日経新聞が素晴らしい記事。雇用は増えたが生産性・賃金低いサービス業に集中

公開日: : 政治, 教育, 東京, 社会, 福祉, 経済, 若者, 貧困

雇用は増えたが… 生産性・賃金低いサービス業に集中

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2913026007042018EA3000/?n_cid=SNSTW001

 

日経新聞が素晴らしい記事を出していました。

 

内閣府の国民経済計算年次推計によると、日本の就業者は現政権が発足した12年から16年までの間に168万人増えた。

 

この期間に増えた労働者の94%分は65歳以上で、82%は女性だった。

 

増えた就業者の6割は介護事業などの保健衛生・社会事業が占めた。

 

高齢化による介護ニーズ拡大も背景に年間20万人以上のペースで急増した。

 

次に就業者数を増やしたのは事務代行などの業務支援サービス業で76万人増。

 

宿泊・飲食サービス業も12万人増えた。

 

労働者1人当たりが生む付加価値(生産性)をみると、介護などの分野は12年~16年に3.8%低下した。

 

業務支援サービス業も9.5%、宿泊・飲食サービス業は3.1%それぞれ下がった。

 

賃金水準も相対的に低い。

 

厚生労働省の賃金構造基本統計から年収を推計すると、製造業は平均503万円なのに対し、宿泊・飲食は349万円、介護は348万円にとどまる。12年からの年収の伸び率も製造業の3.6%に対し、介護はわずか0.4%増だった。

 

日本は戦後、就業者の5割近くを占めていた農林漁業部門から生産性が高い製造業に労働力が移り、これが高度経済成長につながった。

 

1956年から72年までに就業者は955万人増え、約6割を製造業が吸収した。

 

その製造業は12~16年に就業者が28万人減った。

 

就業者全体でみると、いま起こっているのは製造業、建設業からサービス業への労働力のシフトだ。

 

ただ労働移動先の業種のほうが生産性が低く、しかも下がり続けている点が高度成長期の労働移動とは異なる。

 

日本では成長業種が求める能力・技能を、意欲のある人に身につけさせる機能が弱い。

 

経済協力開発機構(OECD)によると日本は25~64歳で教育機関で教育を受けている人の割合が2.4%。

 

10%超のOECD平均に遠く及ばない。

 

社会人が学び直す受け皿が乏しいのでステップアップの転職も難しい。

 

IT(情報技術)分野など成長が見込める分野に人材が移りやすくする改革も必要だ。

 

リクルートキャリアが集計した転職市場の求人倍率はインターネット専門職が6倍前後、制御ソフトウエア開発エンジニアが5倍前後と高水準。

 

厚労省がまとめる有効求人倍率も、2月は開発技術者で2倍を超えた。

 

安倍政権で増えた労働者の94パーセントが65歳以上の高齢者で、82パーセントは女性というのはかなり衝撃的ですね。

 

しかも増えている介護、福祉、サービス、飲食業などが軒並み低賃金で離職率の高いブラック企業が多いというところも大いに問題ですね。

 

仕事はたくさんあってもワーキングプア水準の仕事しかないということですね。

 

今後日本経済が良くなる見通しはないので、このような状況はしばらく続くと思いますね。

 

為替の動向や海外経済の動向次第では日本経済も一気に悪くなるので企業も賃上げはできないと思います。




関連記事

no image

京都の騒動以後、弘道会への警察の締め付けが極めて強いです。京都は本当に特殊な街。

京都府医大病院を捜索 偽診断書容疑 収監逃れ?組幹部、検察に出頭 担当医「院長が指示」(産経新聞

記事を読む

no image

太陽の歌舞伎町と月の麻布

たまに麻布界隈を歩いていると中年のおじさんがかわいい女子中学生を何人か連れているときがある。

記事を読む

新宿セリュックスのキャバ嬢の子が池袋のタワマンの火事で亡くなる。

  新宿のセリュックスのキャバ嬢の子が池袋のタワマンの火事で亡くなりましたね

記事を読む

no image

夜の仕事よりも昼の仕事の方が実は稼げる。

鬱のため夜の仕事したいという相談があったが、鬱や精神疾患、発達障害のある場合は夜の仕事はやめた方がい

記事を読む

no image

AVANはやっぱり見せかけだけの業界擁護団体だった。AV女優のことはどうでもいいと思っている。

同じことを薄々感じていましたが、業界内にいる方がこう発言されている。とても残念に思いますし、同感

記事を読む

貧困支援として大学に行かせようとするのは間違い!

今日の読売新聞に載っていたものですが、これを見てもらえばわかるように大学に行ったからと言って今の時代

記事を読む

no image

大阪のナンパ師4人が殺人未遂で逮捕。

大阪のナンパ師4人が殺人未遂で逮捕。 ナンパ制止され逆上、「殺す」一升瓶やブロックで殴打 大阪

記事を読む

no image

JKビジネスが摘発されて彼女たちは今個人売春に走っている。より危険な方へと彼女を追いやっている。

今、JKビジネスが摘発されて、彼女たちは個人売春に走っている。   これは前々

記事を読む

no image

日高屋はまずい! 王将や山田うどんの方がだんぜんうまい!!

日高屋のバイトの離職率11%なんだって。めちゃ低いよね。(普通は30%くらい) — ちきりん

記事を読む

非正規雇用の増加の原因は高齢者の再雇用。現役世代の非正規ではない。

  公明党の衆院議員いさ進一議員より引用しました。  

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、帰国子女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」協力

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数