発達障害や言語障害だからそのままを受け入れましょうと言われて、一番の被害者は当事者の子どもや大人。

公開日: : 最終更新日:2015/10/14 発達障害, 社会

よく誤解されてることだけど、障害は治らない、だからそのままを受け入れましょうというもの。

 

最近はとくにその傾向が強くて、あなたは発達障害だからしょうがない、あなたは構音障害だからしょうがない、あなたはアスペルガーだからしょうがないと。

 

何かの名前を付けることは簡単です。

 

だけど発達障害、ADHD、自閉症などの病名が日本に入ってきたのが90年代。

 

その後00年代に入り、まだボーダーがいるぞとどんどん自閉的傾向、アスペルガー的傾向、ADHD的傾向と押し広げられてきた。

 

だけど、00年代にボーダーも認めると、さらに別にボーダーも出てきた! 学校の担任なんかは、クラスでちょっとでも変な言動があると、~の傾向があると思うんです!と相談してくる。

 

今の日本はまさにこんな状況なわけです。

 

そして発達障害そのままを認めようという流れもあって、そのままでいいんだよという社会の風潮を生み出している。

 

だけど、それによって一番の被害を受けるのは誰なのか?

 

発達障害や各種障害を抱える子どもであり、大人なんですよ!

 

なぜなら発達障害は治るのに、そのまま放置されてるんだから。

 

俺は発達障害支援の現場で3年間指導してきて、100人以上の発達障害、構音障害、吃音、ADHD、ADDを治してきました。

 

その子たちは来たときは、周りからおかしい子、変な子と思われたり、レッテルを張られているので顔もとても暗いのです。

 

だけど、その子たちと指導を重ねるうちに、各種障害が治っていき、顔がパーーと晴れやかな顔になるのです!

 

先生見て見て!カ行やタ行がもう完璧に言えるようになったよー!とか、先生!もうどもることがなくなったよー!多動傾向や自閉傾向がなくなったよ!と。

 

そのまま放置されて困るのはその子です。

 

そのままでいいんだよと放置されて大人になって、じゃあ就職は?結婚は?できませんよ。。

 

国の作業所で月8万、9万の薄給でないと生活できなくなります。

 

それは支援でもなんでもないです!

 

最近は大人の発達障害というのが言われるようになりました。

 

これらは子どものころに放置されてきた子なのです。 早期に障害を治し、復帰する。

 

困った子じゃなくて、困ってる子なんです。 これは大人、子ども問わず。




関連記事

no image

音楽、ダンスは90年代、00年代の細分化から10年代は70年代的なマスの時代に。

あと昨日のLIFE聴いてても思ったんだけど、音楽も60年代的というか細分化された時代からマスの時代へ

記事を読む

no image

朝日新聞の風俗業界に対する職業差別、女性差別が酷い!!

朝日の論調が記事を書く前から風俗=「最悪の象徴」、「女性の行きつく最後の場所」ということで書いてるか

記事を読む

no image

本田由紀先生にぶちギレられた話。「女性の敵は女性」なんだなと実感しました。

本田由紀先生と風俗やキャバクラなど夜の仕事についての考えで言い合いになった笑  

記事を読む

no image

風俗業界もキャバクラ業界もその業界内にいる者しか語れない。外部の者が語るのは当事者にとって失礼。

風俗業界とかキャバクラ業界もだけど、業界外部の人が語ってもダメだと思う!  

記事を読む

no image

フェイスブックとおっさん

電車の中で50代くらいのおっさんたちが「昨日フェイスブックでいいね~個もらえてさーとか、部署の~ちゃ

記事を読む

no image

関東連合への憧憬はインテリ層に対してのルサンチマンも含まれている

また関東連合は世田谷、杉並といった裕福で受験が盛んな地域から出てきたアウトローです。 &nbs

記事を読む

横浜みなとみらい居住者=六本木、麻布大好き層=金、地位、エリート大好き人間

  みなとみらいは4丁目のみで居住者数がここ10年で約700世帯から3500

記事を読む

no image

銀座の闇JBCビジネスラウンジ。会員制ラウンジ・サロンは女子大生の売春と薬物の温床。

    銀座のJBCビジネスラウンジですね。

記事を読む

no image

ストレスや闇を抱えていてそれを紛らわすためにクラブ行くのはやめた方がいいと思う。

昨日たまたま知り合いの女の子が渋谷の朝方駅で見かけたんだけど、クラブで酔っぱらってお世辞にもかっこい

記事を読む

一条マリカさんはハーフの子や児童養護施設の子、いじめられている子、闘病中の子たちに希望を与える存在だと思う。

最近ずっと応援してるモデルが一条マリカさんです。   エッグの人気モデルでジ

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、帰国子女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数