発達障害や言語障害だからそのままを受け入れましょうと言われて、一番の被害者は当事者の子どもや大人。

公開日: : 最終更新日:2015/10/14 発達障害, 社会

よく誤解されてることだけど、障害は治らない、だからそのままを受け入れましょうというもの。

 

最近はとくにその傾向が強くて、あなたは発達障害だからしょうがない、あなたは構音障害だからしょうがない、あなたはアスペルガーだからしょうがないと。

 

何かの名前を付けることは簡単です。

 

だけど発達障害、ADHD、自閉症などの病名が日本に入ってきたのが90年代。

 

その後00年代に入り、まだボーダーがいるぞとどんどん自閉的傾向、アスペルガー的傾向、ADHD的傾向と押し広げられてきた。

 

だけど、00年代にボーダーも認めると、さらに別にボーダーも出てきた! 学校の担任なんかは、クラスでちょっとでも変な言動があると、~の傾向があると思うんです!と相談してくる。

 

今の日本はまさにこんな状況なわけです。

 

そして発達障害そのままを認めようという流れもあって、そのままでいいんだよという社会の風潮を生み出している。

 

だけど、それによって一番の被害を受けるのは誰なのか?

 

発達障害や各種障害を抱える子どもであり、大人なんですよ!

 

なぜなら発達障害は治るのに、そのまま放置されてるんだから。

 

俺は発達障害支援の現場で3年間指導してきて、100人以上の発達障害、構音障害、吃音、ADHD、ADDを治してきました。

 

その子たちは来たときは、周りからおかしい子、変な子と思われたり、レッテルを張られているので顔もとても暗いのです。

 

だけど、その子たちと指導を重ねるうちに、各種障害が治っていき、顔がパーーと晴れやかな顔になるのです!

 

先生見て見て!カ行やタ行がもう完璧に言えるようになったよー!とか、先生!もうどもることがなくなったよー!多動傾向や自閉傾向がなくなったよ!と。

 

そのまま放置されて困るのはその子です。

 

そのままでいいんだよと放置されて大人になって、じゃあ就職は?結婚は?できませんよ。。

 

国の作業所で月8万、9万の薄給でないと生活できなくなります。

 

それは支援でもなんでもないです!

 

最近は大人の発達障害というのが言われるようになりました。

 

これらは子どものころに放置されてきた子なのです。 早期に障害を治し、復帰する。

 

困った子じゃなくて、困ってる子なんです。 これは大人、子ども問わず。

関連記事

no image

伊藤和子弁護士には児童買春の温床である六本木、麻布、南青山を調べてほしい!

伊藤和子さんは六本木、麻布、南青山、赤坂を調べた方がいいですよ。   小学生

記事を読む

山口組の落合金町連合の高橋若頭が麻布十番のELE TOKYOのセキュリティをボコボコにして逮捕されました。

山口組落合金町連合の高橋若頭が麻布十番のELE TOKYOのセキュリティをボコボコにして逮捕(テ

記事を読む

no image

夜のスカウト会社とリクルートエージェントやパソナ、DODAの違いは何一つない。

スカウトやスカウト会社を悪く言う人がいるが、スカウト会社とリクルートエージェント、DODAやパソナと

記事を読む

西麻布や恵比寿、銀座の会員制ラウンジについての誤解(幻想)

最近西麻布や恵比寿、麻布十番、銀座なんかにある会員制ラウンジに行きたいという女の子がいたので、何人か

記事を読む

no image

現在の児童福祉法はどう考えてもおかしい!未成年の売春を認めるべき!

中3少女を買春容疑、三菱東京UFJ行員逮捕 本人否認:朝日新聞デジタル https://t.co

記事を読む

no image

六本木のキャバクラ、高級クラブ、会員制ラウンジがAVへの橋渡しをしている。。

六本木のキャバクラ、高級クラブ、会員制ラウンジがAVへの布石、登竜門的な役割を果たしている。

記事を読む

no image

警察は正義の機関ではない

「バーニングを絶対潰す!」“芸能界のドン”を追及し、“無実の罪”で逮捕された暴力団組長が命を懸けた反

記事を読む

no image

田代仁=オリバーって人、元は岐阜の有名なチーマーのトップだったんだね。

中学生と枕して逮捕された芸能プロダクションセンディングの代表の田代仁=オリバーって人、元は岐阜の有名

記事を読む

no image

貧困女子を救済するための風俗店の時給制導入は現実的には難しい。

また風俗に時給を導入するのは難しいと思います。   今も保証が出るお店はありま

記事を読む

no image

カフェにいたいきがってるヤンキー集団。

カフェにいきがってる17歳くらいのヤンキーの集団おってんけど、自慢してる内容がしょぼすぎる!!(&g

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    TIME誌「女性の貧困について」
  • 友だち追加数