今の時代は奨学金を借りて大学や大学院に行くよりも、中卒や高卒で仕事についた方が稼げるし結婚もできて幸せになれる!

公開日: : 社会, 若者

 

この高学歴大学院卒がワーキングプアになって中卒が金持ちのリッチ層になるというのは、2000年代以降顕著にみられる現象だと思う。

 

これはポスドクとか博士の就職難とか言われるように。

 

これはグローバル化とか社会の構造の変化とか日本経済の弱さとかいろいろ理由はあるんだろうけど。

 

また高度成長時代とかであれば若者の1割とか2割とかしか大学に進学してなかった。

 

それが今や半数近くが大学に進学してる。

 

しかもその半数近くは国から利子つきの奨学金を借りていて、卒業するころには400万、大学院まで行くとそれこそ800万以上の借金を背負ってる。

 

それこそ高校から奨学金借りてたとしたら1000万以上の借金を背負った状態で社会に出て行くことになる。

 

これだともう人生積んでますね。

 

理系の大学院卒とかなら企業も欲しがりますが、文系大学院卒とかはもうどうしようもない状態になっています。

 

うまい具合に研究者や弁護士(法科大学院の場合)になれればいいですが、それも一部の優秀な人たちです。

 

しかも研究者も非常勤の講師などなどそれだけではなかなか暮らしていくのが難しいことになります。

 

奨学金の毎月の返済もあるので。(額が多ければ多いほど)

 

俺の周りにもかなり頭の良い大学や大学院を出たあとに、時給換算で1000円くらいの塾のバイトをしている人がたくさんいます。

 

しかも奨学金の返済もあり、みんなギリギリの生活で顔が一様に暗いです。。

 

たまに飲んだときに、俺奨学金の借金600万あるんだよなー、返せるかなーとか、俺700万だよとか暗い顔で話しています。

 

女の子は大学院に行きながらソープで働いて必死に奨学金を返しています。

 

ようやく300万まで返せたそうです。

 

大学院卒の人とかはみんな独身の人が多いですね。

 

借金もあるし、仕事もないからと言っています。

 

対して中卒のとび職や塗装職人の友達はもう年収1000万円を超えています。

 

まだ27歳です。

 

結婚していて子どもも2人います。

 

幸せそうです。

 

f0003339_19402884

 

土木作業員の友達も月収45万くらいあるそうです。

 

しょっちゅうキャバクラに行ってて楽しそうです。

 

車も好きでいろいろカスタムしてます。

 

中卒の職人の友達とかラーメン屋の友達は俺たちは学歴もないからとか言いますが、学歴のある高学歴大学院卒の人たちの方が一様に苦しそうで悲壮な顔をしています。

 

これからは中卒や高卒でもなにか仕事を見つけて熟練させた方がいいように思います。

 

高度成長時代のような終身雇用もないですから。

 

なんでNPOなんかで子どもの貧困対策とか、学習支援なんか言って、勉強苦手な子に勉強を教えて進学させたりする支援をしているところがありますが、俺は反対ですね!

 

むしろ奨学金をもらって進学させる方が子どもの貧困に繋がるし貧困の連鎖になると思います!

 

あと不思議なのがそういうことを言ってるNPOの代表なんかがみんな高学歴で就職して仕事をすぐ辞めていることです。

 

または仕事自体をしたこともない人も多いです。

 

勉強して進学すればいいとか机上の空論に聞こえます。

 

貧困を防ぐには早めに社会に出て仕事を学んだ方がいいと思います。

 

grinder

関連記事

六本木事件簿2 セキュリティは命がけ!

六本木事件簿第二弾!   場所はジュマンジ前。   セキ

記事を読む

スタバは六本木、西麻布、恵比寿って感じだけど、ドトールは池袋って感じがするwルノアールは日本橋w

前はスタバが一番好きだったけど、最近はドトールの方が好きだな。   ドトール

記事を読む

no image

西麻布は元来高級住宅なのでラウンジの営業許可が降りにくい。低層高級住宅のため住民の目が厳しい。

西麻布のラウンジが恵比寿に進出してるのは、西麻布だとキャバクラの営業許可が降りにくいからなんだよね。

記事を読む

no image

うちのNPOに性被害にあった少女からの相談。

今日は性被害にあった少女からうちのNPOに相談をうけました。   警察署にこ

記事を読む

no image

大阪には大学が全くないので若者がいない。このままでは大阪が老人ばかりのスラム街になる。

大阪や和歌山、神戸がどんどん老人ばかりになって勢いなくなってきたのは、若い人の外からの流入がぜんぜん

記事を読む

no image

夜職の子の彼氏には夜職を認めてくれて応援してくれる器の大きい彼氏を選びましょう!

もちろん夜職の子の場合は、彼氏には仕事は言えないとか、親には言えないとか、お客さん用の顔があるとかい

記事を読む

no image

長田や西成、あびこ、京都など関西の部落エリアは美人とイケメンばかり。

神戸の長田の番町もそうだし、京都の崇仁や、大阪の西成、八尾、あびこ、東中島など部落エリアは本当に美人

記事を読む

no image

学校の制服ってめちゃくちゃエロいよね。

思ったらさー、学校の制服ってめちゃくちゃエロいよね。   あれを最初に作った人

記事を読む

no image

教育・塾業界は根本的に儲からない!3年離職率は約5割!

ブラックバイト認定で業界危機、塾講師不足の深刻|データで読み解くニッポン|ダイヤモンド・オンライ

記事を読む

no image

大阪人の他県民から理解できないところ

大阪人の他県民から理解できないこと。   大阪人は子どもから大学生からサラリー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」
    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数