「性風俗と法秩序」の著者岩切大地先生の話を聞いて。

セックスワークサミットに行ってきました。

 

一番興味深かったのは「性風俗と法秩序」という本でソープについて書かれた立正大学教授の岩切大地先生のお話ですね。

 

岩切先生の話を聞いてやはり売春や性風俗はいち早く合法化をするべきであると思いましたね。

 

現状で性風俗、ソープは「違法」なんだけど営業されているということで「法体系のトポロジー」(法的空白地帯)に置かれているそうです。

 

これはソープだけでなくデリヘルや風俗エステも同様ですね。

 

風営法というのはあくまでも営業の届け出を出しているにすぎず、違法であることには変わりはないということです。

 

したがって警察が摘発しようと思えばいつでもできるという状態に置かれているということになります。

 

これは弁護士の浦崎さんも指摘されていましたが、行政側の裁量でいかようにもできるということで行政側、警察側の力が強すぎるという懸念があるようです。

 

岩切さんも同様に警察というのは間違うこともあるので、もし冤罪などがおきたときに抗議が今のシステムのままだとしようがないということでした。

 

また現在は売春防止法という女性の売春を禁止する法律があり、売防法3条に「何人も売春をし又はその相手方となってはならない」という条項があります。

 

これがあるために店が摘発となった場合は女性側も加害者であるということになってしまうのです。

 

店も違法だけど女性側も違法ということになります。

 

またデリヘルやエステでレイプされたとしても警察側は女性側の味方になることが現在のままだとできません。

 

したがっていまのデリヘルやエステなどではレイプされることは日常茶飯事でありますが、店がアフターピルを飲ませて終わりにしています。

 

夜の仕事というのは片方の法律では合法だけどもう片方の法律では違法ということばかりです。

 

たとえばキャバクラや性風俗への仕事の紹介は有料職業紹介で合法であるという通達を出しています。

 

これは厚労省の幹部数人にも直接聞きました。

 

キャバクラなど風俗業への派遣も合法であるとして厚労省は認可を与えています。

 

しかし職安法ではキャバクラは有害業務とされていて仕事の紹介は違法となっています。

 

このことも岩切さんに聞いてみました。

 

これらもあいまいな存在で合法だけど警察が摘発したいときにできるということのようです。

 

ヘルスもエステもソープも違法だけど存在しているという日本独特のものだということですね。

 

女性の安全を思えばいち早く合法化するべきだということですね。

 

 

 

 




関連記事

no image

最近の不良は自分より弱い者、抵抗しない者に向かっていく者ばかりになった気がする。不良なんだったら山口組や住吉会と喧嘩しないとダメだと思う!

最近の不良は自分より弱い者、抵抗しない者に向かっていく者ばかりになった気がする。  

記事を読む

no image

オススメの芸能プロダクション。自分のなりたい方向性の事務所に入りましょう!

芸能をやりたいんですが、どこのプロダクションが良いですか?もよく聞かれます。  

記事を読む

no image

NPO法人マナビーが運営を終了。NPOは認定だから良い、非認定だから悪いというものではありません。

manavee.comは運営を終了しました   大学生による授業動画で人気を博した

記事を読む

no image

大阪人と関東人が根本的に合わないのは、大阪は商人の文化、関東は武士の文化だから。

関東は武士の街、関西は商人の街やね。 関西の接客はすごいもん笑   関西は商人

記事を読む

no image

男性が女性のことを理解できない背景に女性は「気分」で変わることを理解できていないから。

男性が女性のことを理解できない背景に女性は気分によって性格が大きく変わるということを理解できていない

記事を読む

no image

選挙に行かない若者に選挙に行け!というのは間違い。なぜ若者が選挙に行かないのか考えた方がいい。

若者が選挙に行かないことが、怠慢のように言われるが、若者にも若者の考えがあって選挙に行かないのだと思

記事を読む

no image

病んでるキャバ嬢は新宿、六本木、西麻布、恵比寿のキャバ嬢。銀座のホステスは病まない。

キャバ嬢でもよく病むわ~とか、だるいわ~とか、死ねとかつぶやいてるのは正直新宿とか池袋、六本木、恵比

記事を読む

no image

CLUBを半官半民のNPOにして若者の居場所にすることは可能か?

デンマークの若者の居場所支援では行政がクラブ(踊る方)を運営してそこを若者の居場所にしてもらおうとい

記事を読む

no image

曳舟と東野圭吾(幻夜の舞台)

幻夜で主人公の男が関西から何の縁もゆかりも無い中、本当は関西に帰りたいという気持ちを胸に秘めながらも

記事を読む

no image

pvが取れる記事が良い記事ではない

newspicksの社長が言ってた「pv(ページビュー)が取れる記事が良い記事ではないから有料会員モ

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数