首都圏に低所得のドーナッツ。衰える郊外の街。

公開日: : 地方, 政治, 教育, 東京, 社会, 福祉, 経済, 若者

首都圏に低所得のドーナッツ。衰える郊外の街。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35431100V10C18A9SHA000/

 

 

埼玉県久喜市は5.4万円減った。

 

東武伊勢崎線の久喜駅は東京メトロ半蔵門線と相互乗り入れする始発駅だ。

 

都心まで1時間強だが、少し歩くと空き店舗や空き家が目につき、お年寄りの姿も多い。

 

市の人口は約15万4千人で、5年前とほぼ同じだ。

 

だが、高度成長期にマイホームを求めて移ってきた団塊世代が退職。

 

15~64歳の生産年齢人口は約8千人減り、65歳以上は約9千人増えた。この住民構造の変化が所得減の大きな要因だ。

 

同じ現象が茨城県取手市、埼玉県飯能市にみられる。

 

いずれも1960~80年代にかけて公営や民間の団地建設が相次ぎ、人口が膨らんだ「始発のまち」だ。

 

 

ベッドタウン頼みのまちが取り残されるドーナツ現象は関西圏にもみえる。

 

大阪市や神戸市で所得が増えるなか、兵庫県三田市や奈良県などのベッドタウンは減少し、格差が生じている。

 

東京は都心部から生活保護者、高齢者をどんどん住みづらくして郊外に追い出していますからね。

 

東京都はそういう政策をしています。

 

だから都心部はどんどん若年化していき、郊外がどんどん高齢化していきます。

 

そもそも東京都心部は家賃が高いし、生活保護物件がないから低所得者や高齢者は物理的に住めないのです。

 

青梅や飯能、久喜、町田、厚木、津田沼、八千代台、船橋、柏とかにどんどん追い出していきます。

 

または大阪の釜ヶ崎や大阪市内、門真市、寝屋川市など関西への追い出しですね。

 

東京の役所の福祉課などに相談に行くと東京では生活保護物件がないので生活保護が受けられないけど、関西に行けばうけられますよと関西に行かされることもあります。

 

東京都は財政的にも非常に賢い戦略ですね。

 

はっきり言って生活保護者は財政を逼迫するばかりでマイナスしかないからです。

 

大阪市などは他府県から大量に生活保護者が移住してくるために、財政のほとんどを生活保護や高齢者福祉に充てざるをえなくなり、若者や子ども、シングルマザーなど若年層への福祉が薄くなってしまっています。

 

東京都23区はこういった生活保護者や低所得者、高齢者を次々と首都圏郊外や他府県へ構造的に追い出していくことで、23区内の子どもや若者など児童福祉への給付を厚くしたり、子ども、若者のための設備投資に回したりできるのです。




関連記事

no image

和歌山カレーヒ素事件の林真須美被告は冤罪。

和歌山カレーヒ素無差別殺人事件の容疑者とされている林真須美被告は冤罪だと思います。  

記事を読む

no image

病んでるキャバ嬢は新宿、六本木、西麻布、恵比寿のキャバ嬢。銀座のホステスは病まない。

キャバ嬢でもよく病むわ~とか、だるいわ~とか、死ねとかつぶやいてるのは正直新宿とか池袋、六本木、恵比

記事を読む

実は女の子も裏で男とホテル行くことを打ち合わせをしている!?

今日はギャル2人にアトムの場所を聞かれたので案内してあげた。   普段は六本木

記事を読む

no image

無業社会のNHKの番組を見て思うこと。日本人は生真面目すぎ!!堂々と生活保護を貰いましょう!ギリシャを見習いましょう!

「ゆるい就職」はフリーター礼賛と同じなのか 「親が死んだらどうする」と懸念も - キャリコネニュース

記事を読む

no image

大阪の植民地化してる県が軒並みダメ。

大阪の植民地となっている県。   兵庫、滋賀、岡山、奈良、福井、和歌山、四国

記事を読む

no image

統計だけ出してきてこうなってますよ!というやつは要注意!

統計だけ出してきてこうなってますよ!というやつは気をつけないといけない。  

記事を読む

最近の風俗界の最先端は豊洲のタワマンでの超高級風俗。

最近聞いたんですが、豊洲のタワマンの中のマンションを使って超高級風俗をやってるらしいですね。。

記事を読む

no image

東京の下町の子にはやっぱり六本木や恵比寿、銀座なんかへのコンプレックスがあるのかなー。

なんか六本木とか麻布、銀座にやけに憧れてるのって東京の中でも葛飾とか町屋とか荒川とか下町の子に多い気

記事を読む

no image

ビリギャルは成功モデルではなく失敗モデル。

ビリギャルって成功モデルのように言う人いるけど、慶応大学出たのに何の仕事も続かず職を転々として今無職

記事を読む

no image

日本の過剰サービスと過剰サービスをデフォルトに考える消費者

前にアパレルやカフェやレストランでも接客が日本は海外に比べて丁寧すぎると書きました。 &nbs

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、帰国子女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の相談、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」協力

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数