愛沢えみりーと安藤美冬はまったく一緒。 新時代の旗手である。

公開日: : 最終更新日:2017/05/22 ギャル, 地方, 女性, 政治, 教育, 東京, 社会, 経済, 若者

愛沢えみりのキャバ嬢社長読んでたら、これ言ってることややってること誰かにそっくりだなと思ったら、安藤美冬だった!

 

安藤美冬の冒険に出ようもこんな感じだね。

 

安藤美冬も愛沢えみりも自由で海外好きで行動派で好きなものをやって行こうって感じ。

 

今なぜ若い女の子から愛沢えみりや安藤美冬が絶大な支持を得ているのか。

 

やっぱりこの日本社会の強い閉塞感を打ち破っている2人だからなのだと思う。

 

総合職でバリキャリとして結婚を捨てて仕事に生きるのか、はたまた専業主婦として退屈に過ごすのかという延々の女性の課題。

 

どちら側の女性も四苦八苦している中で、女性としての魅力も放ちながら、仕事でも成功している。

 

新たな女性の憧れとしてのロールモデルになっているのではないだろうか。

 

愛沢えみりは横浜の不良ギャルから横浜、六本木、歌舞伎町と成り上がり、エミリアウィズの社長にまでなった。

 

かたや安藤美冬は慶応大から集英社に入り鬱になり退職後、ノマドワーカーとしてSNSを使いセルフブランディングによって大学の先生にまで成り上がった。

 

どちらも、自由に、自分の好きなことをとことんやりましょう、無理してレールに乗って規則に縛られる必要はないんですよってことなんだよね。

 

これはえみりさんとか安藤美冬さんのような強い個人だからこそできることなんだけど、今のこの日本の閉塞したどん詰まり状況では本当に正しい道なんだよね。

 

アメリカの社会学者のリチャードフロリダも同じことを言っている。

 

要はこれからの時代は、クリエイティブクラスの人たちの価値がより大きくなっていって、そうでない一般大衆との間で大きな開きが生まれてくる。

 

普通に何も考えず、まじめに学校行って、良い子でレールに乗って大学に行っても専門性もないし使えない、柔軟性もない、創造性もない、言われたことしたできないとなってコンビニ店員やドラッグストアの店員になるしかない時代になってくる。

 

これからの時代に求められているのは、創造性、柔軟性など新たな価値を作り出す力、つまりリチャードフロリダの言うところのクリエイティビティが重要になってくる。

 

それをじゃあ実践に落として考えると、誰なのか?というと愛沢えみりと安藤美冬になるわけですね。

 

批評家の宇野常寛も「批評のジェノサイズ」や「ゼロ年代の想像力」の中でも語ってる。

 

「今の世の中は自由だけど冷たくもなっている。かつては世の中が生きる意味や信じる価値を与えてくれたけど、今は自分で選択して自分で責任を取るしかない。これは他社に仮託してやり過ごそうとするタイプの人には茨の道だけど、自分で試行錯誤したい人には有利な仕組みです。逆に冷たくて自由な部分を利用する人間が次の時代を作っていくんだと思います。」と宇野さんは語っています。

 

これは他のリトルピープルの時代なんかでも一貫して、大きな物語の終焉から決断思考へということが語られています。

 

じゃあこれを今実践しているのは誰なのか? 間違いなく愛沢えみりと安藤美冬なわけですね。

 

つまり愛沢えみりや武藤静香、桃華絵里、安藤美冬というのは新時代の旗手だと思います。

 

http://daiwaryu1121.com/post-8532/




関連記事

no image

教育意図の失敗による教育の成功

今の学校教育で、政府や文科省が一番子どもたちにつけようとしているのは、「生きる力」の育成です。

記事を読む

no image

いろいろな地方の夜の街(水商売の街)を歩いてわかるけど、渋谷的な夜の街は地方には一つもない!渋谷こそ東京でしかありえない!

いろいろな地方の夜の街(水商売の街)を歩いてわかるけど、渋谷のような街は地方には一つもない!というこ

記事を読む

no image

橋下さんは北新地のキャバ嬢とのコスプレ生セックスが好き。

橋下さんと言えば最近週刊文春で書かれた北新地の超美人キャバ嬢とのコスプレ生セックスですね! &

記事を読む

no image

大阪人はみなとみらいや馬車道よりも福富町や寿町、伊勢佐木モールが好き。

神奈川の人や横浜の人は福富町とか伊勢佐木モール、寿町の辺りはあんまり好きじゃない人多いよね。

記事を読む

no image

自分の容姿にマッチする街にいた方が高く評価してもらえる。

やっぱりその街に合う女性というのがある。   六本木の場合、背が高めの清楚美人

記事を読む

no image

今は東京一極集中と言われてるけど、実は東京衰退の時代に入ってきてる。これからは地方の時代!

今は東京一極集中って言われてるけど、2020年からは東京も人口が減ってくる。  

記事を読む

また朝日新聞が吉田調書に続いてデタラメ記事を書いています。いつから朝日新聞は「弱者の味方」から「詐欺師の味方」になったのかな?

また朝日新聞がマイナンバーのでたらめ記事を載せてます。   ホステスの副業が

記事を読む

no image

上京する人へのアドバイス

上京する人へのアドバイス 住まいは絶対都内か埼玉にした方がいい。   神奈川は

記事を読む

no image

進出よりも撤退の方が100倍難しい。

進出よりも撤退の方が100倍難しい。   進出するのは勢いでできるけど、撤退は

記事を読む

no image

キャバ嬢や風俗嬢は個人事業主ではありません!!キャバ嬢や風俗嬢は個人事業主だから確定申告しなきゃと言うのは詐欺業者です!!注意してください!!

あとよくあるキャバ嬢と風俗嬢は個人事業主だからうんちゃらかんちゃらってやつ。  

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数
  • Sorry. No data so far.