「最後の色街飛田新地」風俗嬢を辞めさせて昼職につかせてもダメなことは歴史が物語っています。

公開日: : 最終更新日:2017/05/01 女性, 社会, 若者, 風俗, 飛田新地 , ,

 

d32f6e8c

21cb561a

3f01d503

 

1958年に施行された売春を禁ずる売春防止法。
 

その施行があって飛田はほぼ全滅させられる。

 

そして政府は飛田の女の子の社会復帰のために婦人保護施設の生野学園や朝光寮を作る。

 

そこでミシンや裁縫を教えて自立させようとする。

 

当時政府や警察は飛田の女の子は売春を禁止されれば、まじめに働くんじゃないかと思ってたわけですね。

 

田舎がある子は田舎に連れ戻した。

 

だけど実際そうはならなかった。

 

ミシンを教えられて、工場に就職して寮に住まわされたけど、嫌でまた一人またひとりと飛田に戻っていく。

 

田舎に連れ戻された子も、田舎にはもともと居場所がないからすぐに飛田に戻ってくる。

 

当時の生野学園の人が語ってますが「売春婦と呼ばれる人たちが自活できるようになるまでサポートしようとよかれと思って世話をしますが、長続きしない。いつの間にか辞めていなくなる。」

 

このへんのことは井上理律子さんの「さいごの色街飛田」に載ってます。

 

また1958年の売春防止法による飛田壊滅作戦のトップだった大阪府警警部補の四方さんも

 

「売春婦を搾取と拘束から解放するのだ!と私たちはやったわけです。女性を食い物にして甘い汁を吸ってる者達を徹底的にやっつけようと。しかし、結論を言うと売春婦まで落ちた女性は転業ができなかった。田舎に居場所がなかった。飛田の親方や暴力団に搾取されても売春して生きていくほうがよいという、貧困の構造には太刀打ちできなかった・・・」と語られています。

 

そして婦人保護施設や昼職、田舎に連れ戻された飛田の女性たちが、またひとりまたひとりと戻ってくる様が描かれています。

 

飛田をふらつきながら歩く姿を飛田の新開筋商店街の食堂のおばちゃんに発見されて「~ちゃんじゃないの?どうしたの?戻ってきたの?」と。

 

食堂の木村ミチさんも語ってますが「こういうたらなんですがすぐわかるんです。あ、あの子はあの店におった子や。この子はあの店におった子やて私らにはわかる。旅行かばん持って初めは泥棒猫のようにきょろきょろしてる。知り合いを見つけたらぱっと笑顔に変わる。私らはああ一人増えたまた一人増えた。しゃあないんやろなと思っていました」とあります。

 

つまり風俗嬢を無理やり昼の仕事につかせたり、田舎に帰してもダメなんだってことなんですね。

 

たぶん政府や警察もこの時の教訓があるから、飛田やソープを潰さないんでしょうねー。

 

何をやってるかはわかってるし、売春防止法に違反してるのはわかってる。

 

だけど潰して婦人寮に入れて昼職させてもダメだったからもう放っておいた方がいいだろうと。

 

外部の者があなたは搾取されてるから飛田を出なさい!とか風俗嬢をやめなさい!とか言うのは違うんですね。

 

その子にとったら飛田にいたほうが、風俗嬢の方が幸せなんですから。

 




関連記事

no image

大阪(関西)に移住するのは絶対やめた方がいい!

東京に6年いて子どもが虐待されてるようなところは見たことがなかったけど、大阪ではしょっちゅう見る。

記事を読む

みやめこさんはキャバ嬢辞めてタレントになった方が良いと思う。

約24万フォロワーの女子高生や20代女性に大人気のインフルエンサーみやめこさん。  

記事を読む

no image

大阪で飛田新地の女の子と知り合いと言えば、もう芸能人と知り合いくらいのレベルだし、憧れの対象に見られます。

飛田は風俗の中でも本当に特殊。   飛田を他の風俗と同じように一般化できない。

記事を読む

no image

家出少女や未成年の家がない女性に対して仁藤さんや橘さんのcolaboやBONDプロジェクトのような民間のNPOや社団法人を紹介するのは間違いです!

非常に誤解している人がいるので書いておきますが、家出少女や20歳前後の家がない女性に対して仁藤さんや

記事を読む

no image

デッドボールとホワイトハンズの始めた「風テラス」はデッドボールを潰すことになるかもしれない。

デッドボールとホワイトハンズの坂爪さん率いる弁護士の人、社会福祉士の人と一緒に始めたデッドボールの風

記事を読む

no image

小田急線の町田~相模大野で痴漢に遭遇。

痴漢について最近話題ですが、1年前くらいに小田急線に乗っていたときに町田から相模大野の間くらいで見る

記事を読む

no image

今の時代、外見的な綺麗であることは整形をすればすぐに作れる。

今の時代、外見的な綺麗であることは整形をすればすぐに作れる。   だけど中身の

記事を読む

no image

王子神谷~東十条(北区)フィールドワーク

王子や王子神谷のあたりは団地やアパートが多いなー。   公園も多いし、子どもに

記事を読む

no image

ギャップ

細い女の子が実はごつい単車乗ってたりしたらそのギャップにやられるよね!

記事を読む

若者は東京に上京してくるより地方にいた方が絶対楽しい。東京は構造的差別都市。

[日本の格差社会]どん底の貧困に救いはあるか〔1〕日本は階層社会? - 鈴木大介(ルポライター)(月

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数