なぜ六本木が都内一やりにくい街、稼げない街、終わった街、田舎者の街と言われるまでに衰退し落ちぶれたのか?

なぜ六本木が都内一やりにくい!と言われ歌舞伎から来た子もすぐ歌舞伎に戻るほど六本木が落ちぶれてしまったのかを書きます。

 

歌舞伎も今ぼったくりやら、違法キャッチで衰退してるけど、六本木の衰退は本当ひどい!

 

六本木は都内一難しい街になってしまった。

 

今六本木に喜んで行くキャバ嬢は地方から来る田舎者しかいないです。

 

結論から言うと、六本木の復活は関東連合など半グレの人たちが再び六本木に集まらないと無理!

 

なぜ六本木が都内一やりにくい街、稼げない街、終わった街、田舎者の街と言われるまでに衰退し落ちぶれてしまったのか?

 

六本木が盛り上がってた時はやっぱり00年代~10年代始め、関東連合や怒羅権、下町の族の人たち、八王子の族の人たちなど半グレの人たちが暴れまわってた時ですね!

 

外苑東通りで半グレ同士が殴り合ってたり、でかい外人と不良が殴り合ってる。

 

六本木通りでは女の子が連れ去られる。

 

外苑東通りも六本木通りもものすごい活気があったわけですね! 平日でもね。

 

キャバクラでもバンバン金を使う。

 

だけど、それが終わりを告げる。

 

半グレの人たちが六本木に来なくなるわけです。

 

六本木が他の街に比べて異様に落ち込んだのはそこなんだよね。

 

歌舞伎は落ちてるんだけど、歌舞伎の主要客層のヤクザの人たちは相変わらず来てます。

 

渋谷も太客の神山町とか松濤に住んでる金持ちのおじいちゃんとかも来てます。

 

池袋も相変わらず輩は来てます。上野も。

 

新橋や神田、八重洲もリーマンの人たちは来てる。

 

恵比寿や目黒もリーマンたちは来てる。

 

六本木は主要客の半グレたちが来なくなってしまった、または減ってしまった。 これがでかい!

 

震災のせいでとか言う人いたけど、そうじゃない。

 

震災のせいなんだったら、渋谷や池袋ももっと落ち込んでもいいはず。

 

渋谷や池袋は震災後もそんな変わってない。

 

六本木の特殊事情なわけです。

 

六本木はどこのお店もナンバーなど太いお客さんを掴んでる人は、00年代に半グレの人たちをがっちり掴んだ人たちなんですね。

 

それが古株としていまも君臨し続けている。

 

結局新陳代謝がうまく起こっていないんだよね。

 

六本木がおばちゃんばかりっていうのは、普通だったらじゃあおばちゃんを切って若い子と入れ替えようかとなるけど、それができない。

 

なぜならそういった古株の人たちで成り立ってる街だから。

 

要は活況を呈していた00年代後半から10年代にかけて以降、太客である半グレが来続ければ、新陳代謝は起こったのだと思う。

 

だけど、半グレの人たちが来なくなってストップしてしまった!

 

要は00年代後半から10年代始めにいたキャバ嬢が既得権益化したんだよね。

 

六本木には地方からどんどんと新人はやってくるんだけど、客もないから当然売上も上げられない、出勤調整をかけられる。

 

どんどん辞めていく、古株は太客を掴んでいるので居座り続ける。

 

ずっとこの構図なんだよね。

 

六本木復活のビジョンが今だ見えていない。それが一番の問題だと思う。

関連記事

会員制ラウンジの方がキャバクラよりも冷たいし難しい。

高級ラウンジや会員制ラウンジがノルマなくてお酒飲まなくて客層良くて楽とか思ってたら大間違いだからね!

記事を読む

no image

不良のファッション

渋谷でアウトリーチをしてたときに、中学からずっとアメリカの現地校で生活している大学生の女の子と知り合

記事を読む

no image

やっぱり鍵は鍵屋やなー

ミスターミニットで合鍵二本作ったのに入らんかったー!!(>_<)  

記事を読む

no image

風俗嬢が金もらわないとセックスしたくなくなるようにキャバ嬢も金もらわないと話したくなくなる。

風俗嬢が金もらわないとセックスしたくなくなるようにキャバ嬢も金もらわないと話したくなくなる。

記事を読む

no image

ぼったくる方ももちろん悪いけど、歌舞伎ふらふら行くのも悪いと思う。

【客を監禁 キャバクラ店員逮捕】歌舞伎町のキャバクラ店で、客の男性を監禁し現金を奪ったとして従業員4

記事を読む

no image

生活苦から新幹線で焼身自殺したおじいさんは杉並区に住んでたから余計に生きるのが辛くなったんだと思う。大阪はみんな貧乏で生活保護だから生きやすい!

新幹線自殺の男、年金に不満 殺人と放火容疑で家宅捜索(共同通信) http://t.co/T7N

記事を読む

no image

キャバ嬢やホステスに「水揚げしようか?」とか「揚げてもらえないの?」とかいう差別用語を使うのは絶対やめましょう!

21世紀の平成のこの世の中になってもキャバ嬢やホステスに対して、「水揚げしようか?」とか「まだ揚げて

記事を読む

no image

今の社会学者とか教育学者の少年法改正反対派は不良の見方と言われてもしかたないよ。

まずねー、少年犯罪は減ってるとか言ってる人根本から間違ってるよ!   まず少年

記事を読む

no image

夜の世界の女の子はまじめすぎるときがある。都心のサラリーマンの方が100倍こずるい!

風俗嬢の女の子やキャバ嬢の女の子、援デリの女の子、フリーター、ニートのような社会的弱者、貧困層にある

記事を読む

六本木

昨日は帰国子女の友達3人と六本木のクラブに行ってきました。   12時過ぎの六本木は、モ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数