地域の絆を強めようとか、地域での相互監視を強めようみたいな意見が出始めてるけど断固反対

公開日: : 最終更新日:2017/05/06 地方, 大阪, 政治, 教育, 東京, 横浜, 社会, 神奈川, 経済, 若者

日本を良くするために地域の絆を強めようとか、地域での相互監視を強めようみたいな意見が出始めてるけど断固反対!

 

それって多様性の尊重や、寛容な社会にしようということとは真逆なことだと思う。

 

地域の絆を強めようみたいなのも、今日本が監視社会化だったり、常にエビデンスを欲求される厳格化社会だったり、「てきとう」や「いいかげん」を許さない世の中になってきたりしていることをより強めることにしかならないと思う。

 

「いじめ」や「非行」「不登校」「子どもの貧困」など日本が抱える問題は日本社会の「閉鎖性」や「不寛容さ」、「排除の論理」があるから起きているということ。

 

だから地域の絆を強めよるとひどくなることはあっても良くなることにはならない。

 

「いじめ」や「不登校」「子どもの貧困」などの教育問題や犯罪などの社会問題を解決するには、個人のマンパワーに頼ったり、地域に頼ったりしてもダメ。

 

だから最近政府が子どもの貧困やいじめ対策に導入しているスクールソーシャルワーカーやスクールカウンセラーなんて全くの無意味。

 

低所得者向けの無料塾や子ども食堂なんかもほとんど意味がない。

 

日本が抱える日本社会の「閉鎖性」や「不寛容さ」、「排除の論理」が根幹の問題としてある。

 

そこを抜本的に改革しないと週1回来て良くて教師と世間話をして帰るスクールソーシャルワーカーやスクールカウンセラーに何の効果もない。

 

悪いと学校側から口だけ出して迷惑な存在と煙たがられていることも多い。

 

無料塾もそこに行くのは低所得者の中でも限られた子どもたちで、しかも勉強ができるできないはそもそも大した問題ではない。

 

大事なのは勉強よりも職業訓練。

 

下手に勉強ができても奨学金を取得して大学へ進学する方が破産リスクが上がってしまう。

 

いまは大学を出れば仕事があるという時代ではない。

 

「システム」そのもの、「アーキテクチャ」そのものを変えないるような例えばクラス制度の撤廃やベーシックインカムの導入、学校への警察権力の介入など抜本的な改革がないと小手先のいまやっているようなことだと無意味だと思います。




関連記事

no image

大和ハウスが長時間労働で労基署から是正勧告

    大和ハウスが長時間労働で労基署から是正勧告を

記事を読む

no image

裸産業をセーフティーネットみたいに言うのはやめたほうがいい!

学歴やよい育ちなどの武器を何ももっていない女性が、高収入を稼げるのはAVや風俗といった仕事しかな

記事を読む

no image

保育士を手取り14万で搾取するな!片親をバカにするな!と書いたらNPOフローレンス駒崎から訴えられました!言論弾圧です(´;ω;`)

NPOフローレンス駒崎弘樹から自分の保育園などで保育士を手取り14万で働かせていることを貧困ビジネス

記事を読む

no image

明大前にある肉汁餃子製作所ってところの餃子がうまい!!

今日明大前にある肉汁餃子製作所っていう餃子屋さん連れてってもらったんだけど、めちゃくちゃ美味しかった

記事を読む

no image

必死に「負けないで」を歌う姿に日本の企業戦士たちのかっこよさを見た!

昨日のキャバクラほんと面白かった!!   サラリーマンの忘年会何組か入ってたん

記事を読む

no image

塾業界(教育業界)は昔からブラック。準備や会議の時間を入れた実質時給は時給500円とかになる。

塾業界は昔からブラック!俺も学生時代塾でバイトしたけどひどかったなー。教育に競争原理はなじまない

記事を読む

no image

必ず賛同してくれる人がいるというのが東京の素晴らしさだと思います。

NPOだいわピュアラブセーフティネットをやり風俗嬢の女の子やキャバ嬢の女の子を幸せにするため活動して

記事を読む

no image

自分の人生だからやりたいようにやってしたいように生きた方がいい。

自分の人生だからやりたいようにやってしたいように生きた方がいい。   日本の小

記事を読む

no image

キャバ嬢やホステスに「水揚げしようか?」とか「揚げてもらえないの?」とかいう差別用語を使うのは絶対やめましょう!

21世紀の平成のこの世の中になってもキャバ嬢やホステスに対して、「水揚げしようか?」とか「まだ揚げて

記事を読む

no image

なぜ弱者の味方である朝日新聞が弱い立場の保育士や女性を手取り14万で働かせて利用者には訴訟恫喝している駒崎弘樹を使っているのか?

朝日新聞はよく駒崎弘樹や認定NPO法人フローレンスを記事に使っていますが、なぜ弱者の味方である朝日新

記事を読む




Comment

  1. あにーと より:

    そういう事を言い出す方は その絆ってやつの中心にいたがったりするなぁ と思ったり。
    実際に周りと やんわりまったりとした絆を築いてるような
    真の中心みたいな人って わざわざそういうこと言わんっすね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、帰国子女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数