 

発達障害や各種障害を抱える子どもであり、大人なんですよ!

 

なぜなら発達障害は治るのに、そのまま放置されてるんだから。

 

俺は発達障害支援の現場で3年間指導してきて、100人以上の発達障害、構音障害、吃音、ADHD、ADDを治してきました。

 

その子たちは来たときは、周りからおかしい子、変な子と思われたり、レッテルを張られているので顔もとても暗いのです。

 

だけど、その子たちと指導を重ねるうちに、各種障害が治っていき、顔がパーーと晴れやかな顔になるのです!

 

先生見て見て!カ行やタ行がもう完璧に言えるようになったよー!とか、先生!もうどもることがなくなったよー!多動傾向や自閉傾向がなくなったよ!と。

 

そのまま放置されて困るのはその子です。

 

そのままでいいんだよと放置されて大人になって、じゃあ就職は?結婚は?できませんよ。。

 

国の作業所で月8万、9万の薄給でないと生活できなくなります。

 

それは支援でもなんでもないです!

 

最近は大人の発達障害というのが言われるようになりました。

 

これらは子どものころに放置されてきた子なのです。 早期に障害を治し、復帰する。

 

困った子じゃなくて、困ってる子なんです。 これは大人、子ども問わず。

関連記事

no image

アベノミクスは物価上昇と金融市場の上昇はするが賃金上昇は置き去りにされスタグフレーション化する

安倍さんはここ20年歴代の総理がなんとかデフレを克服しようとしたけどできなかったので、思い切った策と

記事を読む

no image

保育士を手取り14万で搾取するな!片親をバカにするな!と書いたらNPOフローレンス駒崎から訴えられました!言論弾圧です(´;ω;`)

NPOフローレンス駒崎弘樹から自分の保育園などで保育士を手取り14万で働かせていることを貧困ビジネス

記事を読む

no image

貧困や奨学金と夜の仕事を結び付けて書くのは偏見や差別を助長する。中村さんや角間さん自体が偏見や差別意識を持っている。

貧困や奨学金と夜の仕事を結び付けて考えることってできない。   なぜなら貧困

記事を読む

吉原に遊廓の専門書店カストリ書房があります。

    今日の東京新聞朝刊に吉原にある遊郭専門書店の

記事を読む

no image

少年法は今すぐにでも改正した方がいいと思う。少年犯罪は確実に凶悪化していると思う。

少年犯罪が増加も凶悪化もしていないということをよく専門家とかが言うけど本当にそうなのかな?っていうの

記事を読む

ほんとに良い女とは?西麻布に入りびたり、芸能人のパーティーやシャネルやヴィトンのパーティーに喜んで行ってる女が良い女なのか?

ほんとに西麻布や銀座でプライドばっかり高い三流モデルを良いと全く思わない。  

記事を読む

no image

景気がよくなったからと言ってもう社員の給料は上がらない

アベノミクスで大手が業績を伸ばしてるのに賃上げに結びつかないのは、バブルの頃までと違って、内部留保を

記事を読む

no image

なぜ六本木や梅田、豊洲、天王洲(ウォーターフロント)の開発は失敗しているのか?

速水健朗さんの「東京どこへ住む?」でも書かれていたけど、最近の若者が住みたい街は歩いて楽しい商店街が

記事を読む

no image

自分に都合の悪い情報は全て訴訟恫喝で消させていく駒崎弘樹。まるで中国やロシアの共産圏ですね。

児童福祉に関わる人で,明治の時代に孤児たちを救った石井十次と自らを同じフェーズに置けるとは,さす

記事を読む

no image

セーフティーネットと夜の世界、性風俗の世界、AVの世界は全く別物です!セーフティネットとして夜の世界、性風俗、AV業界は全く機能していません!

これは誤解してる人が後を絶たないので、何度も言いますがセーフティーネットと夜の世界、性風俗の世界、A

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」
    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数